家売る女の逆襲
『家売るオンナの逆襲 第8話』のネタバレあらすじ、感想をまとめました。

家売るオンナの逆襲は全話Hulu(フール―)で視聴することができます。
見逃してしまった、もう一度見たい、そんな時はHuluおすすめです。

家売るオンナの逆襲 第8話 あらすじ

万智(北川景子)と留守堂(松田翔太)が不動産屋として対等な関係を築く一方、庭野(工藤阿須加)は自分が万智にとってパシリでしかないことに複雑な思いを抱いていた。そんな中、新宿営業所に怪しい男(泉谷しげる)がやってくる。営業所メンバーの名前を次々言い当てた男の正体はなんと庭野の父・茂雄!

真面目な庭野とは正反対のお調子者でいい加減な茂雄は、家を売ったお金でタコ焼き屋を開いて一発当てるため、息子を頼ってきたと言う。亡くなった母が残した実家をいつもの気まぐれで売ることに反対する庭野だが、万智が現れ自分が家を売ると宣言! 庭野は頭を抱える。
一方、留守堂への思いが破裂寸前の足立(千葉雄大)は遂に告白を決行する。しかし、自分が留守堂とどうしたいのか答えが見えないまま、モヤモヤは募るばかり。お互いの鬱屈とした気持ちに共鳴した庭野と足立は、庭野は万智から、足立は留守堂からの卒業を密かに誓い飲み明かす。

そしてその頃、三郷(真飛聖)から食事に誘われた屋代(仲村トオル)は三郷おすすめのおでん屋へ…のはずが気づくとそこはラブホテル街!屋代は遊びでもいいからと強引に誘われて…!!
庭野は、家の売却を担当している客・棟方母娘の境遇に自分を重ねる。夢見がちな母・幸子(南野陽子)はケーキ教室兼ケーキ屋を開くための資金に夫の残した家を売りたいと話すが、家の共同名義主である堅実な娘のすみれ(大後寿々花)は家を売ることに反対。金遣いが荒い母に振り回されてきたすみれの苦労を他人事と思えない庭野は、すみれに協力しようと決意する。

そして、ちちんぷいぷいでは、お金と女にだらしない父親を反面教師にしつつも、たった一人の身内の父に今でも仕送りをしているという庭野に同僚たちが同情を寄せる。このまま “サンチーの犬”で終わらないためにも、庭野は万智の言いなりにはならないと奮い立つ。
翌日。庭野は茂雄を説得しようと実家へ。しかし、すでに万智が家を売る段取りをつけていると聞き唖然とする。しかも買い手はなんと留守堂!あまりに理不尽な万智の仕打ちにショックを受けた庭野は自暴自棄になるが…。

そんな中、万智は美加(イモトアヤコ)から屋代の浮気写真を見せられる。会社に戻った万智は恐ろしい剣幕のまま庭野を呼びつけ棟方母娘の元へ。いつものように劇的に家を売ろうとした万智だが、突然声が出なくなり…!!万智を襲った大ピンチ、その時庭野は…!?感動の逆転劇を見逃すな!

家売るオンナの逆襲 8話 ネタバレあらすじ

庭野(工藤阿須加)は、留守堂(松田翔太)のように三軒家万智(北川景子)と対等な立場になれていないことに落ち込んでいました。
営業所の皆からも「サンチーの犬」と呼ばれており、さらに落ち込みます。

そんな中、幸子(南野陽子)とすみれ(大後寿々花)親子が営業所を訪れます。
幸子がケーキ屋さんを開くために、家を売りに来たのでした。
しかし、様々な事業をしては潰して貯金を使い果たしてしまった幸子の考えに、すみれは家の売却に難色を示していました。

一方、足立(千葉雄大)は留守堂に「愛してるんだよぉー!」とその想いをぶつけます。
留守堂は「嬉しいよ」と言いつつ、万智を愛してると伝えます。
答えは分かっていた足立ですが、「じゃあ三軒家さんとどうなりたいの」と留守堂に尋ねますが、「サトシならどうしたい?」と逆質問され、答えに窮します。
足立も留守堂も、愛している人に何を求めているのかわからないのでした。

