トレース ドラマ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第7話のあらすじネタバレ、感想と、動画視聴案内をまとめました。

まずは『トレース~科捜研の男~』を安心して視聴できる動画配信サービスをご案内しますね。

ネタバレあらすじは、ページ下方にまとめています。

トレース~科捜研の男~第7話の見逃し配信・フル動画視聴方法

トレース~科捜研の男~第7話のフル動画はHulu(フール―)で視聴することができます。

Hulu(フール―)とは

Hulu(フール―)は、月額933円(税抜)でドラマや映画、アニメなどすべての作品が見放題の動画配信サービスです。

親会社が日本テレビですので信頼性抜群ですね。

以下より詳しくお伝えしていきますね。

料金

基本利用料:月額933円(税抜)
すべての作品が見放題で、追加課金は一切ないので、分かりやすく安心です。

14日間の無料体験期間あり。

無料体験期間後、解約せずに継続すると、そこから月額料金が発生します。
無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

登録方法

登録ページに進んだら必要事項を入力します。

Eメールアドレス(ログインID)
パスワード
氏名
生年月日
支払方法

すべて入力したら、【入会する】をクリックするだけ。
簡単です。

支払方法について

支払方法…クレジットカード、携帯各キャリア決済、ペイパル、Huluチケット

Huluチケットとは?
Huluチケットとは、全国のコンビニやオンラインショップで買えるプリペイド式のチケットです。
現金で購入できるので「クレジットカードを持っていない」「携帯の決済はちょっと…」という方におすすめです。

※Huluチケットでの支払い方法を選択すると、2週間トライアルは適用されませんのでご注意ください。

Hulu(フール―)の特徴~メリット・デメリット~

ここではHulu(フール―)の特徴をあげながら、メリット・デメリットをご紹介しますね。

Hulu(フール―)のメリット

追加料金なし

Hulu(フール―)は、月額基本料金933円(税抜)のみで、追加料金は一切かかりません。
追加料金なしというのは、分かりやすく安心して利用できるポイントですよね。

日テレが親会社なので安心

利用する際に重要なのが安全性。
Hulu(フール―)は親会社が日本テレビですので、安心して利用できる動画配信サービスです。

国内ドラマ、特に日テレドラマが充実

国内ドラマが充実しています。
特に、日テレが親会社のため、日テレドラマが充実しています。
日テレで放送されたドラマのスピンオフ作品なども視聴することができます。

海外ドラマの充実度も抜群

FOXチャンネルのリアルタイム配信もしているので、海外ドラマ好きな方には特におすすめです。

~リアルタイム配信チャンネル~
ニコロデオン・FOXチャンネル・ナショジオチャンネル・ヒストリーチャンネルMTV MIX・BBCワールドニュース・日テレNEWS24・CNN U.S.・Baby TV

Hulu(フール―)のデメリット

最新作が視聴できない・遅い

月額基本料金のみで追加課金なし、というメリットがあるがゆえのデメリットともいえるかも知れません。
ポイント課金で最新作を視聴することができるU-NEXT(ユーネクスト)などに対して、Hulu(フール―)は最新作・新作が入ってくるのが遅いです。
最新作を早く見たい!手軽に見たい!ポイント課金があってもいいから見たい!という方にとっては、物足りないかも知れません。

複数端末で同時に視聴することができない

Hulu(フール―)は、1アカウント1視聴が基本となっています。
U-NEXT(ユーネクスト)など4端末まで同時視聴が可能という動画配信サービスもありますが、その点Hulu(フール―)は少し不便かも知れません。
家族それぞれが別々に動画を見ることが多いというご家庭は、Hulu(フール―)では不便かもしれませんのでご注意くださいね。



以上、Hulu(フール―)のメリット、デメリットをまとめました。

私は5年以上Hulu(フール―)を利用していますが、月額料金、作品数や画質など、ほとんどにおいて満足しています。

一つだけ不満があるとすれば、やはり最新作の少なさ・入ってくるのが遅いこと、でしょうか。

でも月額料金が安くて追加料金なしというのは最大のメリットで、最新作は、まあ仕方ないよね、という感じです(^-^)

基本的に大満足で、これからも続けていく予定です。

Hulu(フール―)で視聴できる作品は?

