初めて恋をした日に読む話
ついに始まります。順子をめぐる3人の男たちの熱いバトルが!

あんなイケメンたちに奪い合いされる無自覚な順子。
罪ですね。そして羨ましい!

ということで『初めて恋をした日に読む話』第6話もネタバレあらすじ・感想をまとめていきたいと思います。

初めて恋をした日に読む話 第6話 あらすじ

泥酔し、順子(深田恭子)と山下(中村倫也)は一晩を過ごしてしまった。
一線は越えなかったが、翌朝、家の前で山下と2人でいるところを通学途中の匡平(横浜流星)に見られ順子は動揺する。
さらに、「匡平は順子のことが好きだ」と山下から聞かされパニックになり、仕事終わりの美和(安達祐実)に助けを求める。
話を聞いてもらううちに、匡平を東大に合格させることが何より大事だと再認識した順子は、匡平の気持ちは勉強のし過ぎでおかしくなっているだけだという結論を出す。
その頃匡平は、山下と顔を合わせる気分になれず学校をさぼりカフェで自習していた。
偶然雅志(永山絢斗)と遭遇した匡平は、嫌いになりそうなくらい順子が好きだと思いを吐露し、雅志を慌てさせる。

そんな中、美和の提案で順子たちの高校の同窓会を開くことになり、雅志が幹事を引き受けた。
順子以外の女子にはモテる雅志は、そんな自分を順子に見せるための姑息なアピールの場として気合を入れる。
だが、当の順子は行く気ゼロ。しかし、そこで彼氏を見つけられれば匡平の気の迷いもおさまるかもしれない、という美和の言葉に納得し、同窓会に行くことを決める。

一方で、匡平に勉強を教えていた順子は、数学の質問に即答することができず、自分の力不足を痛感していた。
順子は匡平のためを思い、ある決断をする。

初めて恋をした日に読む話 第6話 ネタバレあらすじ

順子(深田恭子)と山下(中村倫也)が一夜を明かしたところを見てしまった匡平(横浜流星)は、学校をサボりカフェへ。偶然通りかかった雅志(永山絢斗)は、これからアメリカに出張だけれど、何かあったら話を聞くからとメールアドレスを渡します。匡平は黙っていられず「あんなに長い間順子のことが好きで嫌いになったことはないのか?」と雅志に尋ねます。自分は「好きで好きで嫌いになりそうなぐらい好きだ」と。意味深な言葉に雅志の心は乱されます。

その日、塾で顔を合わせる順子と匡平。もちろんやりきれないほど気まずい空気。順子は自分がプライベートを見せすぎていたことを匡平に詫び、講師としてダメだったと反省。でも匡平はただ「早く勉強を教えろ」と。自分でいいのかと聞く順子に匡平は「おまえがいいんだ」と言って引きません。順子はこのままではダメだと、同年代のエトミカとの恋愛を進めてみたり、自分を必要以上におばさんに見せてみたりするのですが、匡平の心には全く響きません。その頃、アメリカで美和(安達祐実)からの電話をうける雅志。美和は同窓会を開けば順子もエリートで女性にモテる雅志の魅力に気がつくんじゃないかと持ち掛けます。雅志はすっかりその気に。

受験生たちにとって勝負の夏休み迎えた頃。美和から同窓会の話を持ちかけられた順子は行かないと一蹴。順子はあの日以来山下からの連絡を無視していたこともあり、何より匡平の学力が伸び悩んでいることで同窓会どころではなかったのです。しかし美和は順子にもし同窓会で彼氏ができたりすれば、匡平の為にもその方がいいんじゃないかと順子をそそのかします。(もちろん自分も潜入する気マンマン)順子は匡平の為ならとOKするのですが――。

同窓会当日。塾で匡平に数学を教えていた順子。問題が解けず居残りに。同窓会への出席をあきらめ雅志と美和の企みはあっさり不発に終わるのですが――。その後、同窓会の会場に山下が登場。美和は面白半分3人で飲みに行かない?と当事者たちを誘い出し二次会へ行くことに。しかし途中、自分の運命の出会い(相手は雅志の後輩くんです)があり、結局雅志と山下は気まずい雰囲気のままバーで2人で飲むことに。そして話題がおのずと順子のことになると、山下は高校時代から片想いの雅志の気持ちを知りつつ、今また再会した順子のことが気になっていると正直に告白。そして先日酔った勢いで順子の部屋に泊まったことまでバラしちゃうんです。さすがにそれには雅志も我慢の限界。ついに山下を殴りつけてしまうんですが、山下の方も「おまえに許可取る筋合いはねえよな?」と。さすが元ヤン。火花バチバチで、余裕の宣戦布告です。ああ怖い。しかし自分のために男2人が揉めていることなど露知らず、順子は匡平を東大に入れることで頭がいっぱいでした。

その翌日。学校で今度は山下と匡平の間でバトルが勃発。匡平は山下に結婚しているんじゃないのかと問い詰めます。山下は離婚した事実を告げ、「順子のことは遊びじゃない」と真正面から匡平に向き合います。匡平の方も真正面から受けて立ち「誰にもとられるつもりはないから。(順子は)俺んだよ」と宣言。ヤバいです。本気の男性陣カッコよすぎて本当に心臓がもたない!そしてついに雅志も動き出します。順子が務める塾へ会いに行き強引に連れ出すと、山下を部屋に止めたことを怒るんですね。しかし順子の発した「雅志にだけは知られたくなかったのに」という言葉に(実際は身内にばれると母親に知られると思っただけ)自分たちは両想いなんだと勘違いして大はしゃぎ。残念。

早く東大に受かって順子に想いを告げたい一心の匡平。順子はその気持ちを知りながら講師として葛藤。自分よりもっといい講師を探してでも、なんとか匡平を東大に入れたいと思うようになっていました。そんな時、ずっと無視していた山下くんが家の前で順子を待ち伏せ。逃げる順子を追いかけ「お前が好きだ」とついに本気の告白を。言葉に詰まる順子に「断るな」って言っちゃうあたり男らしくて素敵です。一方由利家では、珍しく父親が匡平に歩み寄り本気で東大受験するなら専任の家庭教師をつけると言います。しかし匡平は「自分にとって一番大事なのは順子と一緒に東大に合格することだと」言ってききません。だけど気持ちはすれ違い――順子は自分の講師としての力不足を認め、匡平を東大受験専門の一流塾に任せる手続きをしていました。というところで次回へ続くです!

初めて恋をした日に読む話 第6話 感想

本日、はじこいは地雷だらけです。雅志と山下くんのバトルでまず一発。次に匡平の「(順子は)俺んだよ」宣言で二発目。それから山下くんの行き過ぎなぐらい男らしい告白で三発目。私は計三発の地雷を踏みました。でも最高でした。

初めて恋をした日に読む話 各話ネタバレあらすじ・感想

初めて恋をした日に読む話(ドラマ)1話ネタバレあらすじと感想!
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)2話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)3話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)4話ネタバレあらすじと感想
初めて恋をした日に読む話(ドラマ)5話ネタバレあらすじと感想