家売る女の逆襲

回を重ねるごとに面白くなる『家売るオンナの逆襲』ですが、あっという間に第7話です。

ここでは『家売るオンナの逆襲 第7話』のネタバレあらすじ、感想をまとめました。

まずは安心して視聴できる動画配信サービスをご案内しますね。

家売るオンナの逆襲 第7話のフル動画はHulu(フール―)で視聴することができます。

家売るオンナの逆襲 第7話 あらすじ

輝く女性社員の活躍をアピールするために会社が立ち上げた『ウーマンプロジェクト』のメンバーに選ばれた万智(北川景子)。かつて営業課で屋代(仲村トオル)の右腕として辣腕を振るい今は企画開発課で活躍するキャリアウーマン・朝倉雅美(佐藤江梨子)と、足立(千葉雄大)の同期でインターネット推進部のワーキングマザー・宇佐美サキ(佐津川愛美)と共に女性客を狙ったプロジェクトの打ち合わせを進める。

しかし、既婚者だが子供はいらない主義の雅美と、ワーキングマザーである自分の価値観を押し付けてくるサキの間で意見が対立。さらに、子育て中の時短勤務のため打ち合わせ途中でも平然と帰るサキに雅美は苛立ちを覚える。そんな中、仕事に手を抜かない万智に好感を持った雅美は万智に家探しを相談し、ストレス発散のために万智と庭野(工藤阿須加)を趣味のボウリングに誘う。意外にもボウリングがド下手な万智は驚異のスコア0を叩き出す!

その頃、連日仕事で帰りが遅い上に、庭野とボウリングに行ってしまった万智に密かに不満を抱く屋代は、ちちんぷいぷいで美加(イモトアヤコ)が連れて来たバイト先の上司・三郷楓(真飛聖)に再会。万智と屋代の関係を壊そうと画策する美加は屋代に三郷を猛プッシュする。
一方、留守堂(松田翔太)への出口の見えない思いを抱える足立は、仕事でもミスを連発し、売り上げが低迷中。留守堂が万智に抱くただならぬ思いに気付きながらも、抑えきれない気持ちは爆発寸前で…!?

家売るオンナの逆襲 7話 ネタバレあらすじ

不動産屋の男社会イメージを刷新して外部にアピールするために、「ウーマンプロジェクト」が立ち上がりました。
メンバーは万智(北川景子)と、屋代(仲村トオル)の元相棒でバリキャリ朝倉雅美(佐藤江梨子)、
足立(千葉雄大)の同期でワーキングマザーの宇佐美サキ(佐津川愛美)です。

会議が始まりますが、それぞれの立場の違いからなかなか意見がまとまりません。
しかも、会議が始まったばかりなのにサキは「私時短勤務なんでー」と途中で帰ってしまいます。
雅美は、サキの仕事に対する姿勢に苛立ち、逆に仕事大好きな万智のことを気に入ります。
そしてストレス解消のためにと万智と庭野(工藤阿須加)をボウリングに誘います。
しかし、実は万智はボウリングが初めてで、ボウルに空いている穴が何なのかすら分からないレベルでした。
実際にトライしてみてもガータばかりでトータルスコア0を記録しました。

一方、屋代は、万智が庭野とボウリングに行ってしまったことに対して不満げです。
ちちんぷいぷいに寄り、こころ(臼田あさ美)に慰めてもらっていると、美加(イモトアヤコ)が三郷(真飛聖)を連れて来店します。
三郷にも慰められ屋代も少し意識しているようです。

雅美は万智に、サキは留守堂にそれぞれ家探しを頼んでいました。
そして、偶然にもどちらも同じ物件を気に入ってしまいました。
内見に鉢合わせた雅美とサキのバトル勃発です。
雅美は行きつけの鍼灸院に近く、夫のプラモデルを飾る収納があることが決め手でした。
サキは、保育園に近く育児向きの間取りのため自分が家を買う権利があると猛烈に主張します。
しかも、雅美の動機を「ふざけた理由」と切り捨て、次世代の子どもたちのために譲るべきだと声高に叫びます。

お互い一歩も譲らないので、家の購入権を賭けて留守堂と万智でボウリング対決をすることになりました。
万智は家を売るために、ボウリングが得意な美加を呼びつけボウリングの夜通しの特訓をします。
万智が特訓をしている最中、屋代には三郷から食事のお誘いメールが入り「行きます」と返事をしてしまいます…。

そして対決の日、フォームはめちゃくちゃながらも特訓の成果で好スコア連発の万智です。
しかし、留守堂も負けておらず、トータルスコアでは1点留守堂が上でした。
ところが、最後の投球で留守堂はファウルラインを踏んでいたことが発覚し、万智の勝利となり雅美が購入権を得ることになりました。
納得がいかないサキは、「子どもの命をはぐくむためにあの家が必要なの!」と食い下がります。
万智に「あなたは育児を持ち出せば皆がひれ伏すと思ってますね」とサキに言います。
会議で中座した件も、自分が参加しやすい時間にスケジューリングするか、時間がないことを会議前にあらかじめ言えばよかったと責めます。
「本気で両立しようと思うのなら、自分の仕事量を把握しコントロールしなければなりません」と説きました。
庭野は「育児ハラスメントで訴えられますよ」と止めようとしますが「訴えたければ訴えればよい!」と言い放ち万智は去ります。

翌日、サキはウーマンプロジェクトを降りる旨を万智と庭野に伝えに来ます。
そんなサキに万智は別の戸建てを紹介します。そこはサキの夫が務める会社の託児所に近い場所でした。
「共働きなのにあなただけ仕事と家庭を両立しているのはおかしい」
「これからは男性も仕事と家庭で輝けばいい。あなたは十分輝いています」と優しく語りかけ、サキ夫婦は戸建て購入することになりました。

万智は珍しく早く帰れることになりますが、屋代は三郷と食事の約束をしてしまっていました。
最近帰りが遅い日が多いと万智に指摘された屋代は、後ろめたさか万智に冷たい態度をとってしまうのでした。

家売るオンナの逆襲 第7話 感想

ワーママVSバリキャリの壮絶なバトルでしたね!
ワーママのキャラがぶりっ子かつ自分勝手に描かれていたのですが、実際のワーママはもっと周囲に気づかっている人が多いでしょうね。
しかし、こういう人もいるのも事実で…。そこを万智がバシッと言ってくれたときはスカッとしましたし、最終的にワーママへのフォローの言葉も素敵でした。
子どもがいようといなかろうと、男性でも女性でも働く人はみんないろんな事情を抱えて大変ですよね。

さて、屋代課長の行動が雲行き怪しくなってきました…。
万智が仕事一辺倒なのはわかってて結婚しているのだから、もう少し余裕をもってほしいなぁと思います。
しかし、万智も言葉が足りなさすぎるのでこの夫婦はもっと会話が必要ですね。
予告はもっと雲行きが怪しい状況になっていましたが、どうなるのでしょう。

家売るオンナの逆襲 各話あらすじと感想

ドラマ『家売るオンナの逆襲』1話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
家売るオンナの逆襲 第2話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
家売るオンナの逆襲 第3話ネタバレあらすじ・感想!動画視聴は?
家売るオンナの逆襲 第4話の見逃し配信フル動画とネタバレあらすじ・感想
家売るオンナの逆襲 第5話の見逃し配信フル動画とネタバレあらすじ・感想
家売るオンナの逆襲 第6話の見逃し配信フル動画とネタバレあらすじ・感想