イノセンス冤罪弁護士

イノセンス~冤罪弁護士~第2話のあらすじ、ネタバレ、感想、動画視聴案内をまとめました。

ネタバレにご注意くださいね。

【動画視聴】
動画視聴、見逃し配信はHuluで可能です。

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第2話 あらすじ

拓(坂口健太郎)の父・真(草刈正雄)が最高検のエリート検察官だと知った楓(川口春奈)は、拓がわざわざ薄給の刑事事件の弁護士をしていることを疑問に思うものの本人には聞けずにいた。
そんな中、お金にならない当番弁護の依頼が舞い込む。
弁護するのは、コンビニで現金を奪い店員に怪我を負わせた強盗致傷の容疑で逮捕された21歳の飲食店アルバイト・十勝岳雄(山田裕貴)。
担当刑事によると、岳雄は十代の頃から窃盗を繰り返していた札付きのワルだという。
接見した拓と楓に対しても態度が悪く、いきなり激昂した岳雄は、自分はやっていないと机を叩く!

岳雄の手に調理師のバイト中にできた無数の切り傷があることに気づく拓だが、自分に疑いの目を向ける楓にキレた岳雄から追い返され、まさかの弁護拒否!
岳雄を心配する母・睦美(仙道敦子)から、高校時代にはグレてしまったが今は料理人を目指して洋食屋で真面目に修行をしていた岳雄が強盗をするはずがないと言われる拓と楓。
睦美から改めて弁護依頼を受けた拓は、徹底的に検証して戦うことを宣言する!
しかし、テレビ局員の聡子(市川実日子)に集めてもらった事件の情報を見ると、犯行現場の監視カメラ映像に加え現場には指紋が残っており、岳雄は限りなく黒。
そんな中、別府所長(杉本哲太)に呼び出された二人は今回の弁護は楓の主導にしたいと提案される。
楓は拓の暴走を防げという別府からのプレッシャーを痛感……。

翌日。
起訴前弁護で不起訴を勝ち取りたい拓と楓、穂香(趣里)は、有罪となる根拠を崩すために犯行現場のコンビニへ。
調べるうちに警察の杜撰な捜査が明らかになるものの、母子家庭で育った岳雄がグレて犯罪に走ったと決めつける近所の人たちの偏見に、楓は憤りを覚える。
岳雄が事件発生時刻にいたと主張する近所のガソリンスタンドを訪ねた三人は、監視カメラに映った岳雄の姿を見つけるが画面の時刻は事件発生時刻より少し早く、アリバイにはならない。
現場調査に来ていた検察官の指宿(小市慢太郎)に警察の見込み捜査を訴える拓だが、指宿は『疑わしきは疑われるだけの根拠がある』と拓の父から教わったと話す…。

不起訴を勝ち取るタイムリミットが迫る中、弁護材料が見つからず焦る楓。
しかし拓はなぜかガソリンスタンドの向かいの家の庭にあった巨大オブジェに執着し、楓を苛立たせる。
そして、留置所では連日の取り調べにより、岳雄が追い詰められていた。
その頃、拓から監視カメラの映像解析を頼まれていた科学者の秋保(藤木直人)はあることに気づく。
果たして偏見が生む冤罪被害を防ぐことができるのか?
拓が大暴走の末に見つける真実とは!?

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第2話 ネタバレあらすじ

都内のとあるコンビニエンスストアで強盗事件が起こりました。
この事件をお金にならない当番弁護として担当することになった保駿堂法律弁護士事務所の弁護士・黒川拓(坂口健太郎)は、最近事務所に入ってきた新人弁護士の和倉楓(川口春奈)と共に容疑者に会いに行きました。

事件当日の朝7時頃に店で現金を奪い店員に怪我をさせた疑いで逮捕されたのは、21歳の飲食店調理師見習としてアルバイトをしている十勝岳雄(山田裕貴)。
彼は10代の頃から素行が悪く、何度も警察に補導された過去があったことから、本人が否認しているにも関わらず警察は岳雄が事件を起こしたと決めきっています。

黒川は岳雄の母・睦美(仙道敦子)から、「息子は確かに昔グレていたけれど今は料理人を目指して洋食店で真面目に修行をしていて強盗などするはずがない。」と改めて弁護の依頼を受けました。

