スキャンダル専門弁護士 QUEEN

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第4話はママ友地獄がテーマということで先週からワクワク。

ママ友を取り上げたドラマって以前にも放送されていましたけど、楽しいんですよね。まあ怖いもの見たさっていうんですか。

でも氷見さんがママ友たちとどう絡むのか……想像もつきませんよね。
恐ろしいです。

それでは早速『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第4話のネタバレあらすじ・感想まとめてみました。

【動画視聴】
『スキャンダル専門弁護士QUEEN』を見逃してしまった、もう一度見たい、という時には、動画視聴サービスが便利です。
スキャンダル専門弁護士QUEENのフル動画はFODで視聴することができますよ。
1か月間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第4話あらすじ

鈴木法律事務所で氷見江(竹内結子)がテレビ番組をザッピングしていると、子連れで議会に参加し、待機児童問題を訴える土方朝子議員(江藤あや)が映る。
泣きわめく子供をなだめながらの訴える姿に、与田知恵(水川あさみ)や藤枝修二(中川大志)は、母親たちは大変だと同情気味。

すると、真野聖子(斉藤由貴)も自分の子供が停学の瀬戸際だと言い出す。
危機管理部として真野の息子が停学から免れる方法を探ろうとした時、鈴木太郎(バカリズム)が新たな依頼を持ち込んできた。
大手ゼネコン次期社長候補、佐久間からの依頼と聞いた一同は意気込むが、内容はご近所トラブルというもので…。

タワーマンションで妻の佐久間京子(原田佳奈)と息子の怜(南出凌嘉)とともに暮らしている佐久間家は、玄関前にゴミがばら撒かれたり、誹謗中傷のビラを貼られたりしていた。
調査のために早速、氷見と与田は京子の知人を装いマンションに潜入、さらに藤枝はベビーシッターを装い、マンションの子どもたちに接近。
そこで分かったのはマンションのセキュリティー上、佐久間家に嫌がらせを働いているのはマンション内の人間の可能性が高いこと、そしてそびえ立つタワーマンションの底にドロドロとした人間関係が渦巻いていること。
そんな現状を、与田や藤枝が整理していると、京子が何者かに歩道橋から突き落とされたという急報が。

一方、氷見は鈴木事務所に姿はなく、フリーランスの敏腕記者で、氷見の過去を詮索している茂呂裕也(佐野岳)となぜかホテルの一室にいて…。

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第4話ネタバレあらすじ

鈴木法律事務所――みんなが見ているのは子連れで議会に出席する女性政治家土方にヤジを飛ばす男性政治家たちの映像。真野(斉藤由貴)の息子も停学寸前だというし子育ては大変だねーなんて話してたところに、今日の依頼をもって副所長鈴木(バカリズム)が登場です。

今回の依頼人は大手ゼネコン次期社長候補の佐久間。いい話かと身を乗り出す一同でしたが、依頼内容はご近所トラブルの解決。原因は妻のママ友トラブルではないかと。氷見(竹内結子)と与田(水川あさみ)は渋々ながら佐久間の住むタワーマンションへ。参加したのは佐久間の妻・京子とママ友たちの集うお茶会。一見仲のよさそうな上品な奥様方ですが、京子の息子の怜が有名中学に合格したとの話に空気は一変。白けた雰囲気に――。藤枝(中川大志)はベビーシッターとしてマンション内に潜入。奥様方のお茶会の間、子供たちの面倒を見ていました。京子の息子の怜は賢くてしっかりした少年でしたが、少し周りの子と雰囲気が違うことが気になります。その後、事務所に帰った与田と藤枝は互いの情報整理をするのですが、やはり嫌がらせはママ友トラブルの線が濃厚だと意見は一致。

一方ママ友地獄から早々に退散した氷見は茂呂記者(佐野岳)とホテルの一室に。何やらセクシーないいムードですが、茂呂は氷見の過去を探っていました。氷見が過去、東議員の政策秘書をしていたこと、2人が不倫関係にあったことや秘書を辞めた理由を問いただします。氷見は退職の理由をある事故で人を死なせてしまったからだと告白しますが、さすがそれ以上は踏み込ませません。茂呂がただのライターではないこと――外に出たら困る情報をちゃんと握っていて茂呂を煙に巻きます。

そんな中、京子が歩道橋の階段から突き落とされる事件が発生。幸いかすり傷ですみましたが、ご近所トラブルが殺人未遂にまで発展してしまい鈴木はご立腹。藤枝と与田はその夜再びマンションへ。佐久間家に嫌がらせしている人物をなんとか突き止めようと、藤枝は玄関前を見張り与田はごみの山から事件解決の手掛かりを探します。でもやっぱりドジっ子藤枝くんは現れた犯人を取り逃し、見つけた手掛かりといえば犯人が落としていったミントの空き箱だけ。与田の方はごみの中から『オマエタチノカコヲスベテシッテイル』と書かれた意味深な張り紙を見つけ出します。
氷見は京子のママ友の一人でカリスマ読者モデルの柿崎美恵の情報を得ようと雑誌記者に転身した東堂(泉里香)の元を訪れます。しかし氷見の目論見はそれだけではありませんでした。茂呂を使って氷見の過去を探らせているのが東堂であること、すでに見抜いていたんですね。美恵の夫は政治家の柿崎。子連れで議会出席する女性議員を叩いている一人でした。柿崎は教育委員会にも太いパイプを持っていることが判明。これは今回の事件解決に使えるかもと踏む氷見たち。一方京子の息子怜に対する嫌がらせは悪化。怜がパニックに陥ったことから不審に思った氷見と藤枝は京子の元を訪れますが門前払いを食らいますます不信感を募らせます。

そんな時、与田の調べで佐久間家の過去のトラブルが判明。相手は怜の1年生の時の担任だった佐野太一。佐野は学校のストレスからうつ病になり先日自殺未遂を図って入院中。佐野を見舞った氷見たちは病室で妻と映った写真を見つけます。そこに映っている妻こそ今回の嫌がらせの犯人でした。氷見は京子と佐野の妻を引き合わせ話し合いをさせることに。佐野の妻は夫が病んでしまった原因は発達障害の怜を庇いあちこちからクレームを受け続けていたせいだと訴えます。同時に京子が美恵の夫柿崎にお金を払い、怜の問題をなかったことにするよう教育委員会に掛け合ってもらっていたことも判明。一触即発の2人に、氷見はその怒りを今の教育制度の改革に向けられないかと提案。

実は子連れで議会に出席していた女性議員土方も氷見の情報操作により株を上げていた一人でした。反対に土方をバッシングしていた柿崎は世間から見放される形に。柿崎を救うという名目で彼に近づいた氷見は佐久間の献金の件などをネタに教育制度の改革に乗り出すよう条件を突きつけます。一つのトラブルをついに教育現場そのものを動かす原動力へと変えてしまった氷見さん。今日も素晴らしい仕事っぷりでした。

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第4話感想

今回の話は本当に頷けた。平成も終わりだというのに教育現場だけが昔のまんまの体制で成り立っているのはおかしいと私も常々思っていたので。

子供たちのためにも先生たちのためにも今の教育現場は早急に改革する必要があります!

氷見さんのような人が現実にいてくれれば良いのですが。

来週のゲストは遠野なぎこさん!?
またまた迫力のあるドラマが見られそうで楽しみですね!

スキャンダル専門弁護士QUEENのフル動画案内

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』をフルで視聴できるのはFODです。

動画配信サービスはいつでもどこでも好きな時にドラマやその他多くの映画などを見ることができるので、とても便利ですよ。

1か月間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

FODプレミアム