みかづき(ドラマ)

ドラマ『みかづき』第4話の見逃し配信情報、ネタバレあらすじと感想です。

今回は第4話。残すところ1話となりました。

まずは見逃し配信、動画視聴案内からお伝えいたします。

ネタバレあらすじはページ下方にあります。
ネタバレにご注意くださいね。

みかづき(ドラマ)4話の見逃し配信・フル動画視聴案内

「見逃してしまった」「一度見たけれど何度も見たい」というあなたへ、みかづき3話を安心して視聴できる動画配信サービスをご案内しますね。

みかづき3話のフル動画はU-NEXTで視聴することができます。

U-NEXTとは

U-NEXTは、ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメなど、最新作も含めて合計14万作品を視聴できる動画配信サービスです。

料金・ポイント

基本利用料:月額1990円(税抜き)
毎月1200円分のポイントが付きます。
※無料体験期間は600ポイントプレゼント

31日間の無料体験期間あり。
無料体験期間後、解約せずに継続すると、そこから月額料金が発生します。
無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

U-NEXTは、

  • 見放題の作品
  • ポイントを使用してレンタルし視聴する作品

の2種類あります。

見放題の作品は、基本利用料1990円で好きなだけ視聴することができますが、ポイントを使用してレンタル視聴する作品は、視聴するとポイントが消費されますので注意が必要です。視聴できる期限もあります。

みかづきは見放題作品ではなく、1話視聴するためには216円(216ポイント)必要です。
無料体験期間中に600ポイント貰えるので、2話は無料で視聴することができますよ。

登録方法

登録ページへ進んだら、まず最初に次の項目を入力します。

氏名
生年月日
性別
メールアドレス
パスワード
電話番号
お住まいの地域

そして、次のページでクレジットカード情報を入力するだけで完了します。

U-NEXTは私も利用していますが、登録はとても簡単でした。

解約も画面から簡単にできますのでご安心くださいね。

U-NEXTの特徴~メリット・デメリット~

ここではU-NEXTの特徴をあげながら、おすすめポイント、イマイチポイントをお伝えします。

U-NEXTのメリット~ココがおすすめ

最新作から名作まで14万点以上

見放題90,000作品、レンタル50,000作品(ポイントで視聴)という作品数は日本最大級です。

新作ドラマや映画の配信が早くて豊富

DVD発売前の新作を含む50,000作品をレンタルすることができます。
レンタル作品を視聴するためにはポイントが必要ですが、毎月1200ポイント付与されるので、それを使えば最新作を家に居ながら手軽に視聴することができます。
最新作、新作をDVDレンタルする方におすすめです。

1アカウントで最大4人まで同時視聴可能

親アカウントに、子アカウントを3つまで追加することができ、それぞれ自由に同時刻でも視聴できます。(同じ作品を複数で視聴することはできません)
購入制限・視聴制限ができるので、お子さんが子アカウントを使用する場合も安心です。

ダウンロードしてどこでも視聴可能

U-NEXTにはダウンロード機能が付いています。
再生できる期限はありますが、ダウンロードしてスマホやタブレットなどの端末に保存できるので、通信料の節約にもなります。
※パソコンではダウンロード機能は使用できません

U-NEXTのデメリット~ココがいまいち

他社動画配信サービスに比べて月額料金が高い

Hulu…月額933円(税別)、dTV…月額500円(税別)、FOD…888円(税抜き)
このように、他社の動画配信サービスに比べてU-NEXTは月額料金1990円(税別)と高いですが、新作ドラマや映画の配信数が多く、配信スピードが大変早いのが特徴です。

単純に料金のみで判断すれば他社に比べて高いです。
しかし他社動画配信サービスでは見ることのできない作品を多数視聴可能ですので、「作品数が多い動画配信サービスを使いたい!」「最新作を手軽に見たい!」という方にはピッタリのサービスと言えるでしょう。

