刑事ゼロ

刑事ゼロ第2話のあらすじ、ネタバレ、感想、視聴率をまとめました。

ネタバレにご注意くださいね。

刑事ゼロ(ドラマ)第2話あらすじ・ネタバレ

かつては“京都府警に時矢あり”と言われるほどの敏腕刑事だった時矢暦彦(沢村一樹)は、捜査中の事故をきっかけに刑事として活躍していた20年間の記憶を失ってしまいました。

そんな時矢は、記憶にはないが離婚したかつての妻で弁護士の奥畑紀子(財前直見)からいきなりある事件についての書類を渡されます。

それは7年前に彼が逮捕した犯人は冤罪の可能性があり、仮釈放後に再審請求の準備をしているというものでした。

当然記憶にない時矢のために、記憶喪失の事を知っている相棒の新人刑事・佐相智佳(滝本美織)が事件について調べます。

彼女の調べによると、7年前の事件とはファイナンス会社社長の逢沢省三(剣持直明)が別荘の階段から転落し死亡したというものでした。

当時の時矢は、別荘を設計した建築士の芹野泰夫(中村靖日)が逢沢を階段上から突き落としたとして逮捕しました。

7年前の事件調書には、事件当日に別荘近くにいたのは芹野のみであったこと、現場は密室だったが勝手口のノブは内側から鍵をかけてから外に出られること、隣の別荘に住む出版社社長の円城明日香(いしのようこ)は事件があった時間は勝手口からの出入りはなかったと証言したことなどがありました。

記憶が全くないことに落ち込む時矢でしたが、さっそく服役中の芹野に接見に行きます。

芹野は「真実は全て僕の記憶の中にあります。」とだけ答えます。

弁護士である時矢の元妻・奥畑は芹野の無実を信じていましたが、7年前の裁判で芹野は控訴をせずに10年の服役を受け入れました。

しかしそれでも無実を証明したい奥畑は、芹野の仮釈放後すぐに再審請求をすることを強く希望し準備を進めています。

もしかしたら自分が冤罪を生んでしまったのではと自責の念にかられる時矢は、みんなで力を合わせて真実を明らかにしようと自身の記憶喪失を打ち明けようとします。

ところが、彼が所属する捜査一課13係の課長・根本(渡辺いっけい)、福知(寺島進)、内海(横山だいすけ)、時矢のファンで協力者の鑑識・背川(猫背椿)はいずれも信頼できないと佐相に諭され断念します。

佐相と2人で捜査を進めることにした時矢は、事件現場、そして当時の目撃者・円城明日香を訪ねます。

すると円城は意外な真実を教えてくれました。

事件当時、明日香は現場から出てくる芹野を目撃していたにも関わらず芹野に脅されて嘘の供述をしていたのです。

しかしそれを見抜いた当時の時矢が彼女を説得したことによって、裁判で本当は芹野を目撃したと証言しました。

その事が決め手となって芹野は有罪判決となりました。

捜査を進めていくうちに、7年前に時矢自身が書いたメモが出てきて、そこには「密室は事件の本質ではなく、問題は動機である」とありました。

また、明日香の夫で円城出版社の経理担当だった公昭が7年前に失踪していたことも分かりました。

今年で失踪から7年が経過したため失踪宣告がされ、公昭は死亡したことになり明日香が保険金1億円を手にしていました。

ついに仮釈放された芹野を迎えに来た奥畑でしたが、芹野は再審をしないと言います。

驚く奥畑に芹野は、1日でも早く社会復帰したいのと、どうしても会いたい人がいると言いました。

その頃時矢は、気になっていた逢沢の別荘の棚を調べていました。

すると、棚の裏の隠されたスペースから芹野と明日香が一緒に写っている写真を発見しました。

逢沢の側近だった社員に話を聞くと、逢沢の別荘は脱税を逃れるために隠し金庫の役割をしていたことが判明しました。

また、その別荘から隠していた1億円が無くなっていたことも分かりました。

実は、明日香と芹野は共犯関係だったのです。

芹野から明日香への好意を利用して、明日香は芹野に夫の公昭を自殺に偽装して殺害するように依頼しました。

そうすれば夫の保険金1億円で自身の出版会社の借金を返済できると考えたからです。

しかし、計画に失敗した2人は夫を失踪したことにして、すぐに現金1億円を用意するために逢沢の別荘にある隠し金に目を付けました。

窃盗の現場を逢沢に見られた芹野は逢沢を殺害し、事故に見せかけました。

明日香が裁判で証言を変えたのは、2人を殺害した事が判明するより1人に対する殺人罪で服役した方が罪が軽くなると考え芹野を救うためでした。

こうして、7年前の時矢にも助けられながら事件を解決することができました。

7年前に芹野の判決が出た時に時矢が「芹野が罪を悔いているとは思えない。満足からはほど遠い。」と語っていたことを奥原から聞いた時矢は、だから自分は捜査メモを保管していたのかと納得するとともに、奥畑が7年も前の自分のことを今でもはっきりと覚えていることに違和感を覚えるのでした。

刑事ゼロ(ドラマ)第2話感想

第2話は、第1話に比べてコメディ色が強くなったように感じました。

事件の内容だけ見ると自分勝手な動機で2人も殺害している凶悪犯ですが、そこをクスっと笑ってしまうような犯人たちの人柄やそれに合っている演出でとても楽しく見ることができました。

こんなに笑いどころがある刑事ドラマも珍しいなと思いましたが、私個人的にはそういうドラマも好きなので来週も楽しみにしています。

刑事ゼロ(ドラマ)第2話 視聴率

第1話は14.7%の視聴率で好発進でしたが、第2話の平均視聴率は10.5%と、4.2%ダウンしてしまいました。

それでもまだまだ10%以上の2桁台をキープしているので、今後に期待されると思います。