ドラマ3年A組1話あらすじネタバレ、感想
今日で『3年A組―今から皆さんは人質です』は最終回になりました。
思えば初回から見たこともないような衝撃的なドラマで、本当に最後まで先が読めなかったのですが。
最終回を見るとこのドラマの本当に伝えたかったことがちゃんと分かります!
では最後です。『3年A組―今から皆さんは人質です』第10話のネタバレあらすじ・感想をまとめてゆきたいと思います!

『3年A組―今から皆さんは人質です』すべての動画はHulu(フール―)で視聴することができます。

3年A組(ドラマ)第10話(最終話) あらすじ

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。
本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。
一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。
これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。
3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

3年A組(ドラマ)第10話(最終話)ネタバレあらすじ

先週の終わり狙撃された一颯(菅田将暉)でしたが、中に防弾チョッキを着ていたので無事でした。一颯は最後の要求として「明日の朝、8時にSNSマインドボイスのライブ中継を使って真相を明らかにする」と告げ、郡司(椎名桔平)を人質に翌朝まで立てこもります。

その頃さくら(永野芽郁)は教室でみんなに澪奈(上白石萌音)を殺したのは自分であると打ち明けたところでした。みんなはさくらが他の生徒たちと一緒になって澪奈を無視した自責の念にかられてそう言っているのだと考えましたが、さくらは澪奈が自殺したその瞬間傍にいたのは自分だと告白します。その日――さくらは話があると澪奈をビルの屋上に呼び出していました。さくらは澪奈から絶交の手紙を受け取ったことで、澪奈の本当の気持ちを察し仲直りするつもりでいました。しかし澪奈はさくらの気持ちは分かっていると言いながらも、みんなが敵に思える自分がイヤだと屋上から飛び降りてしまうのです。さくらはその手を掴みました。しかし死んで楽となりたいという澪奈の気持ちに負け手を放してしまうのです。その結果澪奈は死んでしまった――。クラスメイトの逢沢はさくらに自分を責めるなと言います。一颯もさくらをそう諭していました。その上で自分のやることを最後まで見届けろと――だから今回一颯が事件を起こしたのは、さくらの為でもあることにさくらもまた逢沢も気が付いていたのです。

郡司に事の真相をすべて語りつくした一颯。郡司は一時的にではありますが、命がけで闘う一颯に協力するつもりになっていました。そして翌朝――。一颯は屋上に上がりついに最後の行動に出ます。さくらは一颯が事を成し遂げたらそのまま屋上から飛び降りるつもりではないかと思い立って叫びます。郡司は部下の宮城(細田善彦)に電話をかけ、文香(土村芳)を魁皇高校まで連れてくるよう頼みます。今から一颯が成し遂げようとしていることを文香にも見せてやりたいのだと。生徒たちは一颯の元へ向かおうと屋上への道を塞いでいるバリケードを協力して崩しにかかります。と――瓦礫の山のあちら側から、生徒たちに協力する郡司の声が。その時一颯のライブ中継が始まりました。

一颯はSNSマインドボイスに集まった人間に向け、この10日間ネット上の誹謗中傷がいかにひどいものだったか、自分と武智(田辺誠一)を例に上げネット民たちを糾弾します。一颯の今回の一番の目的はSNSによる言葉の暴力を世に知らしめることでした。宮城は文香を現場に連れてきます。そして心を病んだ武智は校長に支えられ皆で一颯の最後の声に耳を傾けることに――。一颯は今の自分を面白半分けなし好き放題言っている連中に向けて、そのやり方こそ景山澪奈を死に至らしめた見えない凶器なのだとネット民たちに訴えます。無論大人しく一颯の言葉を聞き入れる人間はいませんでした。ですがそんな世界に向けて、一颯は声の限りに発信します。何気ない言葉も束になると人の命を奪う凶器になりえると、他人に同調し誰かをけなす自分を律しろと、そして最後に一人でも理解し変わってくれたなら自分がやったことに意味はあるのだと。そう言って一颯は最後の授業――ライブ中継を終了するのです。

一颯はさくらの予想通り、この授業を終えたら屋上から飛び降りる気でいました。そこへバリケードを破ったさくらが駆けつけます。そして澪奈の時と同じように落下寸前の一颯の腕をつかみ気付くのです。あの時も自分は手を離したりしなかった――自分は澪奈に生きて欲しいと必死で願っていたんだと。その後駆けつけた3年A組の生徒たちの手によって一颯は無事引き上げられます。実は一颯は死ぬ気などありませんでした。さくらに真実を気づかせてやりたくて澪奈の死に際を再現したのです。「おまえは澪奈を殺したのではなくその手で命を救おうとしたんだ」と一颯は泣き崩れるさくら抱きしめ褒めてやります。
その後一颯は郡司によって逮捕されます――追いかけてくる生徒たちに向けて「卒業おめでとう」と。それが別れ際の一颯の最後の言葉でした。

3年A組(ドラマ)第10話(最終話)感想

今の時代を代表するようなこのドラマ、心に響いた人もきっと多かったんじゃないかと思います。
なるほど、今までのいろんな伏線がここに繋がるのかと私は素直に感心してしまいました。
一颯先生、最後までかっこよかったですね!
最後まで読んでく下さってありがとうございました♪

3年A組―今から皆さんは人質です 各話ネタバレあらすじと感想

ドラマ『3年A組』あらすじと見どころ!原作はある?主要キャストもチェック
ドラマ3年A組 第1話ネタバレあらすじと感想!菅田将暉の怪演に驚愕!!
3年A組(ドラマ)第2話ネタバレあらすじと感想!動画配信は?
3年A組(ドラマ)第3話ネタバレあらすじと感想!動画配信は?
3年A組(ドラマ)第4話あらすじネタバレと感想。動画配信情報も
3年A組(ドラマ)6 話 見逃しフル動画配信情報とネタバレあらすじ、感想
3年A組(ドラマ)7話 見逃しフル動画配信情報とネタバレあらすじ、感想