報道ディレクターの有馬聡子(市川実日子)から事件の情報を集めてみると、犯行当日の店の防犯カメラ映像に犯人はマスク姿ではあるものの犯行の一部始終が残っており、十勝の指紋も検出されたとのことです。
いよいよ岳雄の犯行かと思い始めていた和倉は、黒川と共に別府所長(杉本哲太)に呼び出され、今回の事件は和倉が主導で弁護するようにと指示されます。

不起訴を勝ち取りたい黒川と和倉、そしてパラリーガルの城崎穂香(趣里)は犯行現場の店に出向き、警察の杜撰な捜査を目の当たりにします。
また、警察を含め事件関係者や近所の住人までもが、岳雄が母子家庭で育ったことや過去の犯罪歴などから岳雄の犯行だと偏見を持っていることに気が付き、同じ母子家庭で育った和倉は強い憤りを感じました。

岳雄が犯行時刻にいたと主張するガソリンスタンドも訪ねてみた黒川たちですが、監視カメラに岳雄が映っていた時刻が事件発生時刻よりも少し早かったためアリバイにはならないと落胆します。

そんな中黒川はガソリンスタンド向かいの家の庭にあった太陽のオブジェが気になり調べてみると、その家の住人が趣味で作った日の出の光を受けて反射する芸術作品だということが判明しました。
岳雄の無実を証明するための証拠が中々見つからず焦る和倉をよそに、ついに岳雄の起訴が決まってしまいます。

もうタイムリミットかと諦めかけたその時、黒川が突然何かを思いついて急いでオブジェがある家に向かいました。
そこには、黒川から防犯カメラ映像の解析を依頼されていた東央大学理工学部准教授・秋保恭一郎(藤木直人)と有馬の姿がありました。
黒川はまたもや大規模な実験をしようとしていたのでした。

和倉は驚きながらも今回は自分も容疑者の無実を信じていたため、実験に協力します。
事件当日の出来事を再現するうちに、映像に映っていた太陽のオブジェに反射するゆらめく光は、隣の家のビニールハウス屋根に溜まった雨水を落とすために屋根を揺らした時の光と同じだということが判明しました。

この実験結果を持って黒川と和倉は検察庁に行き、事件が起きた朝7時に岳雄はガソリンスタンドにいたためコンビニエンスストアで強盗はできないと主張します。
実は、ガソリンスタンドのカメラ映像の時間は、実際の時間より15分遅れていたのです。
それを証明するのが、太陽のオブジェに反射したゆらめく光です。
事件当日の朝、その一帯で一時的な豪雨があり、別の防犯カメラの映像には7時に持ち主がビニールハウスの屋根を揺らしていた様子が残っていました。
つまり、ゆらめく光の現象は朝7時に起こったことで、その時間にガソリンスタンドのカメラにそのゆらめく光と共に映っていた岳雄の犯行ではないということです。

無事に冤罪が証明され、留置所から解放された岳雄に黒川は「今回は冤罪だったが、過去の素行が悪かったのは事実。一度疑われた人間は偏見の目で見られることになるが、人間は誰しも変わることができる。」と励ましの言葉をかけます。

その帰り道和倉はついに黒川に、優秀な検事の息子である黒川がなぜ貧乏弁護士をやっているのかと尋ねますが、黒川は答えを濁しました。
親子の間に何かがあると感じた和倉でしたが、もう1つ気になっていたことを城崎に尋ねます。
それは、秋保と黒川の関係です。
2人は東央大学の先輩後輩の関係で、黒川は3年まで理工学部であると聞いた和倉はますます黒川に興味を持つのでした。

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第2話 感想

第2話は第1話よりもおもしろかったです。

今回の内容では「偏見」という言葉がたくさん出てきました。

母子家庭への偏見、素行不良だった過去への偏見などがあり、それによって警察と検察が新たな偏見を生み冤罪事件が発生してしまったというストーリーは、私たちが生活する上でも十分あり得ることだなと考えさせられる内容でした。

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第2話 動画視聴

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第2話の動画視聴はHuluで可能です。

ドラマ放送後から見ることができます。

Huluは月額固定で追加料金がないので安心です。

イノセンス~冤罪弁護士~の他にも沢山の国内ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメなどが見放題です。

無料お試し期間が2週間あるので、まずは覗いてみてくださいね。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中