・最新作をレンタル視聴できるポイント分1200円
・見放題分の料金790円
と考えれば、他社に比べて高くても納得できるのではないでしょうか。

レンタルショップで最新作を良く借りる、という方にはオススメです。

新作はポイントを利用して視聴するタイプのものが多いですが、毎月1200ポイント付いてくるため、気軽に新作を視聴することができます。

レンタル作品を視聴するポイントが足りない場合、追加課金が必要

月額固定料金のみで追加料金なしの動画配信サービスもありますが、U-NEXTはポイント消費が必要な作品を視聴したい場合、追加課金が必要となる場合があります(ポイントが足りない場合)
ですが基本料金内についてくる1200ポイント以上使わなければ、もちろん追加課金は一切必要ありません。



以上、U-NEXTのメリット、デメリットをまとめました。

私も現在、U-NEXTを利用しています。

映画やドラマを見るのが大好きなので、U-NEXTだけでなくHuluも利用しています。

U-NEXTは何といっても作品数が多く新作も豊富なのが嬉しいですし、Huluは月額固定で追加料金一切なしなので安心して見まくれるのが嬉しいですね。

料金のみですとHuluのほうが安いので『みかづき』をHuluで配信していれば良いのですが、現在は残念ながらHuluで『みかづき』を視聴することはできません。

『みかづき(ドラマ)2話』視聴はU-NEXTをご利用くださいね。

U-NEXTで視聴できる作品は?

U-NEXTには見放題作品、レンタル作品(ポイント使用で視聴)の2種類があります。
それぞれどのような作品が視聴できるかお伝えしますね。

見放題作品

月額1990円(税別)で見放題の作品です。
追加料金は一切かかりません。

国内ドラマ

人生が楽しくなる幸せの法則、ゆうべはお楽しみでしたね、家売るオンナ、おっさんずラブ、ダメな私に恋してください、恋がヘタでも生きてます、私結婚できないんじゃなくてしないんです、ガリレオ、黒革の手帳、ラストシンデレラ、トリック、結婚できない男、コウノドリ、ダブルフェイス、JIN-仁-
など多数

海外ドラマ

ウォーキングデッド、プリズンブレイク、24、アグリーベティ、ゴシップガール、スーツ、ヴァンパイアダイアリーズ、ブラインドスポット、エレメンタリー、Xファイル、スーパーナチュラル、ハンニバル、ボーンズ、ホワイトカラー、ストレイン、グリム、コールドケース
など多数

映画(洋画)

ラ・ラ・ランド、レ・ミゼラブル、アバター、タイタニック、バイオハザード、トランスフォーマー、トワイライト、デイアフタートゥモロー、天使と悪魔、ライフオブパイ、X-MEN、ショーシャンクの空に、レオン、きみに読む物語、バトルシップ、羊たちの沈黙、ブラックスワン、ターミネーター
など多数

映画(邦画)

斉木楠雄のψ難、東京喰種トーキョーグール、兄に愛されすぎて困ってます、クローズZERO、君と100回目の恋、溺れるナイフ、悪の教典、アイアムヒーロー、カイジ、モテキ、植物図鑑、告白、バクマン。、探偵はBARにいる、ジェネラルルージュの凱旋、殿利息でござる、いま会いにゆきます
など多数

レンタル作品

月額1990円(税別)で毎月1200ポイントもらえます。
そのポイントを使用し、視聴することができる作品です。
最新作、新作の作品は主にポイントを使用しての視聴となります。
ポイントを使用すればずっと視聴できるのではなく、数日間の期限があります。

国内ドラマ

まんぷく、いだてん、メゾン・ド・ポリス、刑事ゼロ、ハケン占い師アタル、僕の初恋をキミに捧ぐ、後妻業、フルーツ宅配便、さくらの親子丼2、私のおじさん、半分、青い。、大恋愛~僕を忘れるきみと~、あさが来た、西郷どん、下町ロケット、今日から俺は!、アンナチュラル
など多数

海外ドラマ

グレイズアナトミー、シャーロック、デスパレートな妻たち、マジシャンズ、アウトキャスト、クリミナルマインド、キャッスル、ゴッサム、スリーピーホロウ、スキャンダル、アロー、エクソシスト
など多数

映画(洋画)

プーと大人になった僕、マンマ・ミーア、15時17分パリ行き、マイナス21℃、クワイエット・プレイス、グレイテスト・ショーマン、アンブレイカブル、バイオハザードザファイナル、パイレーツオブカリビアン最後の海賊、マイティーソー、ジャングルブック、ギフテッド、インクレディブルファミリー、リメンバーミー、ボスベイビー
など多数

