スキャンダル専門弁護士 QUEEN

毎回時事問題の絡んだ面白い展開を見せている『スキャンダル専門弁護士QUEEN』。

今回は大物女流作家と謎のイケメン秘書のアヤシイ関係が描かれていますが、全然俗っぽいものではなく、とっても奥深いストーリーでいつもながら見事な流れでした。

それでは『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第6話、さっそくネタバレあらすじ・感想をまとめてみました。

まずは動画視聴案内からお伝えしていきますね。
ネタバレあらすじはページ下方へスクロールお願いいたします!

【動画視聴】
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』を見逃してしまった、もう一度見たい、という時には、動画視聴サービスが便利です。
スキャンダル専門弁護士QUEENのフル動画はFODで視聴することができますよ。

1か月間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第6話見逃し配信フル動画

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第6話の無料動画視聴方法、見逃し配信情報をお伝えします。

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第6話を視聴するならFODプレミアムが便利です。

FODでは放送後から1週間は無料で視聴することができますよ。



FODプレミアムは、月額料金888円(税抜)ですが、31日間の無料お試し期間があります。

スキャンダル専門弁護士QUEENは、登録なしでも無料視聴できます。

登録すれば、31日間の無料お試し期間を利用できますので、過去放送分も思う存分視聴することができますよ。

パソコンからは、FODプレミアムのホームページ右上の検索窓へ
スマホからは、ページ上部の検索窓へ

『スキャンダル専門弁護士』と入力、検索してみてください。

スキャンダル専門弁護士QUEENの他にもたくさんの作品が揃っているので、チェックしてみてください。

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)とは

動画配信サービスFODプレミアム(フジテレビオンデマンド)の入会・登録方法、解約方法まで詳しくご紹介します。

FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)は、月額888円(税抜)でドラマや映画、アニメなどが見放題の動画配信サービスです。

FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアムの料金

基本利用料:月額888円(税抜)

31日間の無料体験期間あり。

無料体験期間後、解約せずに継続すると、そこから月額料金が発生します。
無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

月額888円(税抜)で

登録方法

FODプレミアム
『Amazon payで今すぐ無料おためし』をクリックします。

アマゾンアカウントをお持ちの方は、以下の画面にメールアドレスとパスワードを入力します。
FODプレミアム

アマゾンアカウントをお持ちでない方は『Amazonアカウントを作成します』から次のページへ
FODプレミアム

氏名
フリガナ
Eメールアドレス(ログインID)
パスワード

以上をすべて入力し、『アカウント作成』をクリックしてください。

FODプレミアムについての詳細が記載されていますので、確認して『次のページへ進む』をクリックしてください。
FODプレミアム

次のページで、いつもAmazonを利用する際に使用しているクレジット情報が表示されますので確認します。
『お支払いにAmazon payを利用する』にチェックを入れ、『購入確定』をクリックします。
FODプレミアム

解約方法

トップページの

『マイメニュー』から

『月額コースの確認・解約』

『この月額コースを解約する』

本当に解約してよろしいですか?と表示されるので『解約する』

以上で解約することができます。

支払方法

支払方法は、Amazonアカウントで登録した場合は、Amazon Payによるクレジットカード決済です。

Amazonアカウントで登録した場合のみ、無料お試し期間があります。
他の登録方法では無料お試し期間がありませんのでご注意くださいね。

Amazonアカウント以外の登録方法による支払い方法

  • フジテレビID…クレジットカード決済
  • Yahoo!JAPAN ID…クレジットカード決済
  • 楽天ID…クレジットカード決済、楽天スーパーポイント
  • ドコモ、au、ソフトバンク…各キャリア決済
  • iTunes Store…クレジットカード決済、デビットカード決済、キャリア決済

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第6話あらすじ

鈴木法律事務所に新たに持ち込まれた危機管理の仕事は、大物小説家のパワハラ疑惑。
氷見江(竹内結子)、与田知恵(水川あさみ)と鈴木太郎(バカリズム)は、依頼主である浮田千代子(真野響子)に会いに行く。

氷見たちを迎えたのは千代子の秘書、若月礼二(杉野遥亮)。礼二以外の秘書たちはパワハラを訴えて辞めてしまっていた。
礼二は千代子が秘書たちに厳しく当たるようになったのはここ最近で、本当は週刊誌で糾弾されるような人物ではなく、優しく穏やかな人だと擁護。

そして千代子と対面する氷見たち。浮田はちゅうちょなく、あっさりと週刊誌の記事は事実だと認め、その上で、ベストセラー作家のスキャンダルということで盛り上がる蜂の巣をつついたような周囲の騒ぎをおさめて欲しいと氷見たちに要請をする。
真っ白な衣装に身を包み、終始、豪放磊落な浮田は、礼二の給仕で千氷見たちと食事をしながら、礼二の中に秘められた小説家としての可能性を認め、もしも自分が亡くなったら遺産は礼二のような若い才能に使いたいと、氷見たちにこぼす。

