スキャンダル専門弁護士 QUEEN


楽しみにしていた『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話が放送されました。

第1話目にしてすっかりこのドラマの魅力にハマってしまった私ですが、第2話は昨今世間を騒がせているセクハラ・パワハラ問題が取り上げられていてまたまた興味深かったです。

今回氷見たちが弁護に当たるのは被害者側ではなく、セクハラで訴えられた加害者側なのですが、さてさて今回はどんなとんでもない活躍を見せてくれたのか。

さっそく第2話もネタバレあらすじ・感想をまとめてみました。

スキャンダル専門弁護士QUEEN第2話ネタバレあらすじ

今回の鈴木弁護士事務所の依頼人は大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブデザイナーの谷正輝(波岡一喜)。

契約社員だった佐藤瑠璃(成海璃子)がセクハラの末、契約を切られたと訴えを起こしたのに対し、セクハラ許すまじと立ち上がった女性たちを巻き込んでデモにまで発展。

完全に世間を敵に回す形になっているが実際セクハラはなかったのだと2人は訴えます。

氷見(竹内結子)はセクハラ記事を掲載した週刊誌『週間文新』編集部を訪れ、東堂(泉里香)のつてで担当の堀川を紹介してもらいます。

そこで氷見は瑠璃が今回の件の暴露本を出版する予定だという情報を得ます。

氷見は先手を打って瑠璃が顔出ししたら世間を変えるヒロインとして宣伝効果が上がるんじゃないかと堀川をそそのかします。

その後氷見と同僚の与田(水川あさみ)は瑠璃本人と会いセクハラ被害の話を聞くことに。金銭での解決を仄めかす氷見を「望みは谷からの謝罪だけだ」と瑠璃は頑なにはねつけます。

ならば謝罪させてみせましょうということで、氷見は副所長の鈴木(バカリズム)を伴い藤原の元へ。

しかし当然のごとく藤原は謝罪を拒否。

一方『週間文新』は氷見の勧め通り、瑠璃の顔出しで暴露本の宣伝へと乗り出します。

しかしこれこそ氷見の狙い通り。

世間の瑠璃を見る目は悲劇のヒロインから一転。

『売名行為』『したたかな女』『みんな計算では?』とネットは大炎上し瑠璃はバッシングの嵐に曝されることに。

「ああいう女は野心の塊だから絶対裏があるのよ」

与田の言う通り――その後すぐ谷のパワハラ音声がワイドショーに流出。

再び謝罪会見するよう藤原に掛け合う氷見たちですが、藤原は頑なに謝罪会見を拒みます。はたして真相は?

その後の調査で、氷見たちはこの案件にはもっと大きな裏があることに気が付きます。

今回はいつもドジばかりの藤枝くん(中川大志)も体を張って慣れない色仕掛けで藤原に近づき、酔わされながらも藤原がついに谷を切り捨て彼の悪事を週刊誌に売ったという情報を携え帰還。

氷見たちは代理店側が他に世間に出されたくないもっと大きなネタがあるから谷を切り捨てたのだと見当をつけます。

真野(斉藤由貴)が目星をつけたのは盗作疑惑。

会社側が利益を得るためにクリエイターたちの盗作を見て見ぬフリしていたという事実です。

事務所に呼び出されたのは谷と瑠璃。2人は過去に付き合っていた事実を認めますが依然敵対関係。

痴話喧嘩まがいの争いを繰り広げる2人を、その関係のこじれこそ今回会社に利用されたのだと氷見は諭します。

氷見たちに真相を暴かれた広告代理店は、盗作問題を外に出さない代わりにセクハラ問題に対する謝罪会見を開くことに同意。

一方暴露本を出すと言ってきかない瑠璃の方も先手を打ち、2人がつきあっていた過去を先に週刊誌に流して暴露本の出版を阻止。

今回もお見事なお裁き。

氷見さんかっこよかったです!

スキャンダル専門弁護士QUEEN第2話 感想

今回の見せ場と言ったらあれですよね、氷見ちゃんと与田ちゃんが20代の女子に化けて合コンひらくとこ。

思いきりはじけてる2人可愛かった!

それからイケメン記者のモロさん(佐野岳)と氷見の関係も気になる。

氷見が過去に人を殺してるって何事?!

次回も目が離せません!