トレース ドラマ

ドラマ『トレース~科捜研の男~』第4話のあらすじ、ネタバレ、感想をまとめました。

【動画配信】
ドラマ『トレース~科捜研の男~』第4話をもう一度見たい、見逃してしまった、そんなときは動画配信サービスが便利です。
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

トレース~科捜研の男~4話 あらすじ

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見される。発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。死因は、頸動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁だった。また、室内は荒らされており、財布や預金通帳等がなくなっていた。真野(錦戸 亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場に向かった。そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外のDNA型は見つからなかった。だが真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になっていた。虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。

事情聴取で相楽は、浩司とは何年も会っていないと話す。浩司は嘘を並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだという。アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎――相楽はそう言い放つ。

浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。同じころ、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。虎丸たちは、受取人になっていた浩司の元妻・千尋(瑛蓮)に疑いの目を向けた。しかし、千尋が証言した通り、見つかったのは古い保険証券で、受取人は浩司の叔母に変更されており、その叔母も3年前に他界していた。

ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告する。だが相楽は、鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナに苛立ち、余計なことはするなと怒りをぶつける。

そんな折、浩司の携帯電話履歴から、事件の3日前、相楽に何度も電話していたことが判明する。しかもその日、ふたりが会っていたこともわかり…。

トレース~科捜研の男~4話 ネタバレあらすじ

今回科捜研が出動を要請されたのは、科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司のご遺体についてだった。
相楽と大家が第1発見者だ。
荒れている部屋で、血まみれのご遺体、窓ガラスは強盗事件のように割られている。
凶器は部屋にあった包丁、争った形跡がないので、顔見知りの犯行強盗に見せかけた殺人と虎丸良平刑事(船越英一郎)は断定する。
警察への挑戦だ完全犯罪だと騒ぐので、真野礼二(錦戸亮)は「気持ち悪い、主観に過ぎない」と吐き捨て、ケンカになるのだった。
しかし、鑑定しても犯人のDNAすら出ない。

相楽は沢口ノンナ(新木優子)に「いわれた仕事だけしろ、俺の身内だからって頑張るな」と事件に対し冷たい態度だ。
飛沫血痕についてなど、深く調べようとする礼二にも殴り掛かり「ただ鑑定がしたいだけ、人に興味がないくせに首を突っ込むな!」と怒鳴るのだった。

兄とは何年も会ってなかった、嘘をついて金を借りる癖があり、合計300万を貸していた。
恨んでいた人がいっぱいいるかも、と語る相楽。
「証拠が1つもないということも鑑定結果」と冷静に言う礼二は、
・飛沫血痕から、犯行前に部屋が荒らされたこと、
・毛髪鑑定から、相楽浩司が数か月前には大麻を摂取していたこと、を確認する。

一方虎丸刑事たちは、被害者の債務者リストや、保険金がらみで元妻をあたったりなどしていた。
礼二の報告で、薬の疑惑がある容疑者が重点的に調べられる。
そのうちの一人、富岡翔平を大麻使用で別件逮捕しようとまでする虎丸刑事。

しかし、被害者の携帯の発信履歴から、急遽、相楽研究員が重要参考人として任意同行を求められる!
事件の前に兄からの発信履歴が何件もあり、しかも数日前に会っていたことを隠していた。
さらに、2000万円の友人から肩代わりした借金も抱えている。
「科捜研の人間になら完全犯罪が可能!」とすごむ虎丸刑事。

「まさか、相楽さんは犯人ではないはず」とノンナ。
「それこそ憶測。犯人を示す証拠がないという検証結果を絶対に忘れるな」と礼二。
毛髪から睡眠薬の検出はなかったのだ。

相楽は兄に呼び出され、50万円を渡そうとするが、大麻のことを知っていた弟は金を橋の下に投げ捨ててしまった。
「身内が犯罪者なんて迷惑以外の何者でもない!」と叫ぶ相楽。
遺体を発見した時、即座に大麻の処分を考えて部屋の捜索をした。
しかし痕跡はなかった。
「俺さえ黙っていればばれるはずはなかった」と相楽。
礼二に「お前は人の真実を暴いて楽しんでいるだけだ」と噛み付き、海塚律子科長(小雪)に辞表を提出する相楽だった。

ノンナは決心する。
相楽が捨ててしまったお札を、証拠として拾い集めに向かう。
「余計なことだとしても、最後まで真実のかけらを拾い集めることが私の仕事!」と言うのだった。
しかし、そこにはすでに礼二がいて作業していた。
「日が沈む前に」と、頑張って1万円札を探す。
礼二は警察本部に呼び出されたが、科捜研の他の2人も手伝いに来てくれるのだった。

火葬場にいる相楽。
相楽の辞表を見つめる、海塚科長。
お札を探し続け、鑑定するノンナたち。
礼二は今度は、飛沫血痕の動きを鑑定しようとしている。
何かわかったようだ!