氷見たちは過去の仕事で縁ができたミナトテレビの部長を訪ね、礼二にフォーカスをあてた番組を提案。
放送後、世論は見事に“スピン”され、騒動は収束しそうな気配を見せる中、礼二が不穏な動きをしていることを氷見が察知し…

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第6話ネタバレあらすじ

ようやく念願のハワイ旅行から帰った与田(水川あさみ)。みんなにお土産を渡して浮かれているところに、鈴木副所長(バカリズム)が本日の依頼をもっての登場です。今回の依頼人は大物女流作家の浮田千代子(真野響子)。元秘書たちにパワハラで訴えらるかもしれないと。さっそく鈴木は氷見(竹内結子)たちを伴って浮田家を訪問します。迎え入れてくれたのは浮田と孫ほども年の離れたイケメン秘書の若月礼二(杉野遥亮)。浮田のもとに残った秘書は目下彼だけ。礼二は浮田はもともと週刊誌に書かれているような乱暴な人ではないと、秘書たちに当たるようになったのはここ2、3か月の間のことだと話します。当の浮田はあっさりとパワハラの事実を認めます。しかし絶対に元秘書たちに謝罪はしないと言い、どこまでも自由奔放な態度で、危機管理は氷見たちに任せるとして、豪華な食事を振舞います。浮田は目に見えて礼二を可愛がっていました。彼には小説家としての才能があると。挙句自分の遺産は礼二のような才能のある若者に残したいと、遺書まで書いたと言うのです。

事務所に戻った氷見たちは、テレビ局のツテを使って『イケメン秘書・若月礼二』の特集を組んで放送してもらうことにします。氷見は元秘書たちは浮田に特別目をかけられている礼二への嫉妬から、パワハラを告発したのだという線で問題を処理したかったのです。思惑通りイケメン秘書の存在で世間の目は浮田のパワハラ問題からそれたかに思えましたが。この若月礼二という男――。過去について何も語りたがらないだけあり、随分ワケありな様子。氷見たちはこの際、礼二の裏の顔を暴こうと調査を続けます。

礼二の出入りするナイトクラブに潜入した与田は週刊文新の東堂(泉里香)と出くわします。礼二はそこで晴海出版の編集長と裏取引し、浮田と不当な契約をさせようと目論んでいました。与田は後日晴海出版へ出向き、礼二と裏取引していた女性編集長と対峙します。浮田の弁護士だというと、編集長は礼二はもともと自分がホストクラブからスカウトして雇った男であること、しかし今では浮田の財産や作家デビューのコネまで狙っているとんだ食わせ者の野心家だと語ります。時を同じくして東堂が先日のクラブでの一件を報道。氷見は礼二を事務所に呼び出すと、言葉巧みに彼を挑発しメディアに出て真実を公表しろと、さもなければ訴訟を起こすことになると。有無を言わせず記者会見を開かせるのです。

会見後はもちろん老齢の孤独な女流作家につけこんだ酷い男だと、メディアも世間も一斉に礼二を叩き始めます。礼二は浮田の家を出、代わりに元秘書たちが浮田のもとへ戻ってきます。しかし氷見はこのタイミングで戻った元秘書たちが、資産管理をよその弁護士事務所に任せたことから、パワハラ訴訟の件も含めて彼女たちこそ浮田の財産狙いに違いないと見抜きます。そんな矢先、末期癌を隠していた浮田千代子は帰らぬ人に――。

氷見は浮田家を再訪し、元秘書たちと対面。我が物顔で浮田の遺産管理を取り仕切る秘書たちに、浮田の本当の願いは別のところにあるはずだと反論。そこへ藤枝(中川大志)が礼二を連れてやって来ます。礼二は浮田の遺書の在り処を知っていました。遺書には残された遺産はすべて、若手作家を育成する団体に残すと記してあり元秘書たちの目論見は外れます。

氷見は礼二に浮田との話を今すぐ書くべきだと勧めます。浮田が生前礼二の才能を認めていたのは事実で、氷見には、礼二が自分を騙して傍にいることも分かっていると話していたというのです。それでも浮田は最期の時を刺激的に生きられるのは礼二のおかげだと、彼の野心を高く買っていました。そう、浮田が氷見に危機管理を任せた本当の理由は、人生の最期をかけて、礼二を本物の作家に育てるためでした。礼二もまた本音では浮田の事を尊敬していたと氷見に語ります。本性をさらし世間で叩かれたことによって礼二は強く成長し、そうして浮田の希望通り、本物の作家として華々しいスタートを切ったのです。

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第6話感想

今回も氷見さん素晴らしい活躍っぷり。作家と秘書の関係も、人間の欲の裏に描かれた本性が見え隠れするストーリーですごく良かったです。来週はブラック企業のマタハラを取り上げるみたいですね。これまた楽しみです!

スキャンダル専門弁護士QUEENのフル動画案内

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』をフルで視聴できるのはFODです。

動画配信サービスはいつでもどこでも好きな時にドラマやその他多くの映画などを見ることができるので、とても便利ですよ。

1か月間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

FODプレミアム