スキャンダル専門弁護士 QUEEN

今回の『スキャンダル専門弁護士QUEEN』7話。
依頼人が与田の大学の先輩ということもあり、与田ちゃんいつも以上にアクセル全開で頑張ってましたね。

そして徐々に明らかになる氷見と次期総理候補、吾妻との関係も見逃せないところです。
一筋縄でいかない面々の今回の活躍はいかに?!

ということで今日も『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第7話のネタバレあらすじ・感想をまとめてみました。

【動画視聴】
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』を見逃してしまった、もう一度見たい、という時には、動画視聴サービスが便利です。
スキャンダル専門弁護士QUEENのフル動画はFODで視聴することができますよ。

1か月間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第7話あらすじ

氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)、鈴木太郎(バカリズム)たちは事務所でワイドショーを見ている。話題に上がっているのは、スマートフォン決済サービス『ペイグッド』のクレジットカード不正利用に関して。顧客のカードが第三者に使用されていたのだ。その報道を聞き呆然とする藤枝修二(中川大志)。どうやら藤枝も被害に遭った様子。ネットを見ていた真野聖子(斉藤由貴)は『ペイグッド』のシステムエンジニア、芦原江梨子(西山繭子)のセキュリティー対策が甘かったと特定されていると教える。江梨子は与田の大学生時代の先輩だった。

与田から連絡を受けた江梨子が事務所に来た。江梨子は『ペイグッド』のシステム開発チームの責任者で、今回のトラブルに関して責任があることは認める。だが、同社のサービスが始まったのは江梨子が育休に入ってからだった。もちろん責任は認めつつ、ただ、休んでいる間に問題が発生したのにも関わらず、自分がやり玉に挙げられ、名前や顔までもネットに晒されていることに江梨子は悩んでいた。

『ペイグッド』社の社長、工藤海斗(柳下大)の記者会見に、氷見と与田が潜入。工藤は動揺を隠せない様子だが、氷見たちは謝罪用の芝居と見抜く。工藤ら経営陣は江梨子だけに責任を持って行こうとしていた。事務所では真野が不正利用の流れを追い、原因は江梨子個人にではなく、会社側の管理上の不備にあったことを突き止める。そのことを、氷見たちは東堂裕子(泉里香)に記事にしてもらおうとするが…。

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第7話ネタバレあらすじ

鈴木法律事務所危機管理部。みなさん朝からワイドショー見てのんびりコーヒーブレイクしていたところ。
テレビで話題になっていたのはスマホ決済サービス『ペイグッド』。巷では登録者の顧客情報が洩れ、クレジットカードが不正利用される事件が起きていました。
藤枝(中川大志)もまんまと事件の被害者に。
彼も総額200億円のポイント還元キャンペーンにのせられた口でした。
真野(斉藤由貴)がネットですでにやり玉に挙げられているペイグッドのシステムエンジニアの情報を見つけると、それまで笑っていた与田(水川あさみ)の表情は一変。
ネットに晒されているシステムエンジニア芦原江梨子(西山繭子)は与田の大学の先輩だったのです。

江梨子を事務所に呼び出した与田。
江梨子はペイグッドの責任者ですが、事件は自分が育休を取っている間に起こった事だと話します。
与田は大学時代に助けられた恩義から今度は自分たちが江梨子の助けになることを約束。
さっそく氷見(竹内結子)と共に、ペイグッドの社長、工藤海斗(柳下大)の謝罪会見の会場に足を運びます。
社長の工藤は動揺を隠せない様子で会見に臨んだものの、氷見達はそれが用意された謝罪用の芝居であることを見抜いていました。
工藤は江梨子が育休を取っていたことには一切触れず、『開発責任者の長期休暇』という言葉を使って彼女一人に責任を押し付け、会社側も被害者であると世間に印象づけようとしていました。

このままでは江梨子に責任を押し付けられて終わると考えた与田は苛立ちを隠せません。
ITに詳しい真野は、ペイグッドはクレジットカードのセキュリティ―コードに対するセキュリティーが甘く、カードの情報は闇サイトから洩れていたのだろうと予測。
真野はたとえ責任者の江梨子がいなかったとしても、そんなことぐらいチェックできなかった会社側に責任を問えると言います。
氷見は東堂(泉里香)を事務所に呼び、会社側の責任を追及した記事を発表してほしいと話しますが、東堂はその見返りに氷見が元政策秘書をしていた吾妻の情報を渡せと迫ります。
そんな矢先与田のもとに江梨子から電話が――。

江梨子は工藤の秘書から、今回の件を公にすれば家族にも被害が及ぶと遠回しに脅迫されていました。
その為へたに記事を出すわけにもいかず。家族を守るには自分を犠牲にするしかないと考える江梨子を、氷見と与田は全力でバックアップするからもう少しだけ闘ってみようと励まします。
与田は氷見に、江梨子は大学時代に教授からセクハラを受けた自分を救ってくれた恩人なのだと話します。
だからどうしても今度は彼女を助けたかったんですね。
その後与田はペイグッドの社員たちから、ペイグッドが社員を顧みないずさんな企業である事実を次々に引き出し、ついに社長である工藤と会社全体のブラックな体質を明るみに。

怒ったのは工藤で、ついに鈴木法律事務所に乗り込んできます。
会見の時に見せた殊勝気な様子はまったくなく、江梨子がどうなってもいいのかと脅しにかかる始末。
しかし与田たちはすでに工藤と法的に戦えるだけの情報を掴んでいたので、反対に社長職から退くよう要求。
工藤は意外とあっさり要求を受け入れ、辞任することに同意したかに見えたのですが――。
工藤はペイグッドを手放しマネークアミューズメントに買収されることにより、マネークの子会社の株式を手に入れていました。
これでは江梨子を救ったことにはならないと悩む与田のもとに新たな情報が。
工藤が手に入れた株はものの見事に大暴落、工藤は失墜したというのです。
与田はマネークアミューズメントの社長中西が吾妻の息のかかった人間であったことから、裏で糸を引いていたのは氷見ではないかと疑います。
与田の見解では、氷見は中西から政治献金を受けている吾妻のために動いているのではないかと。その頃氷見は――与田の予想通り中西と会っていました!

……続きはまた来週。

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第7話感想

うーん。今回はちょっと難しい話でしたが、氷見がまだ吾妻と繋がっているのはやはり事実みたいですね。
氷見さんの過去と現在がどんな風に繋がるのか、最終的に彼女の目指すものは何なのか、すごく続きが気になる終わり方でした。仕方ないので来週を待ちます!

スキャンダル専門弁護士QUEENのフル動画案内

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』をフルで視聴できるのはFODです。

動画配信サービスはいつでもどこでも好きな時にドラマやその他多くの映画などを見ることができるので、とても便利ですよ。

1か月間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

FODプレミアム