さくらの親子丼2

ドラマ『さくらの親子丼2』いよいよ最終話です。

最終話第8話のあらすじ、ネタバレ、感想をまとめました。

【動画視聴】
見逃してしまった、もう一度見たい、そんなときは動画配信サービスが便利です。
さくらの親子丼2はFODで全話視聴できますよ。
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

さくらの親子丼2最終話(8話)あらすじ

さくら(真矢ミキ)は香(塩野瑛久)が窃盗団の一員として捕まったと知らされ、衝撃を受ける。
香が無断外出を繰り返していたのを知っていただけに、自分を責めるさくらだった。
その矢先、「ハチドリの家」に新たな少女が保護される。
少女の顔を見て、驚くさくら。その少女とは…。

一方、過去の数々の犯罪歴により受け入れ先が無く、「ハチドリの家」に1年半以上いる由夏(岡本夏美)は、未来が見えないため何事にも投げやりになっていた。
小学生の頃母親に捨てられて以来、何度も罪を犯しては少年院を出入りする壮絶な人生を送ってきた由夏。
「泥の中を泳ぐのって疲れんだよね」との由夏の言葉にさくらは不安を抱くが、ついに雇ってもいいという美容院が見つかる。
明るさが戻り、はりきって働き出した由夏だったが…。

桃子(名取裕子)や川端(柄本時生)の奔走で、香が「ハチドリの家」に戻ってくる。
香がなぜ窃盗団にいたのか、そこにはある理由があったのだ。
しかし、香は保護観察中の身。
遵守事項に反していると保護観察所に判断されれば、少年院に戻し収容される可能性があると言う。

由夏や香だけでなく、「ハチドリの家」に避難する子どもたちそれぞれに、変化が訪れていた。
詩(祷キララ)の大学入試やマリア(日比美思)の高校復学など…。

さくらも皆を応援しようとするが、桃子から、愛され慣れていない子どもたちに愛情の質を勘違いされてしまう危険性があるため、過度なスキンシップをやめるよう諭される。
「あたし達は母親にはなれないのよ」…子どもへの向き合いについて、桃子との隔たりを感じ戸惑うさくら。

そんな中、新たな事件が起きて…。
子どもたちに明るい未来は訪れるのか?
そしてさくらさんの選択は?

さくらの親子丼2最終話(8話)ネタバレあらすじ

ハチドリの家で保護されてきた子供たちは、少しずつ自分たちの進路を見つめていく。

大豆生田香(塩野瑛久)の妹、さゆり子が入居してくる。
香は妹を窃盗団から抜けさせるために、接触を図ったらしいが、警察に連行されてしまった。
ため息をつく九十九サクラ(真矢ミキ)。
取り急ぎ、さゆり子に親子丼を食べさせるのだった。

1年以上シェルターにいて「ベテラン」と自虐的な新城由夏(岡本夏美)。
由夏は13歳から薬物摂取、傷害致死の過去もある。
面接で「今回もダメだ」とひねくれていたが、初めて美容院に仮採用となる!
がんばって働いていた由夏だったが、素性がバレてしまい、ロッカーに人殺しと落書きされたり、足をひっかけられたりする。

高校復学の話が決まる、白鳥マリアもとい佐々木春菜(日比美思)。
母親が離婚して心を入れ替えたと聞いても信じられず、拒否して涙ぐむのだった。
共感して、子供のいないところで「子供なめるな」と叫ぶ三谷桃子(名取裕子)だった。

貞子もとい竹園あゆみ(井頭愛海)は、心の底では赤ちゃんを手放したことを後悔しているようだ。
由夏は、15歳の時、自分も子供を産んで、怖くなって手放したことがある過去を話す。
「まだ間に合うんじゃない」という由夏に、怒りをぶつけるあゆみだった。

井口茜(柴田杏花)はいつの間にか川端との結婚は幻と決めて、「現実を見る」と言って、アイドルを目指すと言い出す。
藤島玲奈(尾碕真花)はまだ自分の進路が見つけられず、由夏は「私みたいになるなよ」と言って涙ぐむ。

