初めて恋をした日に読む話
『初めて恋をした日に読む話』第8話です。
今日は怒涛の展開が待ち構えていました!!いや、びっくりしたのなんのって……。
ドラマ見終わってしばらく呆然。「ええっ……!?ウソでしょ?!」って叫びたい気分でもんもんとしちゃいました。
前回までが胸キュンの悶絶だとしたら、今日のは胸を掻き毟られるような悶絶ですね。

それでは早速、『初めて恋をした日に読む話』第8話ネタバレあらすじ・感想をまとめてゆきたいと思います。

初めて恋をした日に読む話 第8話 あらすじ

牧瀬(高梨臨)が経歴詐称していた影響から「花恵会」が規則を厳格にした為、特例での匡平(横浜流星)の受講は撤回になってしまった。理数科目もすべて「山王ゼミナール」で教えることになり、順子(深田恭子)が匡平に数学を教えていると牧瀬が姿を現す。そして指導方法や授業プランを自らがまとめた授業ノートを順子に渡した。ノートを見た順子は牧瀬にある提案を…。 
その夜、美和(安達祐実)の声掛けで、順子・牧瀬・雅志(永山絢斗)のメンバーでプチ同窓会のような飲み会をしていた。そこに山下(中村倫也)が現れ驚く順子。「合コンみたい!」とはしゃぐ美和の提案で、順子と山下、雅志と牧瀬がそれぞれデートをする流れになってしまう。

一方、東大模試に向けて自宅で勉強をしていた匡平は、父親の菖次郎(鶴見辰吾)が電話で揉めている声を聞き不安になる。様子を窺う匡平だったが、菖次郎から初めて優しい言葉をかけられ、嬉しさを隠せない。

迎えた東大模試当日、匡平のことが気にかかりながらも順子は山下とデートする。夕方、模試が終わり順子と匡平は、牧瀬も交え自己採点をしてみたが、予想ではE判定・・・。順子は匡平を励ますが、逆に順子が山下といるところを目撃した匡平から問い詰められる。とっさに順子はデートしていたと正直に告白すると、匡平は嫉妬して帰ってしまう。

翌日、順子は山下から、匡平が学校を欠席したと聞く。そして、雅志からもカフェで勉強していた匡平を自分の家に連れて行ったと聞いた順子は、匡平の状況が気になって仕方がない。さらに翌日、匡平が塾を欠席すると連絡が入り、心配する順子は何度も匡平に電話をするが繋がらず…。

そんな中、匡平が欠席している学校の授業中に教頭が山下を呼びに来た。そして、呼ばれた先で山下が見たものは…。

初めて恋をした日に読む話 第8話 ネタバレあらすじ

前回の事件で塾講師をクビになってしまったモモちゃん先生こと朋奈(高梨臨)は、数学の指導方法を書いたノートを順子(深田恭子)に渡すため、山王ゼミナールを訪れます。順子と匡平(横浜流星)は理数系はやっぱり朋奈に見て欲しいと、2人して朋奈に味方になってくれるよう頼みます。順子と朋奈は微妙な距離感ながらも意外と打ち解け食事に――行ったところに雅志(永山絢斗)と美和(安達祐実)が現れます。美和は同窓会のやり直しだと言ってその場に山下(中村倫也)も呼んでいました。美和はこの際だからと4人にダブルデートを提案。山下はダブルじゃなくてもいいと、ちゃっかりその場で順子とデートの約束を取り付けます。と、すかさず朋奈も学生時代から好きだった雅志を同じ日にデートに誘います。

匡平は最近ようやく父親の曹次郎(鶴見辰吾)と打ち解け話ができるようになってきていました。そして迎えた最終模試の日――。この日は奇しくも順子と山下のデートの日。バイクで颯爽と現れた山下ですが、下調べしておいたデートプランはすべて不発に終わり外で缶コーヒーを飲むはめに。それでも順子は「不良と学校抜け出してるみたいで楽しい」なんて可愛い顔で言うので、山下くんついつい「チューしていい?」って聞いちゃうんですよね。でもこの時順子の頭を占めているのは、最終模試に臨んでいる匡平のことだけ。山下は嫉妬しながらもデートの帰り模試の会場まで順子を送って行きます。「俺の事少しは好きになった?」と尋ねる山下に順子は「好きになりたいと思ってる」と返事をします。

模試の後――順子と匡平と朋奈(朋奈は気のない雅志と退屈な牧場デートをしてきた帰りです)は集まって答え合わせをするのですが。やっぱり結果はE判定。帰り道、落ち込みついでに匡平は今までしなかった家族の話を順子に打ち明け、早く大人になりたいと洩らします。順子は匡平を励まそうとするのですが反対に――今日山下とデートしていたことがばれ、匡平を怒らせてしまいます。そこに追い打ちをかけるように、匡平が家に帰ると汚職の嫌疑をかけられた父親の曹次郎が浴びるように酒を飲んでいました。匡平を見るなり曹次郎は「東大になんか行かなくていい!」と理不尽にも言い放ちます。

すっかり気落ちした匡平は翌日学校を休んでカフェにいました。カフェを訪れた雅志は、塾にも行きたくないし家にも帰りたくないという匡平を一旦自分のマンションに連れて帰ることに――その夜遅く、匡平を自宅へ送り届けた雅志は順子のもとを訪れます。雅志は「この時期はメンタルが大事だから気を付けてやれ」と順子に釘を刺すのですが、順子はどう接していいか分からないのだと洩らします。その翌日も匡平は塾に姿を現しませんでした。というのも――その頃由利家は曹次郎の汚職疑惑でマスコミから追われ大変な事態になっていたんです。山下と順子は由利家を訪れ匡平を励ましますが――すっかり心が折れてしまった匡平はもう無理だと、受験はやめると言い出します。

そこで動いたのが山下先生でした。実は匡平の父由利曹次郎に罪をきせたのは、元妻の父親である吉川議員でした。山下は元義父にあたる吉川に会いに行き曹次郎を助けるためある取引をするのですが――。一方雅志は落ち込んだ匡平を誘い、東大近くの喫茶店でナポリタンを食べさせながら東大受験のプレッシャーを取り除いてやります。ようやく匡平が元気を取り戻した頃、吉川議員が罪を認めてテレビで辞職会見を。これで匡平の父、曹次郎の嫌疑も晴れめでたしめでたしとなるところでしたが――そうです、実はこれ裏で山下が取引した結果としての結末なんですよ。実は山下くん、順子を諦め、元妻とやり直して義父の後を継ぐ――つまりは政治家になるという約束で事を収めたんです。山下に助けられた順子と匡平は再び東大受験に向けラストスパート!そんな時、雅志がロシアへの出向が命じられ?!波乱の次回へ続く……。

初めて恋をした日に読む話 第8話 感想

順子を潔く諦めて生徒のピンチを助けた山下くん。やっぱりカッコよすぎる!
恋敵だと知りながら匡平をサポートする雅志も本当に素敵です。
いやあ、順子のまわりは本当にいい男ばっかりですね。
こうなったからには匡平くん、ホント受験頑張ってほしい!

初めて恋をした日に読む話 各話ネタバレあらすじ・感想

初めて恋をした日に読む話(ドラマ)1話ネタバレあらすじと感想!
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)2話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)3話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)4話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)5話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)6話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)7話ネタバレあらすじと感想