ディズニーの名作『美女と野獣』の王子様の名前って意外と知られてないですよね。
実はちゃんと名前があったんです!

この記事では『美女と野獣』の王子の名前や性格について紹介していきます。

美女と野獣の王子が野獣になった理由

まず始めに『美女と野獣』に登場する王子について説明していきます。

『美女と野獣』に登場に登場している恐ろしい野獣は、実は王子様なんです!

ある日、城に見知らぬおばあさんが来て
「今夜だけでいいか泊めてくれませんか?」
と言うんですけど、王子様はおばあさんの見た目に罵倒を浴びせて門前払いしてしまいます。

それで、王子様の性格の悪さに怒ったおばあさんが野獣に変えてしまいました。

美女と野獣の物語の中で王子の名前は呼ばれていた?

残念なことに物語の中では、王子様は一切名前を呼ばれていませんでした。

字幕に変更して見てみたんですけど、やっぱり名前では呼ばれず・・・。

ヒロインのベルでさえ名前では呼んでいなくて、クライマックスのシーンでは
・吹き替えでは「あなた」
・字幕では「野獣」
と呼ばれていました。

すごく泣けるシーンなのに、野獣って呼んじゃうんだって思いましたよ(笑)

あとは、コグスワースが「殿様!殿下!」と呼んでるシーンがありましたね。

しかし、基本的には「ご主人様」と呼んでいました。

美女と野獣の王子(野獣)の名前は?


調べたところによると王子の名前は「アダム」でした!

映画の中では全く呼ばれていませんでしたが、どうやら美女と野獣のミュージカルで王子の事を【アダム】と呼んでいるようです。

また、ミュージカル以外にもゲームなどで王子を【アダム】と呼んでいます。

最近のディズニー映画作品では王子の名前が設定されていることが多いですが、昔のアニメは王子に名前をつける事は少なかったのかもしれませんしね。

美女と野獣 王子の性格は?王子に戻った姿はがっかり?

『美女と野獣』の王子といえば、典型的な俺様男ではないかと思います。

しかし、どんな俺様でもベルの前では素直さを見せる場面がしばしばありましたね。

特に、王子の素直さが伝わってくるのはベルに図書館をあげるシーン。

本が大好きなベルにとってはこれ以上嬉しい事はないですよね。
そして、喜ぶベルを見て自分の事のように喜ぶ王子は全く俺様男には見えませんでした。

ベルに「気に入ってもらえた?」と伺うシーンは、なんだか母親を思う子供のようにもみえました。

もしかしたら『ベルにプレゼントをあげようと思ったけど、思っていた物と違ってがっかりされたらどうしよう』と、内心では不安だったのかもしれませんね。

そして、ちょっと予想外だったのが王子に戻った時の姿でした。


ディズニーの王子って、シュッとしていて白馬に乗っているような王子が多いですよね。

一方で『美女と野獣』の王子は、どちらがというとマッチョなターザンのような見た目でした。

これには、正直がっかりした視聴者も多かったようです。

しかも驚いたのが、制作スタッフも実はがっかりしていたという事。

『美女と野獣』のオーディオコメンタリーで発言していた内容によると、「王子のパーツにはたくさんの時間をかけたが、虚しい努力だった」というものでした。

しかし、がっかりしてしまった人がいても作品そのものは素晴らしい作品だったと思うんですよね。

ラストシーンまで王子は野獣の姿だった事から、美女と野獣のカギとなるのは「人は見た目じゃない」という事なのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ディズニーアニメ『美女と野獣』の王子の名前や性格について紹介させていただきました。

王子に名前があったのは意外でしたよね。
だって作品の中でも野獣と呼んでいたのですから。

また、物語が進むにつれて王子が本当は優しい心をもっている事が伝わってきましたよね。
誰もが恐れた野獣は、ベルとの出会いを通して優しい気持ちを知る事ができたんだと思います。

野獣から王子に変わった時はがっかりしてしまう人も多いですが、それ以上に作品を通して「人を愛する事で、人間はいくらでも変われる」という事をたくさんの人が思ったのではないでしょうか?

この記事を読んで『美女と野獣』を今までとは少し違った視点で楽しんでいただければと思います。

映画『美女と野獣』アニメ版&実写版どちらも配信中
U-NEXT