川端哲也(柄本時生)が薫を連れて帰ってきた。
窃盗グループの1人ではないことは認められたが、保護観察中の出来事だったので、香は、鑑別所に送られることになってしまった。
サクラは親子丼を食べている香を思い浮かべながら、涙を流し食事作りに励む。
居酒屋で酔って無力だ、とクダをまく川端を、鍋島真之介(相島一之)は慰めあぐねてしまうのだった。

小宮山詩(祷キララ)はサクラのお弁当を持って受験に向かう。
サクラに「抱きしめてもらっていいですか」という詩。
しかし、桃子先生は、「私たちはあの子の母親にはなれない」とサクラを戒めるのだった。
詩は無事法学部に合格!
「桃子先生や川端先生みたいな弁護士になりたい」という詩に、心を打たれる川端。
「これでもあなたは無力ですか」という鍋島。
泣きじゃくる川端だった。
サクラはお祝いに鯛めしを作る。

由夏はついに、同僚のスタッフを殴って店を飛び出して、行方をくらましてしまった。
新宿のお店で頑張って働いている中里拓士(浦上晟周)が由夏を目撃し、知らせてくれる。
早速迎えに行こうとするサクラを止める桃子先生。
「手を差し伸べるのではなく、1人で決断させなければ」という桃子にサクラは反発する。

…私にはわからない!
この手で子供たちとつながっていてあげたい、
お腹いっぱいに食べさせてやる、
泥沼に沈む子がいたら、この手で握って離さない!

「私ができる事はそれだけです」と言ってハチドリのひとしずくの本を差し出すサクラだった。

いかがわしい場所にはまり込んでいる由夏を、サクラは迎えに行く。
「構わないでくれ」と怒鳴り、泥の中を泳ぐのに疲れたという由夏。
ビンタし「あんたの心はちっとも汚れていない、わかってるから!」というサクラ。
「自分を傷つけるのはやめて」と泣くサクラに抱きつく由夏だった。

勝手なことして申し訳ありませんでした、と桃子先生謝るサクラと由夏。
サクラは由夏をビンタし、抱きしめたことを告白する。
桃子先生は、サクラにクビを、由夏には卒業を言い渡す。
後ろを向いた桃子先生は、「羽田のほうに九十九堂というお店がある、お節介なおばさんがいて、親子丼がおいしいらしいわ」と伝えるのだった。

愛海はついに、赤ちゃんを引き取る決心をし、桃子先生に手続きを頼んだ。
茜は本気でアイドルを目指すらしい。
玲奈は後ろ指さされないように、と勉強を始めた。
マリアは本名・春菜を名乗り、復学のための支援金の申請書を提出することを決める。

「これでよかったんですか?」と話す川端弁護士。
桃子先生は、笑顔でサクラを思い出すのだった。

サクラと由夏は「これからのことはわからない」などと話しつつ、連れ立って九十九堂へと向かっていく…。

さくらの親子丼2最終話(8話)感想

最後まで気が抜けない「サクラの親子丼2」でした。
涙がこぼれるシーンがあって、心が洗われたような気分になりました。
1番感動して泣けたのは、ハチドリの家から立ち去ろうとしている川端弁護士を、詩の法学部合格が引き止める結果となったときのことです。
自分みたいになりたい、と言ってもらえることが、どれだけ励みになるか、すごく伝わってくるシーンでした。
もう川端弁護士も惑わないですね!

しかし、さすがに全員が幸せになる、というわけにはいかない最終回でした。
香が鑑別所に送られたことについては、本当に残念に感じました。
手錠で繋がれた香の笑顔は、すごく透き通った感じで、儚げだったことが印象に残りました。

サクラと由夏が連れ立って卒業していったのも、ちょっと意外なエンディングでした。
ハチドリの家では救えそうにない由夏を、桃子先生はサクラを見込んで託したのでしょうね。
今後2人が九十九堂で一緒に過ごしている続編があるのかな、なんて、期待してしまいます。

さくらの親子丼2 各話あらすじ・感想

さくらの親子丼2 第1話
さくらの親子丼2 第2話
さくらの親子丼2 第3話
さくらの親子丼2 第4話
さくらの親子丼2 第5話
さくらの親子丼2 第6話
さくらの親子丼2 第7話