家売る女の逆襲

『家売るオンナの逆襲』第3話のあらすじ、ネタバレあらすじ、感想をまとめました。

【動画配信】
放送後よりHuluで全話視聴可能です。

家売るオンナの逆襲 第3話ネタバレあらすじ

万智(北川景子) が過去にホームレスだったことを知っていた留守堂の発言で、屋代(仲村トオル)と庭野(工藤阿須加)の心はざわつきます。
屋代は庭野も知っていたことにもショックを受けている様子です。
屋代が聞いたのは、結婚した後だったそうです。

そんな中、売りにくい3つの物件を現地販売することになります。
1つは、家に面した公道が少ない旗竿物件、担当は足立(千葉雄大)と布施(梶原善) です。
2つ目は、元大関が所有していた家でなにもかも作りが大きいです。担当は宅間(本多力)と鍵村(草川拓弥) です。
3つ目は 元アトリエだった画家の家。担当は庭野と八戸(鈴木裕樹) です。
万智は3つの物件の総合フォローを頼まれますが、「フォローはしません!売るときは私が売ります!」と相変わらずです。

元大関の家には、すでに内見予約が入っており、力士たちが見学に来ます。
内見して買う気になるものの、元の所有者が一般人と暴力事件を起こして相撲界から追放された大関だったことを知ると、「縁起が悪い」と帰ってしまいます。

足立が担当する旗竿地には、留守堂がやってきます。
足立が留守堂に現地販売をするメールを送っていたのです。
足立は留守堂に万智のことを愚痴ると、留守堂は困ったことがあったら頼ってほしいと伝え、足立はキュンとします。

そして庭野が担当する元アトリエの家にも、一人お客様がやってきて物件を気に入ります。
そのお客様はゲイで、ゲイに対する知識がなく無神経な庭野を不愉快に思いつつも家を買ってくれました。

営業所でLGBTについて話していると、木村真奈美(佐藤仁美) が訪れます。
夫と娘の3人暮らしで、今まで海外出張などが多く社宅住まいだったが、そろそろ家を持ちたくなったと購入検討しているとのことです。
真奈美はホームパーティができるようなゆったりとしたスペースを希望していて、夫は家のことを真奈美に任せていると庭野に伝えます。

一方、足立は現地販売物件とは別物件のマンションを、オーナー同行で真島みどり(沢井美優)と車田智代(芳野友美) に内見案内をしていました。
ところが、みどりと智代が案内中にキスをしているところを、足立とオーナーが見てしまいます。
そして、二人が女性同士のカップルであることを理由にマンションを売らないとオーナーは怒ってしまいます。
世間と角を立てずにひっそりと愛し合いたいみどりと、隠さずに堂々と付き合いたい智代が意見の食い違いから喧嘩していると、万智が「私が二人にぴったりの家を売ります」と宣言します。
万智に客を取られることを焦った足立は留守堂に助けを求めます。

そんな中、万智と庭野は真奈美の夫・剛史(池田鉄洋) を尾行します。
すると、剛史は家に帰らず別のアパートに入っていきます。 剛史が入った部屋を訪ねると、なんとそこには女装した 剛史がいました。
剛史は自分を女性と自認したトランスジェンダーで、アパートで女として過ごす2,3時間だけが自分でいられる時間だったのです。
真奈美は娘の前では男でいてほしいと懇願するため、剛史は家では男として暮らしており、そんな暮らしに限界を感じていました。そして真奈美はローンを組むことで 剛史を家庭に縛っておきたいと考えていたようです。

万智は真奈美と剛史に大関の家を紹介します。そこには女装した庭野・鍵村・宅間・八戸がいて各部屋の紹介をします。
夫を笑いものにされたと感じた真奈美は、剛史の苦悩について「私たちの気持ちがわかるわけないのよ!」と万智に訴えます。
万智は「わかりません。しかし、あなたたちはお互いの気持ちを分かっています。夫婦ではなく人間同士として暮らしてはいかがでしょうか」と提案します。
しかし、娘は中一という多感な時期で混乱させたくないと真奈美は言います。
そこで娘が登場し、全く気にしていないことを二人に伝えます。多種多様を認める時代に生きている娘の方が親よりも理解があったのです。
そして二人のママを持つ家族として出発することにした真奈美夫婦は家を購入することに決めました。

そして万智はそのまま旗竿物件を売りに行こうとしますが、そこには既に留守堂と足立がいて、みどりと智代に案内をしていました。隠れ家のように暮らせる物件をみどりは気に入るが、やはり智代はこそこそしたくないと反対します。
そこで留守堂は「理解しあって歩み寄るなんて傲慢な考えは捨てるのです!」とまるで万智がいうようなセリフで、購入を決めさせます。

足立は留守堂にお礼を言い、「どうしてそんなに僕に良くしてくれるのですか」と聞くと「三軒家さんの気を惹きたいからかな」「三軒家万智研究家だから」と言い残し、去ります。
一方、屋代は万智に留守堂のことを知っているのか聞くも「知りません!!」とバッサリ切られてしまいました。

家売るオンナの逆襲 第3話 感想

今回はLGBTに関する話題でしたね。

屋代と万智のLGBTに関する解説はとてもわかりやすかったです。

足立は留守堂のことをかなり好きになっていて、お互いを名前で呼び合うシーンはとてもキュンとしました。

しかし、留守堂は足立を餌に万智とつながりたい様子です。

足立の恋は報われないのかと心配になってきてしまいました。