国内ドラマ

今日から俺は!!、dele (ディーリー)、ヒモメン、獣になれない私たち、ブラックスキャンダル、ドロ刑、ハゲタカ、ダメな私に恋してください、おっさんずラブ、小さな巨人、MOZU、家売るオンナの逆襲、3年A組、イノセンス、勇者ヨシヒコ、コウノドリ、民王、
など多数

海外ドラマ

ウォーキングデッド、グレイズアナトミー、プリズンブレイク、クリミナルマインド、ゴシップガール、ボーンズ、スーツ、スーパーナチュラル、デスパレートな妻たち、ヴァンパイアダイアリーズ、グリム
など多数

映画(洋画)

オールユーニードイズキル、アイアンマン、ファンタスティック4、イントゥザストーム、ミッションインポッシブル、ショーシャンクの空に、リベンジリスト、ルーム、ララランド、ブラックスワン、シャーロックホームズ
など多数

映画(邦画)

HiGH&LOW THE MOVIE、東京喰種-トーキョーグール-、溺れるナイフ、海月姫、君と100回目の恋、ルパン三世、ヘルタースケルター、斉木楠雄のΨ難、トリガール、僕の初恋をキミに捧ぐ、クローズZERO、のぼうの城、探偵はBARにいる、進撃の巨人、舞妓Haaaan!!!、超高速! 参勤交代、ちはやふる
など多数

見逃してしまった『トレース~科捜研の男~』を無料お試しの範囲で視聴するだけでも十分楽しめますが、他にもたくさんの作品が揃っているので、ぜひ堪能してください。

トレース~科捜研の男~第7話 あらすじ

真野(錦戸 亮)は、25年前に殺害された当時高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、 英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

一方、虎丸(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。

所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われ…。

トレース~科捜研の男~第7話 ネタバレあらすじ

真野礼二(錦戸亮)は、過去の事件の新事実を知ってしまった。
海塚律子科長(小雪)には「あきらめた」とは言っているが、むしろ姉の妊娠について、元担任の早川尚文(萩原聖人)ともコンタクトをとるようになっていた。

沢口ノンナ(新木優子)は、科捜研の仲間と乗り気ではない合コンに参加していた。
帰りに、男数人に絡まれている女性を発見。
「人を呼びますよ!」と助けに入るも、突き飛ばされるノンナ。
カバンの中身が散乱して、科捜研の身分証明書が見え、逃げる男たち。
襲われた女性の姿は消えていた。

虎丸良平刑事(船越英一郎)は、新妻の事件の打ち切り命令に我慢ができない。
しかし、交通事故の後処理で、大森西署への出向を命じられてしまう。
事件は、伊集院都議の秘書・住井が、夜間に認知症の男性をひいてしまったというもの。
伊集院都議も車に同乗しており、謝罪会見を開いている。
意外にも現場は、ノンナが合コンしていた場所の近くだった。

虎丸刑事は、科捜研に所轄の柏原刑事を連れてくる。
事故現場の防犯カメラ映像によると、事故から通報まで1時間のタイムラグがある。
2人とも事故の衝突で意識を失っていたとのことだが、口裏を合わせているような供述だ。
虎丸刑事は、酒を飲んでいた伊集院が運転していたのではないかと推察する。
礼二は「想像は時間の無駄」と、毒を吐き、さっさと鑑識の支度をする。
乗り気になった礼二の背中を、笑顔で見送る海塚たちだった。

伊集院の事故車は、こぼれた芳香剤の強烈な匂いがする。
エアバックの精密な鑑定をするノンナと礼二。
しかし、誰が運転したかは不明。
2人ともマスクをしており、DNAが取れなかったのだ。
礼二が事故発生時のシミュレーションを実施すると、体重の30倍の圧力がかかると判明。
そのため、シートベルトの傷が体に残り、運転者が把握できるはずだ!
虎丸刑事は、都議の事務所に2人の痣の確認に向かう。
都議は間違いなく左肩にアザがあり、助手席にいた証拠とわかる。
しかし住井秘書は、どちらの肩にもアザがない。
運転していた犯人は別にいるらしい!

その頃、ノンナの合コン仲間が次々と男に襲われ、カバンを取られる事件が起きる。
「もしかしてあの時の男たちが嫌がらせを?」と、気をつけるよう心配されるノンナ。
夜。
ノンナが帰宅した妹の様子が変なことを心配してのぞくと…。
入ってきたのは、知らない男だった!
襲われ、とっさに腕をひっかくノンナ!
危ない所で妹に助けられる。
男は逃げていった!

