トレース ドラマ

トレース~科捜研の男~2話のあらすじ、ネタバレ、感想をまとめました。


【見逃し・動画視聴】
トレース~科捜研の男~は
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

こちらで動画配信中です。

トレース~科捜研の男~2話 あらすじ・ネタバレ

沢口ノンナ(新木優子)は科捜研の仕事のテンポや内容についていけず、悩んで眠れない日々が続いていた。

先輩で法医科科長の海塚律子(小雪)も心配している。

今回の事件は、レストランでパーティーの最中、主賓の外科医・真田和寿(名高達男)が転落死した事件だ。

娘・有里(関めぐみ)の目撃証言と防犯カメラから、ウェイターとして潜り込んでいた、刃物キズのある宮永渉(篠原篤)が容疑者として浮かび上がる。

しかし現場の血痕のDNAは宮永とは不一致であったため釈放、警察は誤認逮捕をしたと報道され、虎丸良平刑事(船越英一郎)は班長として窮地に陥る。

捜査一課長の江波清志(篠井英介)から1週間以内に解決しないと班は解散、定年までの2年間は窓際と言われ、焦る虎丸。

虎丸は刑事のカンに頼り「宮永が犯人の証拠」を出せと科捜研にせっつくが、真野礼二(錦戸亮)は嫌悪感をあらわにする。

一方、無理がたたったノンナは現場検証中に貧血で倒れてしまう。

医師であり、自身も心臓に持病のある有里に介抱され、親身に話すようになる。

父親がなぜ殺されなければならなかったのか、本当のことが知りたいと一途に願う有里。

礼二は気になっていることを話す。

被害者の靴跡が不自然で、転落する前に犯人と向き合って会話していた可能性があるというのだ。

恨みを持つ人物の心当たりを聞かれ「ありません」断言する有里だった。

宮永に尾行をまかれてしまい、ますます焦る捜査一課の虎丸班。

終業後に礼二とノンナは現場に再度出向く。

礼二はなぜ被害者に手すりに立ち上がり振り返る余裕があったのか、気にしていた。

真下の花壇に折り鶴が落ちているのを発見する2人。

10年以上前血液と、宮永の指紋が検出される。

「やっぱり真野さんはすごいですね、私には無理」と落ち込むノンナを、あえて励まさない礼二だった。

さらに、有里が被害者の遺品からやはり血の付いた折り鶴を発見、血液はO型女性とわかる。

有里とノンナはお互いに体調気遣い、少し仲が良くなる。

科捜研での仕事に悩んでいることを打ち明けるノンナ。

有里に「真相を知ることで遺族は救われる。あなたたちにしかできない仕事」と言われ、ドキッとするのだった。

現場の血痕は岸田という別人のDNAだと判明。現場には近寄ったこともないし、被害者との接点もなく、出血したケガもない。

ハッと気づいた礼二は折り鶴を剥がして精密に調べてみる。

2つの折り鶴の紙は「中原」という人物の答案用紙で、2つの折り鶴で宮永と被害者はつながっているのだ。

さらに宮永が包帯を買った所で血液が見つかるか鑑定したい、と申し出る礼二。

薬局で売上金の500円玉から宮永の血液採取された!

検査結果から「宮永はキメラ」と礼二は判断。

宮永は骨髄移植を受けたことがあり、複数の遺伝子を持っていた。

岸田は宮永に骨髄を提供したことがあるのではないかとの調べだ。

虎丸が宮永の部屋を調べると、なぜか真田有里の写真がある。

宮永は10年前に被害者の病院に入院していた。

宮永は、今度は有里を襲うらしい!

病院で宿直の有里に忍び寄る宮永。

駆けつける礼二とノンナ、遅れて到着する虎丸たち。

自販機前で背後から襲われる百合。

宮永は「恨むなら親父を恨め」と首を絞める。

しかし、最後のところで手を放し、やり遂げられなかった宮永。

勇んで手錠をはめる虎丸と宮永を、にらみつけるように観察する礼二だった。

後日礼二とノンナは状況説明に行く。

15年前、宮永の彼女・中原さんは事故で運び込まれ、真田医師が緊急手術を担当した。

手術は失敗、脳死であると判断されたのだが…。

実は真田は中原さんに筋弛緩剤を投与し、脳死となった彼女の心臓を重病の娘の有里に移植する。

手術に立ち会った三井医師に宮永は事情を聞き出し、復讐を決意したのだ。

宮永に追い詰められた真田は、「中原さんの事は今まで忘れたことがない」と言って、飛び降りようとしたところを宮永に押されたのだった。

「私生きていていいのでしょうか」と震える有里に、礼二は話しかける。

宮永は復讐を止め、有里を見下ろして泣いていた。

おそらく、亡くなった恋人の心臓が百合の中で生きていることを実感したのだろう。

「受け継いだ命を大切にしていくことが、宮永さん中原さんの下にでもあるはず」そう言われ、泣きじゃくる百合だった。

帰りながら、知らなかった方がマシでは、というノンナ。

礼二は「どんな真実であったとしても、遺族は真実を知ることで初めて前に進むことができる。それを手助けするのも科捜研の大切な仕事の1つだ」と語る。

珍しくノンナに笑いかけ「お前はよくやった」と言う礼二だった。

無事やる気を取り戻したノンナだったが、海塚科長が見ると礼二はうかない顔だ。

遺族の話から兄が首をつった時のことを思い出し「あの日何があったの、教えてよ兄ちゃん」と一人つぶやく礼二だった。

トレース~科捜研の男~2話 感想

虎丸刑事が班長として命運をかけて動き、切羽詰まっている状況が、少々くどい感じだったのですが、緊迫感にドキドキしました。

でも、ストーリーの本筋は虎丸班長の方ではなく、被害者にまつわる過去の秘密でしたね。

心臓移植に関して父である真田医師が、有里のために重症の少女を見殺しにするどころか、筋弛緩剤を投与していたなんて、ドラマとしてもとても恐ろしい展開だと思いました。

有里が「自分は生きていて良いのだろうか」と悩む気持ちがすごく伝わってきました。

自分の仕事のアイデンティティーについて悩むノンナよりも、もっと何倍も恐ろしい状況ですよね。

それに対して礼二が有里にかけた言葉は穏やかで、第1話のように遺族の身に染みるような雰囲気でした。

しかも、状況からくる想像とはいえ、やむを得ず復讐にかられた宮永の心情について、礼二はよく理解しています。

話を聞いて泣きじゃくる有里の姿を見て、「真実を知ることで前に進める」というのは、まさに礼二の言葉通りだな、と思いました。

もう百合は「死んだほうがいい」などと思うことはないですよね!

トレース~科捜研の男~2話 動画視聴は?

トレース~科捜研の男~は
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
こちらで全話視聴することができます。