トレース ドラマ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第10話のあらすじネタバレ、感想と、動画視聴案内をまとめました。

ネタバレ注意です。

トレース~科捜研の男~は全話Hulu(フール―)で視聴することができます。

トレース~科捜研の男~第10話 あらすじ

家族を失った25年前の『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、唯一の協力者である高校教師の早川(萩原聖人)に会う。そこで早川は、数日前に歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の話を切り出す。原田は、2年前に、ライバル選手だった春日部芳彦(柾木玲弥)のドリンクに禁止薬物を混入させて飲ませたドーピング事件が原因でテニス界から追放されていた。実は、原田や春日部が所属する実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)が、唯一消息がつかめなかった早川の教え子だと言うのだ。高校時代の名字は「倉本」だったが、間違いないという早川。その佐保は、以前、変死体で発見されたホームレスの新妻大介とともに、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯グループのひとりだった。

そんな折、真野のもとへ虎丸(船越英一郎)がやってくる。虎丸は、新妻の一件が『武蔵野一家殺人事件』と関連があるのなら真相を突き止めたい、と真野に申し出ると同時に、ノンナ(新木優子)にも事情を打ち明けたことを詫びた。それを受け、真野に協力を申し出るノンナ。しかし真野は、「お前には関係ない」と言い放ち、ノンナを部屋から追い出してしまう。真相解明のために虎丸の協力を得ようと考えた真野は、早川から聞いた佐保の一件と、姉・仁美(夏子)の司法解剖を担当した解剖医の行方を探していることを虎丸に伝えるが…

トレース~科捜研の男~第10話 ネタバレあらすじ

真野礼二(錦戸亮)は、元テニスプレイヤーの転落事故死に関心を持っていた。
死亡した原田恭一(上杉柊平)は、2年前ライバルの春日部芳彦選手(柾木玲弥)に対する薬物事件でテニスを辞めたとのこと。
元教師・早川尚文(萩原聖人)によると、その春日部選手を後援している四葉食品の佐保優作(袴田吉彦)は、かつて礼二の兄のいじめグループの1人だったのだ。

協力を申し出た虎丸良平刑事(船越英一郎)によると、原田の死も新妻の事件同様、早々に事故処理で捜査打ち切り命令が出ており、違和感がぬぐえない。
両方に警察関係者の圧力がかかっている様子だ。
礼二は虎丸に、
・佐保優作の情報
・かつて妊娠していた姉の司法解剖をした医師の特定
を依頼する。
しかし沢口ノンナ(新木優子)のことは事件から締め出すのだった。

肝心の佐保は、シンガポール出張から帰ってこない。
春日部選手は、原田や佐保の名前を出すと動揺した様子を見せる。
防犯カメラ事故時の映像、原田は事故死は間違いないが、薬物中毒だったという情報が出てくる。
「原田は何をしゃべっているんだろう」と、映像を気にする礼二。
礼二と虎丸で現場検証に向かう。
転落した原田の靴跡には油性塗料が混じっていたのだった。

捜査に参加を拒否されたノンナは、でしゃばりを後悔していた。
しかし虎丸が「真野はお前を巻き込みたくないだけだ、自分で何ができるか考えろ」とアドバイスする。
「油性塗料」の件を、足を使った捜査で調べるノンナ。
「怪奇現象」のうわさを耳に挟み、事故当日の夜に「置き看板が動いていた」という情報をつかむ。
付近の防犯カメラに洋品店の看板を運んでいる原田らしき姿が映っていた。
ノンナは看板からニトロベンゼンが検出されたと報告する。

現場のそばには工場跡地がある。
虎丸の勧めでノンナも礼二と一緒に現場検証に向かう!

工場では確かにペンキ跡を発見。
また、原田が一区画を整地して、テニスのトレーニングをした痕跡が見つかる。
土の上には原田が倒れて、もがいた跡もある。
礼二は、跡が出口の方向に向いていないことに気づく。
助けを求めた誰かが、一緒にいたに違いない!
さらに礼二は遺留品を拾う!

