メゾン・ド・ポリス

毎週楽しみに見ていたメゾン・ド・ポリスも最終章に突入しました。
ああ、今日は本当に波乱含みの展開にドキドキです。
ついにひよりとメゾンのおじさんたち、ひよりの父の死の真相に辿り着いたのですが……。

ということで今週も『メゾン・ド・ポリス』第9話ネタバレあらすじ・感想をまとめてゆきたいと思います。

メゾンドポリスの動画はU-NEXTで視聴することができます。
見逃した方、もう一度見たい方はチェックしてみてくださいね。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第9話 あらすじ

ある日、館林桃香(住田萌乃)という少女が1人でメゾンにやってきた。祖父がオレオレ詐欺に遭ったので犯人を捕まえてほしいという。桃香にメロメロになったおじさまたちが話を聞いていると、宛名も送り主もない謎の小包が届く。夏目(西島秀俊)がリビングに運んできたその小包から着信音が。中にはスマホが2台入っていた。電話の主は変声機を使った声で藤堂(野口五郎)を誘拐したと告げる。そしてもう一方のスマホにメールが届き、添付された写真には血を流して倒れている藤堂の姿があった。犯人は午後5時までに1億円を用意しろと要求、できなければ藤堂の命はないと脅す。しかし、すでに指定時刻まで30分しかない。さらに犯人は外部との連絡手段を全て遮断させ、1億円の価値があるものがメゾンの中にあるだろうとけしかける。無茶な要求におじさまたちが困惑する中、ひより(高畑充希)が美砂(萩野友里)という女性を連れてメゾンにやってきた。期せずして2人もこの騒動に巻き込まれてしまう。意図がわからないまま犯人とのやり取りを続けるうちに、桃香がキッズケータイを持っていることに気づく。ひよりはそれで桃香の母・真琴(東風万智子)に連絡を試みる。

そのころ、草介(竜星涼)はメゾンの近くに停めた車の中でメゾンを盗聴していた…。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第9話 ネタバレあらすじ

ひより(高畑充希)とメゾン・ド・ポリスのおじさんたちは協力して高遠建設の調査を続けていました。メゾンで夕飯後、捜査会議をするひよりたちの元に美砂が訪れます。ひよりは高遠建設に勤めていた市野沢と美砂の夫池原が亡くなった3年前の殺人事件の黒幕は、常務取締役の野間仁(佐野史郎)という男だと目星をつけます。野間はもともと警視庁の人間でしたが40歳という若さで高遠建設入りした異例の経歴の持ち主。警察上層部とも強いパイプを持ち、また暴力団青戸組の経済やくざ大黒とも癒着して私腹を肥やしているのではないかとひより。経理担当だった市野沢とその部下であった池原は野間の不正会計の手伝いをさせられていましたが、しかし3年前、野間との間になんらかの問題が生じ、2人は殺されたのではないかとひよりたちは仮説を立てていました。夏目(西島秀俊)の不当な取り調べのせいで夫が自殺したと思い込んでた美砂は困惑しますが、ちょうどその日ジャーナリストの真琴が野間と大黒の密会現場をスクープしたことで仮説は真実だと証明されたのです。夏目は美砂に夫を殺した新犯人を逮捕すると約束します。

美砂を送って帰る途中、ひよりは草介(竜星涼)に尾行されていることに気が付きます。草介は野間が警察内部の人間と繋がっている可能性を示唆し、新人刑事などすぐ潰されるとひよりに忠告しますが、ひよりは自分には頼れるチームが付いていると、もちろん捜査をやめる気などありません。その頃大黒は野間にメゾン・ド・ポリスの資料を渡していました。翌日、ひよりと夏目と迫田(角野卓造)は市野沢の妻、和子に会いに行きます。和子は事故で寝たきりだった息子を最近亡くしたばかりだと話しますが、しかし話が3年前の事件に及ぶと頑なに口を閉ざします。ひよりは自分の父の話をし「何か思い出したら連絡を下さい」と名刺を渡してその場を立ち去ります。3人はその足で市野沢が最後に飲んでいたというバーへ。しかしそのバーは青戸組の息のかかった店であり、3人はバーを出ると同時に覆面の男たちに襲われます。夏目は一人の男の覆面を剥ぎ取り、青戸組の下っ端であることを確認しますが、寸でのところで男たちに逃げられてしまいます。

ひよりの元には和子から電話が。市野沢はひよりの父の同期で和子は幼い頃のひよりに会ったことがあると言います。それですべてを伝える気になったのです。市野沢がやはり野間の指示で不正な経理に加担していたこと、亡くなってからも野間に寝たきりの子供との暮らしを世話してもらっていたため警察にも話せなかったこと、市野沢はひよりの父にも不正会計の件を相談していたことなど、和子はひよりと夏目に話します。2人は証拠として和子の話を録音しメゾンに帰るのですが――。しかし和子の動向はすべて野間に筒抜けになっており、ここから野間の怒涛の反撃が始まります。

後日再びひよりに会いに来た和子は車にひかれ亡くなります。『市野沢の裏帳簿のデーターを持っている』と呼び出された夏目と迫田は罠に嵌められ、殺人の罪をきせられることに――迫田は身を挺して夏目だけを現場から逃がします。また高平(小日向文世)は娘の命を狙われ、藤堂(野口五郎)のラボは爆破され、メゾン・ド・ポリスはほぼ壊滅状態に。伊達(近藤正臣)は野間本人とチェスの勝負をしながらじわじわと追い詰められていきます。そしてひよりは間宮管理官から、和子への取り調べが不当であったとの遺書が出てきた旨で呼び出され捜査からも外されます。肝心の和子の録音データも警察内の内通者の手によって消去されてしまっていました。また味方だと思っていたジャーナリストの真琴は野間と通じていて――絶体絶命のメゾン・ド・ポリス!次回、最後のボスキャラに勝てるのでしょうか?

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第9話 感想

いやだー。メゾン・ド・ポリス本当に絶体絶命です!
ひよりもおじさんたちも大丈夫でしょうか。
次回ついに最終回……
早く円満なみんなの姿が見たいです!

メゾン・ド・ポリス各話ネタバレあらすじ、感想

メゾン・ド・ポリス第1話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス第2話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第3話ネタバレあらすじと感想!
メゾンドポリス(ドラマ)第4話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第5話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第6話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第7話 ネタバレあらすじ、感想と動画視聴案内
メゾンドポリス(ドラマ)第8話 ネタバレあらすじ、感想と動画視聴案内