みかづき(ドラマ)

ついに最終話(第5話)を迎えたドラマ『みかづき』のあらすじ、ネタバレ、感想と、動画案内です。

みかづき(ドラマ)最終回(5話)の見逃し配信・フル動画視聴案内

みかづき最終話を「見逃してしまった」「一度見たけれど何度も見たい」というあなたへ、安心して視聴できる動画配信サービスはこちらです。

みかづき(ドラマ)最終回(5話) あらすじ

千明(永作博美)は〝塾による学校経営〟という新たな夢を抱いていた。だが次女・蘭(大政絢)の個人指導塾で不祥事が発生。責任を感じて経営の一線から身を引く。そして平成19年、家族に見守られて生涯を終えた。塾教育と歩んだそんな千明との年月を吾郎(高橋一生)が綴った「みかづき」を読み終えた一郎(工藤阿須加)は、子供たちへのボランティア授業に共鳴してくれた阿里(岡本玲)に背中を押され、手応えを感じ始める。

みかづき(ドラマ)最終回(5話) ネタバレあらすじ

大島千明(永作博美)は「学校を作るために」と公立高校の教師をしている長女・上田蕗子(黒川芽以)を迎えに行く。
しかし断られてしまい「親としては安心じゃないか」と大島吾郎(高橋一生)に励まされる。

一方次女の大島蘭(大政絢)は、新しい「オーキットクラブ」という個別指導専門の塾を立ち上げた。
イケメンや美女の若手講師ばかり雇い「パッケージが大事」と語る蘭。
少々ついて行けない千明と吾郎だ。

しかし「オーキットクラブ」では、早々に不祥事が起きてしまう。
講師が中2女子に、援助交際相手を斡旋していたというのだ。
しかし実際は、生徒の方が家出資金欲しさに講師に話を持ちかけたのだった。

お客は子供、出資は親という、塾の難しさを思い知った蘭。
千明は責任を取り、塾経営から退く決心をする。
後悔しないか、心配する吾郎。

「もう決めたことよ」と千明。
「今までよくがんばった。ありがとう」と吾郎。
吾郎は千明をそっと抱きしめるのだった。

翌年には、蘭は高齢者向けの「らんらん弁当」を立ち上げ、こちらでも経営手腕を発揮。
いつしか白髪頭の大島夫妻は、平成19年を迎える。
千明は入院することになってしまった。
母・頼子と同じ病気だ。

長女・蕗子と次女・蘭が入院の支度をし、三女の菜々美(桜井日奈子)が千明の車イスを押す。
女子トークの打ち明け話に盛り上がる面々。

…菜々美はカナダ人の彼氏に振られてしまった。
…蕗子は実の父親が「文部省の役人」だと知っていた。
…蘭はずっと千明に謝りたいと思っていた。

私たちは、大島吾郎と千明の娘、そしてあのおばあちゃんの孫。
「1人で強がるんじゃないの!」と、抱きしめ合う3人、笑顔の千明。
戸口の外でおろおろして、加われない吾郎だった。

2人きりになると「あの子たちの母親になってよかった、あの子たちはもう大丈夫」と千明はいう。
「もう満ちようとするのは終わり」
「何かが欠けているからこそ道を得ようと懸命になれるのかもしれない」と吾郎。

「だから、そのままで良いのかもしれない」
「永遠に満ちることのないみかづきのままで」

今思えば、それが2人で見る最後の月だった…そう回想する吾郎だった。
亡くなった千明の遺影は、塾長だった時のパリッとした姿だ。

就職試験に落ち続ける上田一郎(工藤阿須加)。
ボランティアの無料塾は相変わらずお客さんの部屋の間借りで、教え方にも限界を感じている。
くじけそうな一郎を手伝うのは、教育学部の後輩・井上阿里(岡本玲)だ。
「小さな達成感を積み上げていきましょう!」と熱く語る。

3人姉妹も応援している。
「これまで何をやっても長続きしなかった一郎がどこまで本気で取り組めるか」と危ぶみつつ。
「大島家の人間ね!」と笑い合う。

吾郎も「お前ならやれる」と、見守っているみんながいることを示す。
千明の思いは続いている。
「みかづき」をもっと輝かせてくれ。
取り残されている子供たちをもっと減らしてやってくれ。

一郎は阿里と、近い未来・なりたい自分をイメージする。
やる気の見られなかった少女が70点を取れたのが、今の一郎の第一歩だ。
阿里がそっと寄り添ってくれる。

吾郎はひとり、千明との会話を思い出している。
千明が結局どれも読んでくれなかった吾郎の著書。
いつか「みかづき」というタイトルでラブストーリーを書くこと。

「私たちの物語、不肖の孫に、一郎に捧げてやりましょう」と言った千明。
「今度は読むわ」との言葉。
千明は吾郎の手を取り「あなたに会えてよかった」と言ったのだった。

走馬灯のように思い出が浮かぶ。

「一緒に塾をやりましょう!」
“よしよし”し合う2人
「合併の反対理由を述べなさい!」
「今ある小さい幸せを守りたい」
「用務員室で」
“八千代塾”の最初の看板。
「学校教育が太陽だとしたら塾は月」

書斎の窓からは、三日月が見える。

-完-

みかづき(ドラマ)最終回(5話)感想

最終回は「塾」を背景に置きながらも、ラブストーリー感の方が中心になっていて、それがまた良かったです。
完成していない「みかづき」がいい、という千明の発言には、しみじみ賛成してしまいました。

塾長を引退する千明に対し、吾郎役の高橋一生が見せた、くしゃっと笑い皺ができた顔が、とっても魅力的でした。
心からの尊敬と愛情を感じているように見えて、よかったです。
長いハグも感動的でした!

最後の、病室での2人のシーンには涙してしまいました。
ラブストーリーを書く、それを読みたいと夫婦で会話しながら、かなわないと分かっている2人。
それでもそれを口に出さない切なさが、よかったです。
笑顔で死を受け入れたように見える千明の、パリッとした塾長姿の遺影にも、ドラマとはいえ、結構感動してしまいました。
吾郎が臨終を迎えることなくドラマが終わったのも、また印象的でした。
エンディング近くで、書斎で音の出ていないレコードが回り続けていましたが、それがいろいろな意味で「おわり」と子孫への「つづき」を示唆しているように思えました。

見終わってみると本当に5回だけで完結したドラマとは信じられないくらい、内容が濃かったと思います。
スピンオフが出てくれないかなぁと期待します。
孫・一郎と阿里たちのボランティアのその後も心配ですし、娘3人の成長の過程や心の動きも見てみたいです。
続編なら嬉しいですし、単発のスピンオフでもいいので是非に!と思います。

みかづき(ドラマ)各話ネタバレあらすじ・感想

みかづき(ドラマ)ネタバレあらすじと感想!千明と吾郎のラブストーリー始動!
みかづき(ドラマ)2話 見逃し動画視聴案内とネタバレあらすじ、感想
みかづき(ドラマ)3話 見逃し動画視聴案内とネタバレあらすじ、感想
みかづき(ドラマ)4話 見逃し動画視聴案内とネタバレあらすじ、感想