メゾン・ド・ポリス

いつもほんわかしている刑事ドラマ『メゾン・ド・ポリス』ですが。
今日は始まりから不穏な空気ですっ……!
最終章が近くなってきて、ひよりの父の死の真相と夏目さんの過去に焦点があてられるようになってきたので、ストーリーに重厚感がましましなんですね。

ということで今回も『メゾン・ド・ポリス』第8話のネタバレあらすじ・感想をまとめていきたいと思います。

メゾンドポリスの動画はU-NEXTで視聴することができます。
見逃した方、もう一度見たい方はチェックしてみてくださいね。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第8話 あらすじ

ある日、館林桃香(住田萌乃)という少女が1人でメゾンにやってきた。祖父がオレオレ詐欺に遭ったので犯人を捕まえてほしいという。桃香にメロメロになったおじさまたちが話を聞いていると、宛名も送り主もない謎の小包が届く。夏目(西島秀俊)がリビングに運んできたその小包から着信音が。中にはスマホが2台入っていた。電話の主は変声機を使った声で藤堂(野口五郎)を誘拐したと告げる。そしてもう一方のスマホにメールが届き、添付された写真には血を流して倒れている藤堂の姿があった。犯人は午後5時までに1億円を用意しろと要求、できなければ藤堂の命はないと脅す。しかし、すでに指定時刻まで30分しかない。さらに犯人は外部との連絡手段を全て遮断させ、1億円の価値があるものがメゾンの中にあるだろうとけしかける。無茶な要求におじさまたちが困惑する中、ひより(高畑充希)が美砂(萩野友里)という女性を連れてメゾンにやってきた。期せずして2人もこの騒動に巻き込まれてしまう。意図がわからないまま犯人とのやり取りを続けるうちに、桃香がキッズケータイを持っていることに気づく。ひよりはそれで桃香の母・真琴(東風万智子)に連絡を試みる。

そのころ、草介(竜星涼)はメゾンの近くに停めた車の中でメゾンを盗聴していた…。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第8話 ネタバレあらすじ

ドラマの冒頭。ひより(高畑充希)がコンタクトを取ったのは夏目に夫を殺されたいう池原美砂(萩野友里)。美砂の夫はひよりの父と同様高遠建設の社員で、やはり建設中の建物から謎の転落死を遂げていました。一方、元科捜研の藤堂(野口五郎)は女性たちを対象に講演会を開いていました。持ち前の口の上手さを活かし、キザなセリフで女性たちをメロメロに。講演会後のアンケートには「お茶でもしませんか?ロビーで待ってます」と女性からの誘い文句が。もちろん誘いに乗らない藤堂ではありません。それで、行っちゃうんですけど――これが今回の事件の始まり。

その頃、メゾン・ド・ポリスにはおじさんたちの孫ぐらいの年の女の子、桃花が事件調査の依頼に来ていました。聞けば祖父がオレオレ詐欺に合い犯人を見つけて欲しいと言います。その時玄関のチャイムが鳴り、応対に出た夏目(西島秀俊)は差出人も宛名もない謎の箱を持って戻ってきます。まさか爆弾じゃないのか?というおじさんたち。高平(小日向文世)がとっさに桃花をキッチンに避難させると――箱の中から突然電話の呼び出し音が。箱の中には黒と赤の携帯電話が入っており、電話の主はメゾン・ド・ポリスの全員がテレビ電話の画面に収まるよう要求。そして藤堂を預かっていると言い――赤い電話には血まみれの藤堂の写真が添付され送られてきました。犯人の要求は1億円。それも外部には連絡せず、外出もせず、30分以内に家の中で用意しろと言うんです。もちろんおじさんたちにそんなお金はなく。しかし犯人は現金ではないと1億円の価値のあるものがほかにあるだろうと言います。