映画(邦画)

銀魂2、カメラを止めるな!、50回目のファーストキス、恋は雨上がりのように、ブリーチ、青夏、去年の冬きみと別れ、いぬやしき、亜人、あさひなぐ、となりの怪物くん、曇天に笑う、ママレードボーイ、不能犯、トリガール、ジョジョの奇妙な冒険、ぼくは明日昨日のきみとデートする
など多数

U-NEXTの作品数は動画配信サービス日本最大級

U-NEXTには見放題、レンタル合わせて14万作品を視聴することができます。

覗いてみると分かるのですが、他社の動画配信サービスに比べて新作がとても多く、見たい作品を決めていても目移りしてしまうほどです。

無料期間だけ…と思って登録した私が、解約せずに続けている理由は、やはりその作品数の多さと、レンタルショップへ行かずに新作を視聴できる便利さと言えます。

見逃してしまった『みかづき』を無料お試しの範囲で視聴するだけでも十分楽しめますが、他にもたくさんの作品が揃っているので、ぜひ堪能してください。

みかづき(ドラマ)4話 あらすじ

吾郎(高橋一生)が去った後、千明(永作博美)は津田沼に自社ビルを建設。生き残り競争が激化する中、千葉進塾は発展を続ける。だが家庭では次女の蘭(大政絢)が千明の経営に異を唱え、三女の菜々美(桜井日奈子)は塾通いも進学も拒否するなど、反抗的な態度で千明を悩ませていた。さらにストライキを起こした古参教員・小笠原(阿南健治)から、「今の千葉進塾には吾郎が描いた理想はない」と言われた千明は、孤立感を深める。

みかづき(ドラマ)4話 ネタバレあらすじ

大島吾郎(高橋一生)と蕗子が出ていって3年後。
千葉進塾は自社ビルを建て、立派な進学塾として順風満帆に見える。
日々ビルを見上げ、辺りを見回すクセのある千明(永作博美)。
津田沼戦争の暴力沙汰を心配していると思われている。
しかし、本当は吾郎の姿を探しているのだった。
口では「大島吾郎は戻ってきません、当塾とはもう無関係」は言っていたが…。

大島家は寂しい状態だ。
お寿司を仏壇にお供えし「大学をちゃんと卒業してって蘭に言ってる」と千明。
「それより手作りのご飯を」と次女の蘭(大政絢)。
しかし、ご飯も炊いたことがない千明には無理な話だ。
三女の菜々美(桜井日奈子)は帰りが遅い。
「勉強は嫌い、高校には行かない!」と、千明を困らせているのだった。

千葉進塾にも次々問題が起きる。
「千葉進塾に通う塾生及び保護者諸君に告ぐ!」との中傷ビラが駅前で配られたり。
ベテランの小笠原講師を中心に、ストライキが起きたり。
苦労している千明を、事務局長の国分寺(六角精児)とともに助けてくれるのは、蘭だ。
蘭はビラがほかの塾にも同じ筆跡で配られているのを調べ、デマだとわかってもらえる!と説明会を企画。
小笠原達には「辞めてもらって構わなけれど、今後3年は就業規則の縛りがあります」と言う。
今なら授業に戻ってくれればこの件は忘れるという話に、小笠原以外はボイコットを解除。
「新たな城を築こう」という小笠原に従うものはいなかった。
「大島吾郎にほれ込んだからやってきた、今のあなたは、かつて批判した文部省と同じことをやっている!」
そう言いおいて去っていく小笠原。

それを聞いて、塾の授業について行けない子供、ぼーっと授業を聞いている子供を心配し始める千明。

さらに千明にとってショックなことに、長年一緒に頑張ってきた勝見先生(勝矢)までが辞意を申し出る。
「あのころの夢、かなえさせてもらいました、ありがとうございました」と勝見。
あえて引き留めない、千明だった。
勝見と国分寺は、千明と吾郎のことを心配する。
「理想の夫婦だったんだけどなあ」
「正式に離婚していない」
「無関係と言っていた」
「誰よりもこの自社ビルを吾郎先生に見てもらいたい…と思ってんじゃないかなあ」という勝見。
国分寺は千明が自社ビルを見上げ、キョロキョロしている姿を思い出すのだった。

1人残業している千明。
様々なことを思い出し、泣きじゃくってしまう。
頼子「人生は生きる価値があると自分の人生をもって教える」
吾郎「忘れたのか、こぼれおちてしまう子供を救いたい」
小笠原「落ちこぼれたものは切り捨て」
菜々美「気持ち悪い!」
吾郎「2割の生徒を見捨てることはしたくない」
「大丈夫、私はひとりでもやっていける」そう母に言ったのは自分自身だ。。

暗い中、自社ビルを見上げていると。
「塾長?」の声と下駄の音。
吾郎だ!

