シャビ・エルナンデス監督について、選手時代のプレースタイルやポジション、背番号など。
プロフィールと経歴、そして監督としての戦術もまとめました。

スポンサードリンク

シャビ・エルナンデスの凄さとプレースタイル

2000年代後半から2010年代前半にかけて、バルセロナとスペイン代表が世界最強の名を欲しいままにしていたのはシャビの卓越した戦術眼、司令塔としての力、そしてパスセンスが突出していた事が大きい。

スペイン式のパスサッカー「ティキ・タカ」のスタイルは文字通りシャビのプレースタイルそのものと言える。

また、パスセンスなどに注目が集まる事が多いものの、プレースキッカーとして能力やミドルシュートの能力に始まり、戦術眼や空間把握能力の高さを活かしてボランチとして求められるボール奪取能力やルーズボールの回収能力といった守備にも長けており、まさしく完璧なMFだったシャビに「史上最高のセントラルハーフ」「スペイン史上最高の選手」といった評価が与えられる事は実に自然な流れだったと言える。

シャビ・エルナンデス監督の戦術

現役時代から極端に守備的な戦術を採るチームに対して批判的な言動を行っていたほど、バルセロナでずっと育ってきたシャビのパスサッカーへのこだわりは強く、監督になってからもショートパスを多用した「ティキ・タカ」を試みている。

ただし、今季は監督1年目という事もあってか、アル・サッドの戦力に見合った成績は未だ出せていない事からアル・サッドサポーターから批判の声は少し上がり始めて来ているので、過去に選手として2009年と2011年に優勝の経験を持つクラブワールドカップの舞台で評価と期待を取り戻して、自身の理想とするサッカーを体現する為の時間を確保したいところだ。

シャビの戦術という訳ではないが、シャビがカタールの地を踏んだ2015年以降、シャビは様々な形でカタールサッカーに関わり、近年のカタールサッカーはスペイン的なサッカーの方式での成長を狙っている。

優勝を飾った1月のアジアカップしかり、これはフェリックス・サンチェス監督の率いるカタール代表にも共通して言える事で、シャビの存在とスタイルを軸にカタールが自国開催のワールドカップで存在感を示す事ができるような強化・育成に取り組んでいるのではないか、と見る事も出来る。

シャビ・エルナンデスのプロフィール、ポジション、背番号など

ここから、シャビエルナンデスのプロフィールとポジション、経歴などをご紹介していきましょう。

プロフィール

本名:シャビエル・エルナンデス・クレウス(Xavier Hernández Creus)
愛称:シャビ(Xavi)
生年月日:1980年1月25日
国籍:スペイン
出身地:タラサ(スペイン・バルセロナ)
身長:170cm
体重:68kg
在籍:アル・サッド(監督)
利き足:右

ポジション

MF、主にセントラルハーフでの出場が主だっていたが、フォーメーションによってはトップ下を務める事もあった。

背番号

トップチームデビュー時は26番。
その後16番を経て、01-02シーズンからは引退まで背番号6を背負い続け、スペイン代表では長らく背番号8を付けていた。
初のワールドカップとなった日韓ワールドカップの際には19番で出場している。

シャビがバルサで6番、スペイン代表で8番をつけていた事は前述の通りだが、シャビと同時期にバルサ、スペイン代表で活躍し、黄金期を築き上げた盟友であるアンドレス・イニエスタはバルサでは8番、スペイン代表では6番を着用。
これにより、シャビとイニエスタの背番号はクラブと代表で逆転するという現象が長らく続いていた。

シャビ・エルナンデスの経歴

  • 1991年、FCバルセロナの下部組織に入団。
  • 1998年、FCバルセロナのトップチームでデビュー。
  • 2000年、スペイン代表デビュー。
  • 2002年、スペイン代表として日韓ワールドカップに出場。
  • 2006年、スペイン代表としてドイツワールドカップに出場。
  • 2010年、スペイン代表として南アフリカワールドカップに出場し、優勝に貢献。同年、バルセロナでチームメイトのリオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタと共にFIFAバロンドール最終候補選手の3名に選ばれる。
  • 2014年、スペイン代表としてブラジルワールドカップに出場。
  • 2015年、自身3度目となるUEFAチャンピオンズリーグ制覇を最後にバルセロナを退団し、カタールのアル・サッドに入団。
  • 2019年、アル・サッドで現役を引退し、同時にアル・サッドの監督に就任。

最後に

サッカーファンなら知らない人はいないであろう、シャビ・エルナンデス氏、今後は監督としての活躍から目が離せません。
ここでは、シャビ・エルナンデスのプロフィールと経歴、プレースタイル、戦術などをまとめてお伝えしました。

スポンサードリンク