イノセンス冤罪弁護士

『イノセンス冤罪弁護士』第8話のネタバレあらすじと感想、動画視聴案内です。

ネタバレにご注意くださいね。

イノセンス冤罪弁護士は、全話をHulu(フール―)で視聴することができます。

イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)8話 あらすじ

拓(坂口健太郎)と楓(川口春奈)は、24年前に起きた『イトエ電機社宅殺人事件』で死刑判決を受け長い獄中生活を送っている式根大充(片岡鶴太郎)の冤罪を晴らしてほしいと聡子(市川実日子)から頼まれる。『イトエ電機社宅殺人事件』は、式根が暮らしていた社宅のクリスマスパーティーでシャンパンにシアン化カリウムが混入され、6名が亡くなった事件。直接証拠がない中、シャンパンを持ち込んだ式根が執拗な尋問の末に自白したことが決め手となり死刑判決を受けた。式根との長年の手紙のやり取りで警察の杜撰な捜査を知った聡子は、もし冤罪なら癌で余命の短い式根が生きている間に助けてほしいと話すが、再審は『開かずの扉』と呼ばれるほどの難関。ずっと式根を弁護してきた塩原弁護士は生前に4度の再審請求をしたが、全て棄却されてきた。

式根に接見した拓と楓は本人が再審請求を望んでいないことを知る。自らも事件で妻を亡くし、裁判でも散々希望をくじかれてきた式根は、希望を持つことが却って苦しいのだと話す。別府所長(杉本哲太)も今回の再審請求はこれまでの弁護とは訳が違うと釘を刺す中、拓はできる限りのことをしたいと話す。
塩原弁護士が残した大量の資料を頼りに事件を調べる拓と楓、穂香(趣里)は、犯行に使われた毒物が当時イトエ電機の工場で働く人なら誰でも持ち出せたこと、式根の自白前と自白後で事件関係者の目撃証言が大きく変わっていることに気づく。しかし、当時証言を変えた関係者に会いに行くと、皆終わった事件だと口をつぐむ。拓は事件に早く決着をつけたいという心理が当時の目撃者の証言に影響したのではと推測する。
さらに拓たちは式根の一人娘・松ケ下まつがした玲子(星野真里)を訪ねるが、事件以来マスコミから追い回され世間から冷たい扱いを受けてきた玲子はもう式根に関わるつもりはないと心を閉ざす。マスコミの人間として罪悪感と無力感を感じる聡子は、『東央大学生殺人事件』を追う番組を作っていた時、秋保(藤木直人)に「根拠もなく冤罪の可能性があると言うことは被害者遺族の気持ちを踏みにじる行為だ」と言われたと話し、いまだに秋保が自分にそっけないのはそのせいだと語る。

イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)8話 ネタバレあらすじ

ある日、報道ディレクターの有馬聡子(市川実日子)のもとに1通の手紙が届きました。
その手紙の送り主は、24年前に起きた「イトエ電機社宅殺人事件」で死刑判決を受け服役している死刑囚・式根大充(片岡鶴太郎)でした。
有馬はマスコミとして式根の冤罪についての取材のために、長年手紙でのやり取りを続けていましたが、最新の手紙で式根がガンに侵されていて先が長くないことを知りました。

それを受けて有馬は、保駿堂法律事務所の弁護士・黒川拓(坂口健太郎)と和倉楓(川口春奈)に式根の冤罪を晴らしてほしいと依頼しました。
24年前に起きた事件とは、当時式根が暮らしていたイトエ電機の社宅で行われたクリスマスパーティーで、シャンパンにシアン化カリウムが混入され、6名もの人が亡くなった事件です。
明確な証拠は見つからなかったものの、当日誰よりも早く会場で準備を行っていた式根による犯行が疑われ、警察の厳しい尋問の末式根が犯行を自白し死刑判決となりました。

当時の警察の杜撰な捜査について取材で情報を得ていた有馬は、式根の余命幾ばくも無い状況を鑑み何とか式根を助けてほしいと黒川に訴えます。
しかし、先日亡くなった式根の担当弁護士は過去4回も再審請求をしたものの全て棄却されており、それほど難しい弁護であることを意味していました。
さっそく式根に接見に行った黒川と和倉でしたが、式根は事件で自身の妻も亡くしており、体調のこともあって再審請求を望んでいないことが分かりました。