3人は春日部選手に会いに行った。
原田の死が他殺らしいと説明し、原田が秘密のトレーニングしていたことを明かす。
どうやら毒物が混入されていたゼリーを飲み、もうろうとした状態で転落死したらしい。
パールのイヤリングが発見されており、結婚詐欺の前科がある「新田清美」という人物の関与を裏付けていた。
「その女性が犯人」と虎丸は断言する。
原田は清美に好意をもち、秘密を打ち明けていた。
「逃げられませんよ!」と春日部に迫る虎丸!

別の日、春日部選手による引退と謝罪の記者会見が行われる。

2年前のドーピングは、春日部自身の仕業だった。
チームの上層部が、金の力で原田がやったことにしたのだ。
新田清美はそれを原田から聞き、春日部を脅迫したので、春日部は佐保に相談。
数日後に原田は死んだ。
佐保は新田清美に取引を持ち掛け、脅して原田に毒を盛らせたのだった。

原田は清美に助けを求め、清美は原田を見捨てて逃走。
しかしイヤリングを探しに戻る途中で、ヨロヨロ歩く原田を見つけ、声をかける。
その直後、原田は歩道橋から転落したのだった。

2年前原田は合意の上で、春日部に「お前の才能はこんなことでつぶすべきじゃない」と言っていた。
しかし、春日部にとって、原田の犠牲がプレッシャーになり、解放されたいとの気持ちもたまっていたのだった。
「王者の資格を持っているのは、原田だったんです」と語る春日部だった。

礼二は春日部に説明した。
原田は服毒後300メートルも歩いている、普通ならショック状態のはず。
清美によると、原田は「試合だよ、春日部との決勝戦なんだ、早くいかないと」と言ったらしい。
もうろうとした原田は、まだ春日部と戦いたかったのだ。
「ゴメン、僕はなんてことを…」と泣く春日部。
「このままでは彼の叫びが届きません」と礼二。
「やるべきことがあるんじゃないですか」と虎丸。

そして、春日部の全てを告白した引退会見となったのだった。

しかし、事件は「四葉食品役員菅沼庸平を殺人容疑で逮捕」との幕引きとなり、佐保は守られてしまった。
虎丸は上司にかみつく!

しかし、虎丸により、解剖医の特定はできた。
海塚科長(小雪)が「取り次がせて」と、礼二に同行を求める。
真相を求める、隠ぺいを許さない礼二の姿勢に心打たれたのだ。

武蔵野一家殺人事件について質問すると、島谷正和医師は保管していた「胎児の絨毛」を渡す。
そんな2人を尾行していた壇刑事部長(千原ジュニア)だった。

DNA検査の結果、マッチング100%、かつオフラダーアレル(対立遺伝子)の共通で、親子鑑定に成功。
新島の殺害現場にあった軍手の使用者は、胎児の父親だ!
つまり、両親と姉を殺害した人物は、姉を妊娠させた人物なのだ!
「父親ってだれなんだ?!」と早川。

まず、新妻は犯人ではない。
次は佐保のDNAとの鑑定が必要だ。

佐保の会社・四葉食品の新食品発表会。
礼二と早川は会場に忍び込み、佐保を探す。
その時爆音と衝撃が!

ボイラー室に行ってみると、配管の間で佐保が爆死している!

呆然とする、礼二と早川だった。

トレース~科捜研の男~第10話 感想

「トレース」は事件の描き方が丁寧で、いつも現実に聞いたことがあるような事件だな、と思ってしまいます。
今回のテニス界のドーピングが絡んだ事件も、そんな雰囲気でした。
いったんはお金で不正を引き受けたものの、肩の故障にもめげずテニスを続けていた原田が、切なかったです。
秘密をふと漏らしたことでここまでひどい死に方になるとは、哀しすぎる展開でした。
過去の事件についても、虎丸の協力を得て前進しましたね!
それに途中からはノンナの事件参加を礼二も受け入れて、恋心は無理でも真心は通じたんだな、とホッとしました。
礼二のお姉さんが妊娠していた胎児と、手袋のDNAが直結した流れは急で、驚きました。
原作とは違うアプローチの仕方ですが、事件の趣旨がいじめからスキャンダル隠ぺいへと舵を切った感じでした。
このあと、原作マンガでも判明していない真犯人をどう登場させて進展させていくのか、その時礼二はどうするのか。
最終回が楽しみです!