トレース ドラマ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第9話のあらすじネタバレ、感想と、動画視聴案内をまとめました。

ネタバレ注意です。

トレース~科捜研の男~は全話Hulu(フール―)で視聴することができます。

トレース~科捜研の男~第9話 あらすじ

家族が殺害された25年前の『武蔵野一家殺人事件』を追う 真野(錦戸 亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)から、殺害された時に妊娠していた姉・仁美(夏子)に関する情報を聞く。早川は、当時の生徒たちに話を聞いて回ったが、仁美に交際相手がいたかどうかはわからなかったという。真実を解明する糸口を見つけられずに憤る真野。仕事帰りの ノンナ(新木優子)は、公園から出てくる真野の姿を見つける。遅れて、早川が出てくるのを見たノンナは……。

虎丸(船越英一郎)は、アパートで殺害された胡桃沢綾乃(美山加恋)の事件を捜査する。死因は脳挫傷で、凶器は見つかっていなかった。また、被害者の頬には細かなひっかき傷があった。被害者の携帯電話などに残っていた指紋や目撃証言から、被疑者として浮上したのは綾乃の元恋人の富樫康太(和田正人)だった。富樫は傷害致死罪で7年間服役し、仮出所したばかりだった。 7年前、富樫は、綾乃と結婚するためにある企業に就職したという。だが、その企業は暴力団とつながりがあり、悪質な事業をしていた。半ば脅されるような形で仕事を続けざるを得なかった富樫は、利権を争う相手から暴行を受けた際に、恐怖心から相手を刺してしまったのだ。実はその事件で富樫を逮捕したのは虎丸だった。綾乃には、同じ会社に勤める関口章太郎という婚約者がいたことから、事件は痴情のもつれが原因とも思われた。

着衣の血痕と付着物の鑑定を行った真野は、着衣にバラの花粉が付着していたことを報告する。被害者の頬の傷は、バラのトゲによってつけられたものである可能性もあった。ほどなく、事件当夜に富樫がバラの花束を購入していたことが判明する。それでも富樫の犯行だとは信じられない虎丸に、真野は「あなたが信じるか信じないかは関係ない」と言い放つ。

そんな中、富樫と思われる男が暴行事件を起こしたという通報が入る。

トレース~科捜研の男~第9話 ネタバレあらすじ

虎丸良平刑事(船越英一郎)が臨場した事件の被害者は若い女性・胡桃沢綾乃(美山加恋)、鈍器の打撲痕のほかに頰にひっかき傷があった。
荒らされた形跡がなく、物取りの犯行ではないようだ。

携帯やドアの内側についた血液指紋で富樫康太(和田正人)・7年前傷害致死の前科があり、出所したばかりの男が浮上する。
暴力団がらみのやくざ者を、恐怖から刺し殺してしまった過去だ。
当時、富樫を逮捕したのが虎丸だった。
虎丸は富樫が改心していると信じていたので、ショックを受ける。
富樫には7年前に綾乃と恋人だったが、現在綾乃にはすでに婚約者がいたらしい。
関口という同僚が涙ながらに、1年前から交際してプロポーズしたばかり、職場で会ったのが最後になるなんて、と語る。
現場の血液はすべて被害者のもので、頰の傷跡にも着衣にもバラの花粉が付いていた。
富樫が花束を購入したことから、富樫の容器が濃厚だ。

「信じられない」という虎丸に、感情論には辛辣な真野礼二(錦戸亮)。
礼二は自分の抱えている過去の家族の事件が八方手づまりで苦悩しているのだ。
沢口ノンナ(新木優子)は、礼二と以前の事件関係者・早川(萩原聖人)が話しているのを見かけたので聞きたくて仕方がない。
しかし、後にしてくれと冷たくあしらわれ、同僚には恋愛か、と心配されてしまう。

上田という男を、富樫がカツアゲしようとしたという事件が報告された。
さらに、虎丸に富樫から連絡が入る。
「俺もうダメだ、まともな人生なんて歩けない、奴らに殺される」
通話は石崎という男の携帯からかけたものだが、石崎は激しい打撲の跡があり現在入院中とのこと。
富樫に不利な事態に頭を抱える虎丸刑事は、捜査1課長に事件から外されてしまう。
第2第3の被害者が出たので、富樫に指名手配がかかる。

「お前におりいって話がある」と虎丸は礼二に頼みごとをする。
父親も強盗殺人犯で、「犯罪者の息子」というレッテルで生きてきて、綾乃だけを信じていた富樫だ。
しかも、自分に対する報復で、綾乃が殺されたと思ってるらしい。
刑事のカンだけが根拠でも、信じたいという虎丸。
「協力してほしい」と頭を下げる。
礼二も指紋と花粉の分析に引っかかっており、「まずはご遺体を見たい」と引き受ける。

虎丸はノンナにも挨拶する。
ノンナは虎丸「刑事の勘」に期待して、ホームレスの新妻の事件について「真野さんがまだ調べているらしい」と打ち明ける。
事故だとされた案件だが、虎丸も「上からの打ち切り命令」ということが気になり、資料を確認する。
「武蔵野一家殺人事件」についてだ。
生き残った少年「礼二・10歳」に引っかかる虎丸。
戸籍を調べ、養子にでた「真野礼二」だと知る!

