メゾン・ド・ポリス

毎回個性豊かなおじさんたちの活躍が楽しみな『メゾン・ド・ポリス』第4話です。

今日はおじさんたちの中でもごりごり刑事肌の迫田さんがドラマの中心でしたね。

そんな『メゾン・ド・ポリス』第4話もネタバレあらすじ・感想をまとめてみました。

メゾンドポリス第4話の見逃し配信・フル動画視聴方法

メゾンドポリス第4話のフル動画はU-NEXTで視聴することができます。

U-NEXTとは

U-NEXTは、ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメなど、最新作も含めて合計14万作品を視聴できる動画配信サービスです。

料金・ポイント

基本利用料:月額1990円(税抜き)
毎月1200円分のポイントが付きます。
※無料体験期間は600ポイントプレゼント

31日間の無料体験期間あり。
無料体験期間後、解約せずに継続すると、そこから月額料金が発生します。
無料体験期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

U-NEXTは、

  • 見放題の作品
  • ポイントを使用してレンタルし視聴する作品

の2種類あります。

見放題の作品は、基本利用料1990円で好きなだけ視聴することができますが、ポイントを使用してレンタル視聴する作品は、視聴するとポイントが消費されますので注意が必要です。視聴できる期限もあります。

『メゾンドポリス』は見放題作品ではなく、1話視聴するためには324円(324ポイント)必要です。

無料体験期間中に600ポイント貰えるので、1話視聴することができます。

1話だけ見逃してしまった!という場合は、もらえるポイント内で無料で視聴することができますよ(^-^)

登録方法

登録ページへ進んだら、まず最初に次の項目を入力します。

氏名
生年月日
性別
メールアドレス
パスワード
電話番号
お住まいの地域

そして、次のページでクレジットカード情報を入力するだけで完了します。

U-NEXTは私も利用していますが、登録はとても簡単でした。

解約も画面から簡単にできますのでご安心くださいね。

U-NEXTの特徴~メリット・デメリット~

ここではU-NEXTの特徴をあげながら、おすすめポイント、イマイチポイントをお伝えします。

U-NEXTのメリット~ココがおすすめ

最新作から名作まで14万点以上

見放題90,000作品、レンタル50,000作品(ポイントで視聴)という作品数は日本最大級です。

新作ドラマや映画の配信が早くて豊富

DVD発売前の新作を含む50,000作品をレンタルすることができます。
レンタル作品を視聴するためにはポイントが必要ですが、毎月1200ポイント付与されるので、それを使えば最新作を家に居ながら手軽に視聴することができます。
最新作、新作をDVDレンタルする方におすすめです。

1アカウントで最大4人まで同時視聴可能

親アカウントに、子アカウントを3つまで追加することができ、それぞれ自由に同時刻でも視聴できます。(同じ作品を複数で視聴することはできません)
購入制限・視聴制限ができるので、お子さんが子アカウントを使用する場合も安心です。

ダウンロードしてどこでも視聴可能

U-NEXTにはダウンロード機能が付いています。
再生できる期限はありますが、ダウンロードしてスマホやタブレットなどの端末に保存できるので、通信料の節約にもなります。
※パソコンではダウンロード機能は使用できません

U-NEXTのデメリット~ココがいまいち

他社動画配信サービスに比べて月額料金が高い

Hulu…月額933円(税別)、dTV…月額500円(税別)、FOD…888円(税抜き)
このように、他社の動画配信サービスに比べてU-NEXTは月額料金1990円(税別)と高いですが、新作ドラマや映画の配信数が多く、配信スピードが大変早いのが特徴です。

単純に料金のみで判断すれば他社に比べて高いです。
しかし他社動画配信サービスでは見ることのできない作品を多数視聴可能ですので、「作品数が多い動画配信サービスを使いたい!」「最新作を手軽に見たい!」という方にはピッタリのサービスと言えるでしょう。

