メゾン・ド・ポリス
新米刑事ひよりとステッキなおじ様たちだいかつやくのドラマ『メゾン・ド・ポリス』第2話が放送されました。

シェアハウスの引退刑事たちが新米刑事をお助けする今までにない愉快爽快な刑事ドラマで第1話からたのしませてくれましたが。

今回はまた厄介な事件が起こったみたいですよ。

どうする?ひよこちゃん!?

ということでメゾン・ド・ポリス第2話もネタバレあらすじ・感想をまとめてみました!

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第2話 あらすじ・ネタバレ

1人暮らしの老女平松祥惠(内田尋子)が自宅で死亡しているのが発見されます。

玄関にはカギがかけられ、目張りされたトイレの中で硫化水素を吸って亡くなっていたことから、現場は二重の密室。

警察が自殺として捜査をすすめる中、ひより(高畑充希)は他殺の可能性を疑い、メゾン・ド・ポリスのメンバー迫田(角野卓造)と藤堂(野口五郎)と一緒に現場検証を行っていました。

ひよりたちは平松のクローゼットの中でコートに付着した謎の白い毛を採取。

元科捜研の藤堂は自分で調べると言って聞かずそれを持ち帰ってしまいます。

仕方なくひよりは鑑識の杉岡(西田尚美)をメゾン・ド・ポリスに呼ぶのですが、実は杉岡さん、藤堂さんの別れた妻であることが判明。

メゾン・ド・ポリスの捜査会議に巻き込まれた杉岡は平松祥惠の死は自殺であったと断言するが、意見を求められたひよりは自殺の動機はなかったと主張。

杉岡の手前、チームではなく1人で操作しますと言い残しメゾン・ド・ポリスを後にします。残されたおじさんたちしょんぼり。

でもやはりひよりが心配なのですね。

今回も先輩風をビュービュー吹かせて、夏目(西島秀俊)に事件解決の手助けをするよう命じます。

ひよりは第一発見者である三上(中山エミリ)の元を訪れます。

平松は三上の娘が通う小学校で通学時の見守りボランティアをしていました。

しかし学校につくとPTA会長の本橋と同じ役員である森元、そして教頭が同席。聞けば三上が平松を殺害したとのデマが流れているというのです。

ひよりは三上を気遣いながら取り調べを始めますが、そこに飛び込んできた鬼の夏目、例によって厳しく三上を追及。

しかし三上が動揺したのはひよりの目にも明らかでした。

その後夏目とひよりは夫婦を装いママ友たちに学校の様子を聞き出します。

そこで飛び出したのは三上とPTA会長である本橋の不倫話。

そして同席していた森元妙子はママ友たちの羨望の的であり次期PTA会長候補であるという話。

一方迫田は生前平松が通っていたスポーツジムの会員たちから、平松の別の顔を聞き出していました。

平松は事務に通う男たちを手玉に取り、金払いもよく派手な暮らしをしていました。

酔った席では「私にはいい金づるがいる」と洩らしていたとも。

善良なおばあちゃん、一気に悪女気配がしてきましたね。

迫田は草介(竜星涼)に手紙を託しひよりにこのことを伝えます。

やはり平松は不倫をネタに三上からお金を巻き上げていました。

そんな時、三上が屋上から飛び降りて自殺したとの知らせが――。

死んだ三上の手にも平松のコートに付着していたのと同じ白い毛が握られていました。

藤堂の調べでそれはうさぎの毛であること、しかし学校で飼っているうさぎのものではないことが分かります。

署内では事件は三上の自殺により決着がついた形になっていました。

しかしひよりは納得していませんでした。

そこで再びメゾン・ド・ポリスへ。

どうしても事件の真相が知りたいので捜査に協力して欲しいとおじさんたちに頭を下げます。

おじさんたち?もちろんオッケーですよ。

夏目が白羽の矢を立てたのは同じ役員だった森元でした。

彼女は三上と協力して平松を殺害。

理由はママ友たちの羨望の的になっている彼女のSNS。

その生活ぶりがすべて虚構のものであると平松に知られたことから、彼女もまた平松の脅迫を受けていたのです。

その後森元は口封じのため、そして三上に全ての罪を着せるため自殺に見せかけ彼女を屋上から突き落とします。

森元は否定しますが、彼女が気に入って着ていたコートのうさぎのファーが物証となり事件は解決へ。

あとはお決まりのメゾン・ド・ポリスでの打ち上げで第2話も〆です。

メゾン・ド・ポリス(ドラマ)第2話 感想

だんだん打ち解けてきた夏目さんとひよりの関係。

そして娘を見守るようなおじさんたちの温かさ。

このドラマはキャラクターの優しさが伝わってきて、刑事ドラマなのに見ていてハッピーな気持ちになります。

私たちにもメゾン・ド・ポリスみたいな癒される場所があるといいのにな。

さて第3話は猫と美女が登場します。

予告編からすでに次回が楽しみです!