それでも黒川は、真実を知るためにできる限りのことはしたいと考え、さっそく前担当弁護士が遺した大量の資料を調べることにしました。
すると、事件当日のパーティー会場は誰もが出入りできるようになっており、犯行に使われた毒物もイトエ電機に勤める人物なら誰でも持ちだせるようになっていたことが分かりました。
また、関係者たちの証言が、式根が自白する前とその後で大きく変わっていたことも分かり、違和感を覚えた黒川たちは直接当時の関係者たちを訪ねて話を聞きましたが、24年前のことは覚えていないと口を揃えて言います。

次に、式根の1人娘・松ケ下玲子(星野真里)を訪ねました。
しかし、玲子は事件以来何年もマスコミから追いかけられ、世間からも死刑囚の娘として扱われてきたため、もう事件には関わりたくないと強く訴えました。

そんな中、前担当弁護士が書いた捜査メモを調べていた和倉は、その中に気になるメモを見つけました。
それは、当時中学生だった玲子が泣いている女の子をなだめていたという目撃証言があり、その女の子・由美(酒井美紀)が「もうすぐ死ぬ」という不思議な言葉を口にしていたというものでした。

さらに、黒川は当時の警察が行った引き当たり捜査の写真におかしな点があることに気が付きました。
東央大学理工学部准教授の秋保恭一郎(藤木直人)に調査を依頼すると、写真に写っている陰の長さや角度から、写真の順番が入れ替えられており警察が式根を犯人にするため証拠をねつ造していたことが分かりました。

再審請求への大きな発見だと喜ぶ有馬たちは、さっそく報道でもこの事件を改めて取り上げ、世間の注目を集めることにも成功しました。
しかしそんな中玲子が事務所を訪ねてきて、再びマスコミに追われることになってしまった自身の状況を訴え、「中途半端な正義感で人の人生を振り回さないで」と有馬に対して激怒しました。

落ち込む有馬のもとに、体調を崩して医療刑務所に移った式根から、黒川に再審請求の弁護を頼みたいと正式な依頼文書が届きました。
再審請求のために改めて気合を入れ直し、より確実な証拠を見つけるために黒川たちは資料1つ1つに目を通すことにしました。
すると、犯行に使われた毒物が捨てられていた沼地にはお化けが出て、そのお化けを見ると死んでしまうという噂があったことが書かれていました。
それを見た黒川は事件の真相に辿り着きました。

さっそく黒川と和倉は玲子を秋保の実験場に連れて行きました。
そこには、当時玲子がなだめていた由美も来ており、2人に当時の状況を確認してほしいと言いました。
すると、明かりを消した中、由美の目の前に巨大な人影が現れました。
驚く由美に秋保が、これはある気象条件が満たされたときに発生するブロッケン現象と呼ばれるものだと説明します。

事件当日、沼地に毒物の瓶を捨てに行ってこの現象を目撃しお化けと勘違いして泣いていたのでは、と黒川に問い詰められた由美は、母親に頼まれて沼地に行ったことを告白しました。
由美の父親はイトエ電機工場で働き始めてから家族に暴力を振るうようになり、母親が父親を殺害するためパーティーで毒物を混入させその空き瓶を自分に処分させたのだと由美は言います。
しかし、事件当時は自分が何をしたのかに気づいておらず、事件からずっと後になってこのことに気づいたと、由美は泣きながら玲子に謝罪しました。

そして迎えた再審請求審の日。
由美の母親は数年前に亡くなっているため、由美自身が証言台に立ち全てを話し、式根の無実を証言しました。
しかし、数日後裁判所から届いた通知には「明らかな証拠を新たに発見したと認定できない」とあり、再審請求は棄却されてしまいました。
判決は覆らなかったものの、真実を知って父に会う決意をした玲子は式根に会いに拘置所を訪れました。
父親の無実を信じられなかった玲子は涙ながらに謝罪をしますが、式根はそんなことよりも余命少ない中娘に会えた喜びが勝り、親子は感動の再会を果たしたのでした。

イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)8話 感想

これまで黒川の無茶苦茶な捜査や実験に振り回されていた和倉でしたが、今回はついにそんな黒川に重大なヒントを示すところまできて積極的に協力するようになりました。
そんな2人のコンビネーションが微笑ましく、見ていておもしろかったです。
ついに残り2話となって、11年前の事件の真相に迫る展開になると思うので、来週も楽しみです。

イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)各話ネタバレあらすじ・感想

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第1話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第2話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)3話見逃しフル動画視聴とネタバレあらすじ・感想
イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)4話見逃しフル動画視聴とネタバレあらすじ・感想
イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)5話動画視聴案内とネタバレあらすじ・感想
イノセンス冤罪弁護士(ドラマ)第6話ネタバレあらすじ・感想!消えたベース音の謎