初めて恋をした日に読む話
ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第4話のあらすじ、ネタバレ、感想をまとめました。

今週の『はじこい』はヤバいです。本当にヤバいです。

リア充でないと精神崩壊を招きかねないドキドキな展開で、見ながらひとりでニヤニヤを抑えるの必死でした。

ついに出た、現役高校生由利匡平の脅威の恋愛破壊力。

それにはさすがの鈍感女子順子も陥落か……?!

というわけで、そんなドキドキな展開の『初めて恋をした日に読む話』第4話、さっそくネタバレあらすじ・感想をまとめてみました。

初めて恋をした日に読む話 第4話 あらすじ

今までの自分を振り払うように、順子(深田恭子)を抱きしめ告白する雅志(永山絢斗)。しかし超鈍感な順子はそれが告白だと気がつかない。だが、その現場を目撃してしまった匡平(横浜流星)は、雅志も順子のことが好きなのだと知り複雑な心境に・・・。匡平はそのことを振り払うように一層勉強に励む。

時は流れ、2018年4月。匡平は高校3年生の春を迎えた。

山下(中村倫也)から匡平の学校での成績が驚くほど良くなったことと匡平の家庭環境のことを聞き、順子は今まで以上に匡平を気にかけるように。一方で匡平は、順子からいつまでも子ども扱いをされることにイライラを隠しきれずにいた。

GWに入り、三泊四日で塾の強化合宿が行われることに。合宿初日、偶然にも近所にある会社の保養所に研修で来た、と雅志が合宿所に顔を出す。二人の親し気な様子に嫉妬する匡平は、順子に冷たい態度をとってしまう。

その夜、食事の時間になっても現れない匡平がロッジでたばこを吸っていたと目撃情報が…! 慌ててロッジへ駆け出す順子だったが、雨上がりのぬかるんだ山道で転んでしまい…。

初めて恋をした日に読む話 第4話 ネタバレあらすじ

先週の続き。
雅志(永山絢斗)の必死の告白を冗談だと受け取ったさすが天然鈍感女子の順子(深田恭子)。しかしその場をばっちり見てしまった由利匡平(横浜流星)はすぐ雅志の気持ちに気が付きます。
いや普通気づくよな?99%の人間は気づくよな?と――傷心の雅志はまたもや美和(安達祐実)に相談するのですが。
美和は「順子は自分がだれかに好かれるわけないと思い込んでいる。心のシャッターが閉じたままなんだ」と力説。
しかし順子の心のシャッターを上げるのはもしかしたら匡平かもしれないなんて。
かわいそうな雅志を前に男子高校生との恋愛の魅力を語ります。

そして時は過ぎ2018年1月――落ちこぼれていた匡平は無事高校2年までの勉強の範囲を習得。
しかし時の流れと同時に順子のことをもっともっと好きになっていました。
そんな頃順子は匡平の担任で元同級生の山下(中村倫也)と電話を。
山下は匡平の成績がメキメキ上がっていることで順子を褒め、その流れで話題は匡平の家庭の話へ。
匡平の母親は匡平が中学生の時に亡くなっており、それから家庭でいつも独りぼっちだったと聞かされます。
話を聞いてしまった順子はここであろうことかここで母性に目覚めてしまうんですね。
その頃ちょうど塾の合宿が行われることに。
母性に目覚めた順子は何かと匡平の世話を焼きたがりまるで母親のように接します。
しかしただでさえ子ども扱いされたくない匡平の機嫌を損ねてしまうことに。
順子は山下に相談しますが山下は順子の鈍さを知っているだけあり、それが本当に母性からくる愛情か疑います。
そして「順子は初恋の人だから幸せになってほしいんだ」と意味深に順子の頭を撫でるのです。
2人の関係もいい感じでドキドキ。

さて、そこまで色々ありつついよいよ3泊4日の合宿の始まり。
まず事件が起こります。
女子生徒に嘘の告白をしてからかっていた男たち(秀才組)とエトミカが揉めたことから、止めに入った匡平が男たちに逆恨みされるんです。
合宿の間中、彼らは不良で成績も下の匡平を見下した態度を取り続けます。
順子は匡平を庇うのですが彼らの気持ちは変わらず……。
そんな時匡平の元へ美和から謎のテレビ電話が。
驚く匡平に美和はこの間の話――32歳に高校生が好きになったら迷惑かって話――迷惑ではないが18歳になるまで待つようにと匡平を説得します。
大事な親友に法を犯させるわけにはいきませんからね。
一方、順子と匡平が合宿に出かけたことが気が気でならない雅志は、偶然を装って近くの保養所に来てるんだと順子の前に現れます。
匡平の目の前で薄着の順子に上着を着せたり、温泉に誘ってみたり。
今度は匡平くんが気が気ではありません。
そんなことに何にも気づいてない順子!
本当に罪な女。可愛いから許すけど。

で合宿の途中。
匡平に絡んでいた秀才組の男たちが「匡平が裏山のロッジで煙草を吸っていた」と塾長たちに嘘の報告をするんです。
慌てて裏庭を見に行く順子。
と――現れた匡平をクマと間違え持病の腰を痛めてしまいます。
そして2人はロッジへ――。
あたりはすっかり暗くなり、匡平は雅志に会いに行っていたのだと告げます。
順子は雅志に勉強を教えてほしかったんだと思いますが、実際のとこ匡平は雅志の順子に対する気持ちを確かめに行っていたんですね。
こうなるともう、匡平の気持ちも収まりがつきません。
まず順子が雅志の上着を着ているのが気に入らない。
自分の上着を脱いで無理やり順子に着せようと。
そしてとどめの――「先生、俺にもご褒美下さい」なんて萌え台詞を吐きながら順子にもたれかかるんです。
順子はどうしていいか分からず(母性の残りで)頭をよしよししてみるのですが、匡平の方が一枚上手。
匡平は順子の腰を抱き「来年の2月3日――18になるから忘れないで」と宣戦布告のような告白を!
それからは合宿中ずっと順子に対して彼氏のように振る舞い順子を混乱させます。
鬼のように鈍感だった順子もついに、ついにこれが恋だと気づいたのか。
でもさすがそのへんはちゃんとしてるので、万が一間違いが起きたら担任ではいられなくなるからダメだと。
合格するとき、絶対隣にいたいからと匡平に告げ自制の念を強めるのです。
最後は2人同時にインフルに倒れてしまう順子と匡平ですが、二人の仲はだいぶ深まったみたい。
どうする雅志?
それから離婚寸前の山下くんは?
という感じで来週へ続く!

初めて恋をした日に読む話 第4話 感想

凄かったですね。
第4話。
萌え萌えです。
久しぶりにドラマ見て赤面しちゃいました。
由利匡平おそるべし。横浜流星くんおそるべし破壊力です。
深キョンのブルゾンちえみも可愛くてよかったですね。
で、来週は山下くんがドキドキさせてくれそうです!中村倫也の破壊力も半端なさそう!!
うー楽しみすぎるぞ、このドラマ。