ノンナの家に鑑識が入る。
礼二が来ると聞き、焦って身なりを整えたり部屋を片付けたりしたがるノンナ。
しかし「現場保存」と、怒られてしまうのだった。
到着した礼二は、襲われた3人とも先日女性を助けた仲間と聞き「侵入者は何かを探していたのでは」と考える。
「大丈夫か」と心配する一方「爪の微物」を丁寧に採取する礼二。
翌日も「気をつけろよ」と声をかけてくれる。
自販機で使おうとして、ノンナは自分のパスケースが、絡まれていた女性のものと入れ違っていることに気づく。
残業後。
妹もハワイ旅行に出ていて心細いノンナが科捜研で夜明かしをしようとしていると、礼二が帰ってくる。
やり残したことがあるといい、ノンナは安心して眠るのだった。

伊集院都議の車の中には芳香剤ではなくローズ系の香水もこぼれていた。
住井秘書は都議の妻をかばっているのか、と推測する虎丸刑事。
しかし都議の奥さんは事故の日実家に帰っており、愛人が運転していた可能性が浮上する。
礼二とノンナは、多数のローズ系香水の鑑定することに。
ノンナは、そのうちの1本に、絡まれていた女性と同じ匂いをかぎとる!

ノンナたちが襲われたのもパスケースが理由のようだ。
パスの乗車履歴から持ち主を特定しようとするが…。
「取り返したかったのはパスケースじゃない、パスカだったんだ!」と、礼二は走り出す。
持ち主はカードをコインロッカーの認証にも使っていたらしい。
コインロッカーを特定すると、中には「加賀美商事株式会社」の封筒が入っていた!

都議と秘書を待ち構えていた、刑事と科捜研の4人。
加賀美商事の女性で、以前伊集院のうぐいす嬢をしていた人物・オオヌキタカコについて「愛人でしょあなたの」と虎丸刑事がぶつける。
愛人が車を運転していたが、途中でケンカになって、運転がおろそかになっていた。
男性を轢き、急ブレーキの瞬間、香水がこぼれる。
伊集院は動揺する愛人を叩き、彼女の携帯で住井秘書を呼び出したのだ。
愛人には運転者を示す、シートベルトのアザが残っていた。

住井は自分から望んで罪をかぶったと言い、伊集院は影で笑いをこらえ、「職員を守るため苦渋の決断をした」と抗弁する。
しかし「なぜパスカを必死に取り戻そうとしたのですか」とノンナ。
コインロッカーの封筒の中身は、大量の違法薬物が発見されていたのだ!
愛人は、車に積んであった薬物を伊集院に押し付けられ、どこかに隠すよう強要された。
公園のコインロッカーに薬を隠した後、男どもに絡まれたのだ。

「さすがに薬の件は部下に頼めなかったのか」と虎丸刑事。
ノンナの家に空き巣に入ったのは伊集院だったのだ。
伊集院の腕にはひっかき傷があり「DNA鑑定と薬物鑑定をしよう」という礼二。
救いを求める視線を送る都議に、首を横に振る秘書。
事務所の外にはマスコミが集っている。
深々と頭を下げるしかない都議だった。

「必死になってあがいているうちに、自分がどこにいるかわからなくなってしまう、理想とは程遠い場所に立っていることに気づかされる。
バカだな、本当に」
そういって、住井秘書に同情する虎丸刑事。
「彼女に理想を取り戻す機会を与えたのはあなたなんじゃないですか」とフォローする礼二だった。
照れて強がる虎丸刑事だった。

トレース~科捜研の男~第7話 感想

今回は、ノンナが自室で襲われたのはショックでしたが、事件そのものは「悪人らしい人物が本当に悪人」という感じで、落ち着いて見れる内容でした。

礼二の「想像は時間の無駄」という発言に対し、もう虎丸や他の人たちが慣れっこになっていて、腹を立てずにうまく礼二を本気にさせる方法とみなしているところが、面白かったです。
虎丸刑事、以前より怒鳴りっぱなしじゃなくなってきましたね。
最後の、住井秘書を思いやる発言は、人情が溢れている感じで味わい深かったです。

しかし、このドラマは、相変わらずBGMの使い方が強烈ですね。
都議のアザを確認するシーンでは、明らかに裏がありそうな、おどろおどろしい音楽でしたし、ノンナが自分の家で襲われている場面の音楽は本当に恐怖を誘うものでした。
礼二とノンナの深夜のシーンでは、セリフでは甘いやりとりなどは全くないのに、オルゴール風の音楽がとてもムードを出していて、良い暗示だなと思いました。
礼二は、本当に残業があったのか、ノンナを保護するために戻ってきたのか、少しは好意があるのか、どれなのか気になるところです。

今回に不満があるとすれば、礼二の家族の、過去の事件についての絡みです。
進展も新しい話題もありませんでした。
最終回まで引っ張ろうという意図がありありで、少々焦れてしまいます。
礼二の姉の妊娠問題や、壇刑事部長との絡みがどう転がっていくのか、次回には明かしてほしいです。