イノセンス冤罪弁護士

イノセンス~冤罪弁護士~は、冤罪の犠牲になり苦しむ人々を救おうと奔走する弁護士と、彼を取り巻く人たちのストーリーです。

冤罪事件を解き明かしていく弁護士を坂口健太郎さんが熱演し、共演は川口春奈さん、藤木直人さん、市川実日子さん、趣里さんなど。

ここでは第1話のあらすじ、ネタバレ、感想、動画視聴案内をまとめました。

【動画視聴】
動画視聴、見逃し配信はHuluで可能です。

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第1話 あらすじ

ほうしゅんどう法律事務所で刑事事件を担当する若手弁護士の黒川拓(坂口健太郎)は、日本の司法制度の下では異例の3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士。

しかしその素顔は、人当たりはいいものの、整理整頓が苦手で取材嫌い、事務所の物置に住み着いている変わり者。

訳あって大手事務所をクビになり、ひと月前から保駿堂法律事務所で働く新米弁護士の和倉楓(川口春奈)は、不本意ながら拓を手伝うことになるが、独特のペースに振り回されてストレスが溜まるばかり。

この日も拓は冤罪事件に関心を持つ報道ディレクター・有馬聡子(市川実日子)の取材をドタキャンし、勝手に依頼を受けていた依頼人との約束を優先させる。

依頼人・阿蘇恵美子(中島ひろ子)の夫・重雄(吉田栄作)は、自宅に放火をした容疑で逮捕された後、犯行を自白。

阿蘇家には借金があり、偶然にも恵美子が不在の日に事件が起きたことから保険金目当ての犯行とされているが、恵美子は夫の犯行が信じられないと言葉を詰まらせる。

拓は火事の際に重雄が慌てて持ち出したという戦隊ヒーローのフィギュアに興味を示す。

それは5年前に10歳で亡くなった息子・幸雄の形見の品だった……。

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第1話 ネタバレあらすじ

起訴されればほぼ100%有罪になると言われている日本の刑事事件においてあえて冤罪事件に立ち向かい、その成績は3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕の弁護士・黒川拓(坂口健太郎)。

凄腕とは言っても、黒川は保駿堂法律事務所に勤めるまだ若手の弁護士で、整理整頓が苦手で取材などの目立つことも嫌い、いつもだらしない格好で事務所奥の狭い物置に住み着いている少し変わった人物です。

事務所内でも、所長の別府長治(杉本哲太)や弁護士・登別次郎(正名僕蔵)からは事務所の利益に無頓着で冤罪にこだわるあまり警察や検察に批判的すぎる要注意人物として見られています。

前の事務所を不当解雇され、新しく事務所の仲間になった和倉楓(川口春奈)もそんな黒川に振り回されている1人でした。

ある日黒川は、冤罪事件の取材に来た報道ディレクターの有馬聡子(市川実日子)の取材をキャンセルし、依頼人である阿蘇恵美子(中島ひろ子)の話を聞きます。

恵美子の夫・重雄(吉田栄作)は、自宅への放火の罪を認めて起訴が決まっている状態でした。

警察の調書によると、阿蘇夫婦には借金があったため、妻・恵美子不在の日に事件が起きたことから保険金目当てで計画的に自宅2階の子供部屋に火をつけたとされています。

しかし恵美子は夫の無実を信じており、5年前に10歳で亡くなった息子・幸雄の部屋に夫が火をつけるなどあり得ないと黒川に訴えました。

重雄は事件当日、周囲を火に囲まれた危険な状態の中で息子の形見をいくつか持ちだしていたのです。

さっそく重雄の接見に行った黒川と和倉でしたが、重雄はすでに罪を認め自白しています。

しかし重雄の表情に違和感を覚えた黒川は、計画的に火をつけたなら息子の形見や大切な物を全て運び出せたのではないかと疑問を投げかけます。

すると重雄は、大切な自宅に自身が火をつけるはずもなく警察と検察から脅迫され虚偽の自白を強要されていたことを告白します。

翌日、火事現場で調査をする黒川、和倉、黒川をサポートするパラリーガルの城崎穂香(趣里)のもとに近所の小学生たちが集まってきました。

彼らは“幸雄の呪い”で火がついたのではないかととても気になることを口にします。

実は、息子の幸雄が亡くなったのは近所の廃工場で花火をしていた際の失火が原因だったのです。

そんな中、和倉は別府と登別に呼び出されました。

彼らの要求は、和倉が黒川の監視をすることでした。

その理由は、刑事事件の弁護はお金にならないのに無茶な捜査を行う黒川を見張って暴走したら止めるようにというものでした。

そして最初の公判の日、証言した取り調べ担当だった刑事に「お金欲しさに息子との思い出にも火をつける自分勝手な犯行」と挑発され重雄は公判中にも関わらず暴れてしまいます。

夫は息子の死に責任を感じており今回の自身の冤罪を天罰と考えていると泣く恵美子に、黒川は最善を尽くすと答えます。

検察側の証拠では、自宅の梁の燃え方から推測して出火元は2階の子供部屋であるとされていました。

息子が亡くなった廃工場へも足を運んだ黒川は、そこで違法にサバイバルゲームが行われている証拠を発見します。

火の燃え方に疑問を持った黒川は、東央大学の秋保恭一郎准教授(藤木直人)監修のもとである大規模な実験を行います。

まさに別府が危惧していた黒川の暴走が始まったのです。

そして弁護側反対尋問の日、秋保准教授が証言台に立ち1階と2階の間に隙間があれば1階からの出火でも検察側が証拠として提出した梁のような燃え方をすると証言しました。

また、今回の事件は近隣で行われていたサバイバルゲームの違法電波が原因で1階にあったストーブの誤作動による出火が原因だとして、黒川は検察と警察の不十分な検証を批判しました。

幸雄の形見であるビデオテープにも自宅ストーブが勝手に点火される現象が残っており、このような現象は近隣住宅で何度も起こっていてそれが“幸雄の呪い”とされていたのです。

この証拠が決定打となって検察側の証拠不十分により重雄は無罪となりました。

重雄が命懸けで火事から持ちだしたこのビデオテープが冤罪を晴らす証拠となったのです。

事件解決後、実験などの知らせを聞いておらず蚊帳の外だったと漏らす和倉に城崎は自分がそうしたのだと白状します。

城崎は黒川を面白く思っていない別府の思惑に気づいていたので和倉が黒川の邪魔をしないようにしたのです。

そんな城崎に和倉は黒川の父親について尋ねます。

実は黒川の父親は、最高検察庁の次長だったのです。

検察と弁護士という対立関係にある親子が今後どう関わっていくのでしょうか…。

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第1話 感想

ここ数年、弁護士がかっこよく冤罪事件を解決するようなドラマが増えていて、ストーリー自体はあまり新鮮味がないものでしたが、坂口健太郎さん演じる黒川の憎めないキャラクターには好感が持てました。

だらしない見た目なのに事件には真っすぐ向き合う真剣な表情が魅力的で、坂口さんのはまり役になりそうな予感がします。

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第1話 動画視聴

イノセンス~冤罪弁護士~(ドラマ)第1話の動画視聴はHuluで可能です。

ドラマ放送後から見ることができます。

Huluは私も5年以上愛用していますが、月額固定で追加料金がないので安心です。

無料お試し期間は2週間。チェックしてみてくださいね。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中