・最新作をレンタル視聴できるポイント分1200円
・見放題分の料金790円
と考えれば、他社に比べて高くても納得できるのではないでしょうか。

レンタルショップで最新作を良く借りる、という方にはオススメです。

新作はポイントを利用して視聴するタイプのものが多いですが、毎月1200ポイント付いてくるため、気軽に新作を視聴することができます。

レンタル作品を視聴するポイントが足りない場合、追加課金が必要

月額固定料金のみで追加料金なしの動画配信サービスもありますが、U-NEXTはポイント消費が必要な作品を視聴したい場合、追加課金が必要となる場合があります(ポイントが足りない場合)
ですが基本料金内についてくる1200ポイント以上使わなければ、もちろん追加課金は一切必要ありません。



以上、U-NEXTのメリット、デメリットをまとめました。

私も現在、U-NEXTを利用しています。

映画やドラマを見るのが大好きなので、U-NEXTだけでなくHuluも利用しています。

U-NEXTは何といっても作品数が多く新作も豊富なのが嬉しいですし、Huluは月額固定で追加料金一切なしなので安心して見まくれるのが嬉しいですね。

料金のみですとHuluのほうが安いので『メゾンドポリス』をHuluで配信していれば良いのですが、現在は残念ながらHuluで『メゾンドポリス』を視聴することはできません。

『メゾンドポリス第4話』視聴はU-NEXTをご利用くださいね。

U-NEXTで視聴できる作品は?

U-NEXTには見放題作品、レンタル作品(ポイント使用で視聴)の2種類があります。
それぞれどのような作品が視聴できるかお伝えしますね。

見放題作品

月額1990円(税別)で見放題の作品です。
追加料金は一切かかりません。

国内ドラマ

人生が楽しくなる幸せの法則、ゆうべはお楽しみでしたね、家売るオンナ、おっさんずラブ、ダメな私に恋してください、恋がヘタでも生きてます、私結婚できないんじゃなくてしないんです、ガリレオ、黒革の手帳、ラストシンデレラ、トリック、結婚できない男、コウノドリ、ダブルフェイス、JIN-仁-
など多数

海外ドラマ

ウォーキングデッド、プリズンブレイク、24、アグリーベティ、ゴシップガール、スーツ、ヴァンパイアダイアリーズ、ブラインドスポット、エレメンタリー、Xファイル、スーパーナチュラル、ハンニバル、ボーンズ、ホワイトカラー、ストレイン、グリム、コールドケース
など多数

映画(洋画)

ラ・ラ・ランド、レ・ミゼラブル、アバター、タイタニック、バイオハザード、トランスフォーマー、トワイライト、デイアフタートゥモロー、天使と悪魔、ライフオブパイ、X-MEN、ショーシャンクの空に、レオン、きみに読む物語、バトルシップ、羊たちの沈黙、ブラックスワン、ターミネーター
など多数

映画(邦画)

斉木楠雄のψ難、東京喰種トーキョーグール、兄に愛されすぎて困ってます、クローズZERO、君と100回目の恋、溺れるナイフ、悪の教典、アイアムヒーロー、カイジ、モテキ、植物図鑑、告白、バクマン。、探偵はBARにいる、ジェネラルルージュの凱旋、殿利息でござる、いま会いにゆきます
など多数

レンタル作品

月額1990円(税別)で毎月1200ポイントもらえます。
そのポイントを使用し、視聴することができる作品です。
最新作、新作の作品は主にポイントを使用しての視聴となります。
ポイントを使用すればずっと視聴できるのではなく、数日間の期限があります。

国内ドラマ

まんぷく、いだてん、メゾン・ド・ポリス、刑事ゼロ、ハケン占い師アタル、僕の初恋をキミに捧ぐ、後妻業、フルーツ宅配便、さくらの親子丼2、私のおじさん、半分、青い。、大恋愛~僕を忘れるきみと~、あさが来た、西郷どん、下町ロケット、今日から俺は!、アンナチュラル
など多数

海外ドラマ

グレイズアナトミー、シャーロック、デスパレートな妻たち、マジシャンズ、アウトキャスト、クリミナルマインド、キャッスル、ゴッサム、スリーピーホロウ、スキャンダル、アロー、エクソシスト
など多数