礼二は花屋の黄色いバラとご遺体確認、栄養剤の成分から、富樫のバラではないと鑑定する。
つまり富樫は犯人ではない可能性が浮上したのだ。
虎丸の方は意識を取り戻した石崎重夫から、実際に暴行を働いたのは上田で、止めに入ったのが富樫だということを知った。
富樫は石崎が落としてしまった携帯電話を使っただけだったのだ。

もっと確実な証拠が必要だ、と悩む3人。
富樫から虎丸に「今から奴らのところに行ってケリをつけます」と連絡が入る!
虎丸の説得に応じない富樫に、礼二が話しかける。

あなたが復讐したいなら好きにすればいい。
しかし、証拠はあるんですか?
犯人でなかった場合は、罪もない人の命を奪うことになる!

話を聞かない富樫を「ふざけるな!」と怒鳴りつける礼二。
自分も遺族だと告白し、富樫には「真相を明らかにして犯人に裁きを下すチャンスが残っている」と説得するのだった。
「彼の言っていることが本当だ」と保障する虎丸。
富樫に現場で見たことなどを説明させる。

富樫は出所してすぐ花束を買って持って行ったというが、臨場したときには消えていた。
第3者の可能性だ。

富樫が綾乃の部屋に行くと、返事はなく電気は消えていた。
鍵は開いており、はいったら綾乃が倒れていた。
富樫は通報しようと思ったが、怖くて逃げたのだ。
「綾乃の顔に光がチカチカ当たっていた」と思い出す富樫。
「パチンコ屋のネオンでは」と虎丸。

礼二と虎丸は現場に急行して再鑑定、ノンナは富樫の通話の録音分析を頼まれる。

富樫の発言から、現場のクローゼットのドアを富樫が出て行った後に開けた人物の存在が浮上する。
つまり、富樫が来たときに犯人はクローゼットに隠れていた可能性があるのだ!
クローゼットのドアの内側を綿密に調べる礼二。
DNAが検出される!

ノンナと科捜研の仲間の音声分析から、工事現場・学校のチャイムなどで富樫の居場所が特定されていく。
「断続的な雑音」を頼りに、虎丸と礼二たちが場所の特定に向かう!
礼二は、最後の雑音の波形は、風見鶏の回転する音と断定。
隠れていた富樫を発見!
「あなたの無実は証明されました」と話しかける礼二だった。

被害者のお葬式会場。
富樫と虎丸・礼二・ノンナが出会う。
深々と頭を下げる富樫。

真犯人をは「婚約者」と名乗っていた同僚の関口だった。
被害者・綾乃に対する、一方的な片思いで激高し、花束で顔をはたき、嫉妬で殺害してしまったのだった。
富樫が出ていった後で、クローゼットから関口も逃亡したのだった。
綾乃は富樫を待って、部屋を引っ越さず、7年前富樫がプレゼントした指輪をずっと大切にしていた。
富樫に面会に行き、笑顔で「黄色いバラの花束を楽しみにしている」と約束していた綾乃。
泣きじゃくる富樫だった。

虎丸は礼二に質問する。
「お前は大切な人を殺した犯人が見つかったら、復讐したいと思うか」
礼二は答えない。

ノンナは虎丸に質問する。
「私、礼二さんのことが知りたいんです」
「あいつのことが好きなのか」と聞く虎丸に、真剣な顔でうなずくノンナだった。

トレース~科捜研の男~第9話 感想

「改心」ということを認めたい男・虎丸と認めない男・礼二の真剣勝負というシーンは、緊張感がありました。
最終的には協力関係に戻ってきてよかったです。
今回ようやく、虎丸刑事が礼二と武蔵野一家殺人事件の関係に気がつきました。
原作とは違う設定で、虎丸の経験ではなく戸籍から判明したことには何か意味があるのでしょうか。
事情が見えてきて、万感の思いを込めて礼二を見つめる虎丸にはさすがのオーラがあって、さすが船越英一郎、という感じでした。

事件の中では、指輪のプレゼントの回想シーンと富樫の嘆きに共感して、涙が出そうになりました。
真相を知った富樫が、人間不信から頑張って社会復帰できることを祈りたいです。

ノンナは礼二に対して、尊敬と恋愛の間で迷っていたと思うのですが、今回しっかり「好き」と、うなずいてしまいました。
やっとか、と感慨深いです。
ただ、あと2回しかドラマが残ってないので、もう甘い雰囲気などは期待できないでしょうね。
過去の事件について真剣に協力してくれるようにはなると思うのですが…。
次回はむしろ礼二からノンナを拒否するとのこと、少々残念です。