そしてその頃、三郷(真飛聖)と偶然会った屋代(仲村トオル)は、三郷おすすめのおでん屋へ行こうと誘われます。
しかし、なかなかおでん屋には着かず、気づいたらラブホテル街にいました。
そして三郷は屋代をラブホテルに連れ込もうとし「遊びでもいいから一度だけ」「あなたも私と同じ気持ちのはず」とグイグイ迫ります。
しかし屋代は三郷乃猛攻を振り切り、平手打ちをくらいながらもその場からなんとか逃げ出します。

翌日、庭野の父茂雄(泉谷しげる)が来店します。
タコ焼き屋を開く開業資金を工面するために、浜松にある家を売りに来たのでした。庭野は実家の売却に反対しますが、万智が家を売ると宣言します。
万智からの心理的卒業を目論む庭野は、今回だけは万智に勝つと息巻いています。

足立はセールスが思うようにうまくいかず、いつもの王子オーラが全くありません。
庭野も実家に行き再度茂雄を説得しようとしますが、茂雄の意思は固いです。
そして留守堂とタッグを組んでまで、庭野の実家を売ろうとする万智に対して、庭野はショックを受け涙します。
何かと上手くいかない足立と庭野です。

一方、万智は美加(イモトアヤコ)から屋代が浮気している写真を突きつけられます。
二人が抱きしめあっているような写真とラブホテルから出てきたような写真を見て、万智は激しく動揺します。

その頃、すみれは幸子の押しに負け家を売ることに決めたと庭野と万智に告げます。
そして、万智は幸子に一人暮らし用の物件を紹介しようとします。
意義を唱える幸子に対して、万智がいつものように説得しようとすると、何と声が出なくなってしまいました。
代わりに庭野が通訳します。しかし、庭野はだんだんすみれに感情移入し、自分の言葉で語り始めます。
親に自分の人生を犠牲にすることはない、家を売却したお金を折半しそれぞれで暮らし、親子の縁を切るよう迫ります。
すみれも庭野の言い分に納得して、自分の取り分でワンルームを購入し、幸子は残りの資金で開業をすることになりました。

庭野も足立もそれぞれ家が売ることができ自信を取り戻すことができました。
そして庭野はすみれに提案したのと同じように、実家を売ってもいいが折半し取り分はもらう、親子の縁を切っても構わないと父に言いに行きました。

足立は、留守堂とどうしたいかの答えが見つかった、「どうしたい」の先はなかったと晴れ晴れとした顔で留守堂に伝えます。
足立は留守堂から卒業し、庭野は父親から卒業し、二人ともちちんぷいぷいでカラオケをして盛り上がり楽しい時間を過ごします。

一方、万智は浮気の証拠画像を屋代に突きつけ、浮気をやめていただけないでしょうかと迫ります。
屋代は必至に無実であることを訴えますが、万智は信用できていません。
屋代も万智と留守堂に対してコソコソ会っているし、愛していると言われていたことを指摘します。
しかし万智は「留守堂が私を愛していても、愛しているのは課長だけです。」と断言します。

じゃあ、僕たちはお互いを信じようと屋代が提案し、二人は手を繋いで帰ります。
そんな二人を留守堂が遠くから見つめていました。

家売るオンナの逆襲 第8話 感想

屋代課長の浮気疑惑はこの1話で解決してしまいました。
動揺した万智が「夫の秘密 やばたにえん、マジ卍」という衝撃の台詞が飛び出して笑いました。
そして、万智が三郷の真似で目をパチパチしているところもとてもかわいかったです。
二人で仲良く手をつなぐシーンはとても微笑ましかったですね。
足立は留守堂から卒業してしまいました…。卒業したことで足立にも余裕が出て、留守堂が足立の魅力に気づく展開はないでしょうか。
もっと足立は報われてもいいのになぁと思いました。

家売るオンナの逆襲 各話あらすじと感想

ドラマ『家売るオンナの逆襲』1話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
家売るオンナの逆襲 第2話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
家売るオンナの逆襲 第3話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
家売るオンナの逆襲 第4話の見逃し配信フル動画とネタバレあらすじ・感想
家売るオンナの逆襲 第5話の見逃し配信フル動画とネタバレあらすじ・感想
家売るオンナの逆襲 第6話の見逃し配信フル動画とネタバレあらすじ・感想