映画(洋画)

プーと大人になった僕、マンマ・ミーア、15時17分パリ行き、マイナス21℃、クワイエット・プレイス、グレイテスト・ショーマン、アンブレイカブル、バイオハザードザファイナル、パイレーツオブカリビアン最後の海賊、マイティーソー、ジャングルブック、ギフテッド、インクレディブルファミリー、リメンバーミー、ボスベイビー
など多数

映画(邦画)

銀魂2、カメラを止めるな!、50回目のファーストキス、恋は雨上がりのように、ブリーチ、青夏、去年の冬きみと別れ、いぬやしき、亜人、あさひなぐ、となりの怪物くん、曇天に笑う、ママレードボーイ、不能犯、トリガール、ジョジョの奇妙な冒険、ぼくは明日昨日のきみとデートする
など多数

U-NEXTの作品数は動画配信サービス日本最大級

U-NEXTには見放題、レンタル合わせて14万作品を視聴することができます。

覗いてみると分かるのですが、他社の動画配信サービスに比べて新作がとても多く、見たい作品を決めていても目移りしてしまうほどです。

無料期間だけ…と思って登録した私が、解約せずに続けている理由は、やはりその作品数の多さと、レンタルショップへ行かずに新作を視聴できる便利さと言えます。

見逃してしまった『メゾンドポリス第4話』を無料お試しの範囲で視聴するだけでも十分楽しめますが、他にもたくさんの作品が揃っているので、ぜひ堪能してください。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第4話 あらすじ

ある日、貫井秀之(山本涼介)という大学生がバットで殴打される事件が発生した。幸い命に別状はないが、所属するバスケ部に復帰できるまで1年程度かかるという。迫田(角野卓造)はひより(高畑充希)がこの事件を担当だと知っており、無理やり捜査に加わる。

迫田はひよりと夏目(西島秀俊)を伴い秀之の病室を訪ね、言葉巧みに秀之から新たな情報を聞き出す。毎日自宅の駐車場でバスケの練習をしているのだが、そのボールが画鋲だらけになったことがあるというのだ。秀之が語った“画鋲事件”は昨年12月に起きていた。また、過去には練習音が原因で近隣と揉めたこともあるという。そして秀之の同級生・櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮かんだ。着々と捜査が進む中、柳町北署では刑事課長の新木(戸田昌宏)が迫田の捜査への関与を露骨に嫌がっており、ひよりは監視しろと命令される。

そんなひよりは迫田たちと陽斗に話を聞きに行くが、浪人生の陽斗はオドオドした様子であまり多くを話さず部屋に入ってしまう。しかし、母親の貴美子(村松恭子)は事件の時間に陽斗がPCでネットゲームをしていたと証言する。

翌日、ひよりがメゾンを訪れると迫田や高平(小日向文世)たちおじさま全員がネットゲームを始めていた。高平がゲーム内の掲示板で目撃情報を集めていると、そこには暴行の依頼が。迫田たちは最初のターゲットとして名前が挙がっていた田口哲也(清水章吾)に接触する。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第4話 ネタバレあらすじ

路上で大学のバスケ部員・貫井秀之(山本涼介)が何者かにバッドで殴打され大怪我を負う事件が発生。ひより(高畑充希)が担当だと知った迫田(角野卓三)はこの事件を自分も調べると言い出します。ひよりと迫田そして夏目(西島秀俊)はさっそく被害者の秀之に会いに行きます。迫田と夏目が何か思い当たることはないかと言うと、秀之は自宅で練習用のボールに画鋲が沢山突き刺さっていたことがあると答えます。ドリブルの音が原因で近所から苦情が来ていたこともあるといいます。事件の捜査線上に上がってきたのは秀之の元友人で今は浪人生の櫻井陽斗(福山康平)。秀之のすぐ近所に住んでいてある時期からラインのグループを外れていました。捜査に迫田が関わるのが気に入らないひよりの上司たちは、ひよりに迫田を見張っておけと命じます。