頬をぺたぺた触ってみる千明。
勝見・国分寺と食事してきたという話に、信じられない様子だ。
「どこに行ってたの何年も?フカヒレ?勝見先生と?」
「国分寺先生はお代わりしていたよ」
「どういうこと?!」

勝見先生とたまに連絡だけはとっていた。
国分寺先生が教えてくれたんだ、キョロキョロしているのは僕の姿を探しているのではないかと。
会いたいに違いないって。
そう語る吾郎。

違うわ!と否定しつつも嬉しさを隠せず、泣いてしまう千明。
「1人で大変だったね」と吾郎。
「勘違いしないで!」と強がる千明だった。

大島家に笑顔が戻ってきた。
吾郎が持ち帰った南米の音楽が流れる。
千明は頑張って初めての手料理を用意する。
ヒドイ出来栄えもご愛敬だ。
「今いるところで楽しめないようじゃ、どこに行っても楽しめないからなぁ」
そういう吾郎に励まされて、高校に進学する、勉強も頑張る、と菜々美。

千葉進塾に戻った吾郎。
千明は「用務員室」のことを吾郎に相談する。
自信を無くしている子供を見のための用務員室。
塾から零れ落ちた子供たちを救う補習教室を無料で開こうというのだ。
若いころの気持ちがよみがえる千明と吾郎だった。

千明が蕗子を尋ねるのはさらに数年後。
息子をのせて自転車で走る蕗子。
離婚して一郎と2人、苦労しているようだ。

お父さんが千葉進塾に戻ってきたのは知っているでしょう
蘭も大学を卒業して
菜々美はカナダに留学して自由を満喫している。
あなたの力を貸してほしくて来たの

「何を?」といぶかしむ蕗子。

「文部省に縛られない、私立の学校を設立したいの!」
驚く蕗子だった!

みかづき(ドラマ)4話 感想

吾郎が帰ってきましたね!
不在時の千明の孤軍奮闘がもっと続くのかと、吾郎ロスを少し心配していたのですが、早々に連れ戻してくれたドラマ展開に感謝です!
千明が“フカヒレ”とか“きょろきょろ”とか、些細なことにこだわって、動揺を抑えている演技が、すごく素敵でした。
でもどれだけ突っ張っていても「ひとりで大変だったね」なんてやさしく言われたら、たとえ謝罪はされなくても、許しちゃいますね!
3年間留守にしていた吾郎を、普通に受け入れている蘭や菜々美にもビックリでした。
家庭の温かさを待ち望んでいたのか、吾郎がそれだけ魅力的な父なのか。
どちらも正解なのでしょうね。
せっかくなのだから、誰かがすぐに、長女の蕗子に伝えてくれていればなぁと思いました。
5人の食卓でも良かったのにな、と少しだけ残念です。
学校を作ろうという話になっていましたが、次回はその前に「用務員室」がにぎわっているところが見たいなぁと思います!

しかし全然進まない現代パート。
テンションの低い友人君たち、グッジョブでした!
阿里は一郎にとって、すごく必要な人材のようですね。
一郎の企画を最終回に全部取っておくなんて、どういう展開になるのか、ちょっと心配です。
あまり詰め込みすぎという感じではなく、進行してくれるといいな、と思っています。

みかづき(ドラマ)各話ネタバレあらすじ・感想

みかづき(ドラマ)ネタバレあらすじと感想!千明と吾郎のラブストーリー始動!
みかづき(ドラマ)2話 見逃し動画視聴案内とネタバレあらすじ、感想
みかづき(ドラマ)3話 見逃し動画視聴案内とネタバレあらすじ、感想