そんな時またインターホンが鳴り、犯人は夏目に応対するよう命じます。ドアの向こうにいたのはひより――そして気まずそうな美砂でした。しかし状況が状況だけに夏目は仕方なく2人を部屋に上げ事情を説明。犯人は物ではなく1億の価値のある情報を出せと迫ります。その時キッチンにいた桃花が子供携帯を取り出し合図を送ってきます。ひよりたちは犯人に唯一存在を知られていない桃花の携帯から桃花の母に電話し、警察に助けを求めるよう要請。しかし犯行現場の近くにいたため桃花の母は犯人に捕らえられてしまいます。犯人は彼女を藤堂の代わりの人質にすると――その後響く銃声。そして送られてきたのは撃たれて死んだ藤堂の写真。切羽詰まるメゾン・ド・ポリスの面々に犯人はついに「高遠建設の事件の資料を出せ」と要求。ひよりが資料を捜そうとすると、高平が戸棚を開けるなと阻止します。そこで伊達(近藤正臣)が資料は自分が持っていると告白。伊達は高遠建設の資料を公開するも犯人はその情報に納得がいかず桃花の母親を殺すと――しかしこの時もう伊達たちには電話口の犯人が誰か分かっていました。館林真琴―—囚われているはずの桃花の母親は高遠建設の事件を追っていたフリージャーナリストだったんです。

これは狂言誘拐だとおじさんたちはすでに見抜いており、芝居に付き合っていただけだったんです。そして藤堂が見ず知らずの相手に協力するわけがないと踏んだ夏目の読み通り、この狂言誘拐を企てたのはなんとひよりでした。2週間前、美砂に真琴を紹介されたひよりは、高遠建設が多数の警察の天下りを受け入れておりその中に伊達の名前があることを知りました。しかも高遠建設の事件で警察を辞めた夏目を伊達はわざわざメゾン・ド・ポリスに呼び寄せている——ひよりは伊達に高遠建設について知っていることをみんな話してくれと頼みます。しかし伊達は自分もまた高遠建設の真実を暴けないまま今日まで苦悩していたこと、夏目とひよりをここへ呼んだのはこのチームでなら事件の真相に辿り着けるのではないかと思ったからだと話します。疑心暗鬼のひよりに高平が先刻開くなと言った戸棚を開いて見せます。そこにはおじさんたちがひよりのために内緒で購入したひな人形がありました。混乱したひよりは泣きながらメゾン・ド・ポリスを飛び出して行ってしまいます。

その後、夜道を歩いているひよりは1台の車に引きずり込まれます。そこにいたのはいつもと雰囲気の違う草介(竜星涼)でした。草介はひよりをある人物に引き合わせます。それは警察の内部調査を行っている部署の刑事。メゾン・ド・ポリスやひよりの家に盗聴器をしかけていた草介も実はその部署に所属する刑事だったんです!草介はメゾン・ド・ポリスの面々が高遠建設の事件に関わっていると睨んでおり、ひよりに身を引くよう忠告します。一晩考え抜いたひよりが選んだ答えは――メゾン・ド・ポリスのおじさんたちを信じ一緒に高遠建設の捜査を続けることでした。ひよりは草介に宣戦布告。ひなあられを手に再びメゾン・ド・ポリスへ向かい昨日のことを詫びます。そしてこのチームで高遠建設の事件を追うことにしたとリーダーらしく宣言。おじさんたち、もちろん異論はなし!ついに本当のチームになったメゾン・ド・ポリス。最終章に突入です。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第8話 感想

今回は本当に感動しました。
特におじさんたちがひよりのためにひな人形を用意していたところはもう涙腺崩壊でした。
今まで築いたおじさんたちとひよりの絆が揺らぐことがなくよかったです。
来週はもっと盛り上がりそうですね!

メゾン・ド・ポリス各話ネタバレあらすじ、感想

メゾン・ド・ポリス第1話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス第2話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第3話ネタバレあらすじと感想!
メゾンドポリス(ドラマ)第4話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第5話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第6話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第7話 ネタバレあらすじ、感想と動画視聴案内