メゾン・ド・ポリス

今回の『メゾン・ド・ポリス』は夏目さんが警察をやめた理由が少しずつ明らかになっていきます。

同時にひよりの父の死の謎にも近づいていきます。
でもシリアスばかりじゃなく、いつもどおりクスリと笑えるシーンもたくさんあるので大丈夫です。

それではさっそく『メゾン・ド・ポリス』第7話ネタバレあらすじ・感想をまとめてみました!

メゾンドポリスの動画はU-NEXTで視聴することができます。
見逃した方、もう一度見たい方はチェックしてみてくださいね。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第7話 あらすじ

ある日、本郷幸成(井上順)という資産家の邸宅で窃盗事件が発生した。本郷は内縁の妻・小倉汐里(西丸優子)と訪問看護師の赤井美香(太田美恵)の3人で箱根の別荘を訪れている間に金庫破りに遭ったようだ。犯行翌朝に本郷宅に出勤した家政婦の本宮カレン(大西礼芳)が発見・通報したという。そして本郷は旅先で体調を崩して入院してしまい、事情聴取は拒否されていた。

その本郷は都内に多数のビルを保有する資産家で、黒い噂が絶えず政財界や裏社会とつながるフィクサーとも目されている男だ。そして昔から数々の美女と浮名を流し“世田谷のジゴロ”とも呼ばれている。

ひより(高畑充希)たちが現場検証をしていると、迫田(角野卓造)・藤堂(野口五郎)・夏目(西島秀俊)が現れた。なんと伊達(近藤正臣)と本郷が幼なじみで、伊達が本郷から直接捜査を頼まれてしまったという。藤堂が金庫を調べると、強引にこじ開けられた跡の他に小さな穴が開けられている。さらにその穴には鱗粉が付着している。この特徴的な痕跡に、迫田たちは昭和の時代に世間を賑わせた伝説の金庫破り“アゲハ”を連想する。

その一方で、藤堂は本郷が飲んでいる薬に違和感を覚える。さらに、本郷を巡る汐里・美香・カレンという3人の女性の関係が非常にややこしく……。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第7話 ネタバレあらすじ

冒頭は夏目(西島秀俊)が墓参りに行くシーンから。しかし墓参りの場で鉢合わせした遺族の女性に人殺しとなじられ花を投げつけられます。その頃ひより(高畑充希)は間宮管理官の「夏目は3年前に罪のない人間を殺している」という言葉を照合するため、署内で夏目のプロフィールを調べていました。通りすがりの杉岡(西田尚美)に聞くも何も知らないと――その時、窃盗事件が発生。ひよりは現場に急行します。事件の起こった本郷家では工具を使って大胆に金庫がこじ開けられていました。そこへ現れるメゾン・ド・ポリスの面々。聞けば現在入院中の本郷(井上順)は伊達(近藤正臣)の幼馴染であり、直々に事件の調査を依頼してきたとか。

本郷家の金庫は最新型で、用心のため主の本郷は年に1度は金庫を買い替えていたといいます。藤堂(野口五郎)は金庫に小さな穴があり、そこに蝶の鱗粉が残っていたことから昭和の伝説の金庫破り『アゲハ』の犯行を疑います。アゲハは平成の初め、グレースという女が香港で逮捕されてから姿を現さなくなったのだと迫田(角野卓造)。しかし主の本郷が蝶の収集家で家にたくさん標本があったことから、無関係ではないかとひよりは推測します。藤堂は本郷の飲んでいる薬を見つけると家政婦のカレンに断り薬を一つ持ち帰りました。

その夜メゾン・ド・ポリスで開かれた鍋パーティーに誘われ、2人の女性がやってきます。2人は本郷の関係者、婚約者の汐里と訪問看護師の美香。2人が同じネックレスをしていることに目をつけた夏目が問いただすと、2人は本郷から送られたものだと――共に愛人関係にあったことを認めます。また家政婦のカレンも同じような関係ではないかと女性たちはあっけらかんと話します。その夜遅く、帰宅途中のカレンが陸橋の上で何者かに襲われ怪我をする事件が発生。駆けつけたひよりと夏目にカレンは入院中の本郷から事情聴取に応じると電話があったと伝えます。条件は金庫の中身をすべて持ってくることと、ひより一人で聴取にくること。

本郷の病室を訪れるひより。本郷はひよりにカレンをメゾン・ド・ポリスで預かって守ってやってくれと頼みます。なぜカレンをそこまで心配するのか腑に落ちないひよりに、本郷はカレンを愛しているからだと告白。そうしてカレンはメゾン・ド・ポリスにやってきます。同じ頃、藤堂が持ち帰った薬にヒ素が混入されたことが発覚。薬を与えていたのがカレンであったことから、本郷はカレンを監視させる為にメゾン・ド・ポリスに預けたのではないかと皆は考えますが――警察の調べで看護師の美香がヒ素を入手していたこと、そして金庫破りのあった夜、汐里と美香が箱根の別荘から車で一時帰宅していたことが判明。警察が動き出した矢先、汐里と美香はそろって警察署に自首してきました。遺産目当てで共謀した2人は本郷の薬にヒ素を混ぜ殺そうとしていたことを自白。殺す前に遺言書を確認する必要があったので金庫破りに見せかけ金庫の中を確かめたのだと。カレンを襲ったのはヒ素混入をカレンのせいにし、自殺に見せかけるためでした。なぜ急に自首する気になったかとひよりに聞かれた2人は、すべてが本郷にバレていたからだと話します。

メゾン・ド・ポリスではアゲハの関係者であるグレースの調査をしにフィリピンまで行っていた伊達が帰宅。同時に本郷がメゾン・ド・ポリスを訪れます。再会した幼馴染の2人は子供みたいに大はしゃぎ。しかし楽しい時は束の間。ひよりは本郷こそ伝説の金庫破りアゲハであることを見破り、そして事件の真相に迫ります。カレンはかつて本郷が愛した女性グレースの娘。遺言状にカレンに遺産を残すとあったことから汐里と美香は彼女を殺そうとしたのです。しかし本郷はカレンのため、その事実を隠しておくことを条件に2人に大金を用意し好条件で自首を勧めていました。伊達は子供の頃2人で取り合いした蝶の標本が金庫の中にあると本郷を促します。本郷は見事な手口で金庫を破る――やはり彼こそが伝説の金庫破りアゲハだったのです。しかし窃盗の時効は7年であることから、ひよりは逮捕を諦めます。

一件落着したかに思えた頃。ひよりの元に杉岡から電話が――。杉岡は夏目が警察を辞めた理由を知りひよりに知らせてきたのです。ひよりは夏目の元へ。3年前、夏目が事情聴取した男・池原はひよりの父と同じ高遠建設の社員で死因も同じ、建設現場からの転落事故でした。2人の死に不信感を持ったひよりは夏目を問い詰めますが、夏目は何も知らないと答えます。その会話のやり取りは盗聴されており、その声を拾っていたのはなんとメゾン・ド・ポリスの御用聞き草介(竜星涼)!?一体彼は何者?謎の深まるまま今週はここでおしまいです。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第7話 感想

今回は夏目の過去とひよりの父の死因に一気に近づいた回でしたね。
草介が何者なのかも本当に気になるっ……!
『メゾン・ド・ポリス』来週も見逃せません。

メゾン・ド・ポリス各話ネタバレあらすじ、感想

メゾン・ド・ポリス第1話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス第2話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第3話ネタバレあらすじと感想!
メゾンドポリス(ドラマ)第4話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第5話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想
メゾンドポリス(ドラマ)第6話 見逃し動画案内とネタバレあらすじ、感想