相楽が虎丸に呼び出され、兄の部屋に行くと、礼二とノンナが待っていた。
飛沫血痕の道筋を説明する礼二。
犯人は返り血を浴びた形跡は無い!
「お兄さんは、自殺したんです!」と礼二は伝えるのだった。

だから犯人の証拠が一切見つからなかった。
余命3ヶ月、胃がんに犯されていた相楽浩司。
最後に弟のために保険金を受け取れるように殺人を偽装したのだ。
ノンナたちが5万円だけ拾い集めたお金が入っていた封筒には、特殊な油分があり、それは浩司が工場できちんと働いていた証拠だった。
渡されたお金は兄が1年かけて稼いだきれいなお金だったのだ。
弟の借金を払ってやりたかった、そしてガンの痛みをごまかすために大麻を服用していたのだ。
「お兄さんは最後の嘘をついたんです」と礼二。

想像の回想シーン。
痛みをこらえてわざと部屋を物色したように散らかし、包丁を使う前に子供時代の兄弟写真を見つめる兄。
飛沫結婚は写真にも飛び散っていたのだった…。

「ピンチになった時には絶対お兄ちゃんが助けてやるからな」という言葉を思い出し、5万円を手にして泣きながら「バカだなぁ」を連発する相楽だった。

海塚課長は、相楽の辞表を処理しなかったようだ。
荷物を片付けようとしていた相楽にも仕事を割り振り、忙しい時に辞められたら困る、というのだった。
相楽は礼二に兄のことを語る。
「兄のように人に迷惑をかけるお前が大嫌い、でも今回の事は感謝している、今日の飲み会はおごってやるから来い」という相楽。
しかし、飲み会には参加しない礼二なのだった。
礼二不在の飲み会では、ノンナが礼二に惚れていることが確信されてしまう。

一方、表彰する人間を選別している壇浩輝刑事部長(千原ジュニア)。
真野礼二の写真に「これは、お久しぶりですね」とニヤリと笑って、写真を血で赤く塗りつぶしている。

残業して血液を調べていた礼二の手が滑り、不吉を示すようにガラス器具が割れるのだった。

トレース~科捜研の男~4話 感想

科捜研の法医研究員仲間が犯人ということで、熱いやり取りが繰り広げられていました。
「真実が本当に遺族の癒しになるのか」が問題視されていて、興味深かったです。
相楽研究員はあまりにも感情的になっていたので、ひょっとして犯人を知っているのか、と思いましたが、まさか先に現場を漁ったり、兄の大麻疑惑を秘匿していたとは驚きでした。
真野礼二に噛み付いていた理由にも、罪悪感が含まれていたのでしょうね。
礼二の鑑定の結果、兄の弟思いが空回りした自殺だったとは、泣かせる展開でした。

しかし、任意同行のシーンでは、刑事の数があまりに多すぎて、ちょっとわざとらしすぎるなぁと思いました。
科捜研の人間だから完全犯罪をした、だから逃亡する可能性があると見なされたのでしょうか。
虎丸刑事、今回も勇み足が過ぎましたね。

次回は18年前の誘拐事件が絡んだ殺人事件とのこと。
「過去の事件が関係」ということで一層熱が入る真野礼二が予想できますね。
「今回の事件はそれだけではない気がするんです」と予告で礼二が語っていたのですが、真実を大切にする礼二が「気がする」などとカンに頼る発言をしていたことは、ちょっと不思議に思います。
また、休日にノンナを連れ出すとは、どういうことなのか…。
申請外の仕事なのだろうとは思いますが、ノンナや周囲が曲解してオロオロするのかなと、恋愛がらみのネタも楽しみです。