藤堂(野口五郎)の読みでは櫻井と秀之に身長差がありすぎることから、バッドで後ろからの襲撃は無理だろうと。襲撃犯は別にいるんじゃないか――。「櫻井から直接話を聞く」と、迫田と夏目そして見張り役のひよりも櫻井家に向かいます。出てきた櫻井の態度から、夏目は画鋲の件は彼の仕業だろうと睨みますが、櫻井の母からの情報で肝心の襲撃事件当日の夜はネットゲームに参加していたことが分かります。捜査の後飲み屋に向かった3人。酔ったひよりは家庭を顧みず熟年離婚した迫田に、子供の気持ちを考えてほしいと思いの丈をぶつけます。酔いつぶれたひよりを夏目が送っていくことになるのですが。家に着くとひよりは寝言で「パパ」と父親に呼びかけます。そこへやってきたのは杉岡(西田尚美)と草介(竜星涼)。杉岡は先日ひよりに聞いた父親の話――建設現場で死んだ父の死の真相について疑っていること――を夏目に教えてやります。夏目はひよりの父親が勤務していた建設会社の名前を聞くとなぜか意味深に顔色を変えます。

翌日。メゾン・ド・ポリスに夕べのお詫びに来たひより。しかしおじさんたちはネットゲームに夢中。聞けば櫻井が事件当日本当にゲームに参加してたのかネット上で聞き込みをしていると言います、そこに現れた高平(小日向文世)は実はそのゲームの世界では名人と呼ばれる存在でした。高平が聞き込みをするとみる間に答えが集まって、見つかったのは裏サイト『なかよしくらぶ』。ゲーム内で使えるコインと引き換えにサイト上に暴行・殺害依頼を載せており、秀之もここに名前が書きこまれたんじゃないかと推察されます。

次にひよりと迫田が訪ねたのはサイト内で一番最初の殺害依頼に名を書かれていた田口哲也(清水章吾)のもと。パソコン教室で孤立していた田口に同じ隠居老人のふりをして近づく迫田。パソコン教室の講師三山がネットゲームにはまっていたことから疑いの目を向けますが――そんな時新たなターゲットの名がサイトに。櫻井陽斗。今度は陽斗が狙われていると知ったひよりたちはすぐさま彼の元へ向かいます。駆けつけた時、ちょうど陽斗は犯人の襲撃を受けていたところ。腰を痛めながらも見事な一本背負いで迫田は犯人を取り押さえます。櫻井は自分が秀之の名を掲示板に書いたんだと告白。しかし後悔の念から、今度は自分で自分の名を書き、襲撃犯をおびき出そうとしていたんだと言います。迫田はそんなことしてないで殴られても秀之に謝りに行けと一喝。

その後捜査の手はサイトの責任者『赤羊』へ。赤羊が例のパソコン教室からログインしていることを確認した迫田とひより。パソコン講師の三山がそんなヘマをするはずないと踏んで、向かったのは田口のところ。人生に絶望した独居老人の彼こそが裏サイトの責任者赤羊。最初に自分の名前を書いたのは誰かに殺してほしかったからだと。迫田は老人の孤独を理解しつつも、若者を巻き込んだことを叱り飛ばします。その後、秀之の元に謝罪に訪れた櫻井。迫田は仕事を終え、満足そうに子供の写真を眺め元妻から送られてきた漬物を齧るのでした。

今日も事件は無事解決。しかしひよりと夏目の間には不穏な空気が――父の死について聞きだす夏目。「夏目さんには関係ないです」と答えるひよりに夏目は「関係あるかもしれないんだ」と意味深な言葉を残して第4話は終わりです!

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第3話 感想

迫田役の角野卓造さんの演技良かったですね~。
さすがベテラン俳優さん。
一人漬物を齧る姿、哀愁漂う素晴らしい演技でした。

そしてひよりの父の死に関わっていたかもしれないという夏目。
そちらも気になるところです。

第5話も楽しみですね!

メゾン・ド・ポリス各話ネタバレあらすじ、感想

メゾン・ド・ポリス第1話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス第2話ネタバレあらすじ、感想
メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第3話ネタバレあらすじと感想!