初めて恋をした日に読む話

今シーズンTBS火曜22時枠のドラマは『初めて恋をした日に読む話』です。

人気少女漫画をドラマ化。

主演はラブコメの女王、深田恭子さん。
受験、就活、恋愛…人生すべてが上手く行かないアラサー女子を演じます。

そして彼女と恋する3人の男たちには旬のイケメン俳優、永山絢斗さん、横浜流星さん、中村倫也さん。それぞれタイプが異なる3人が勢ぞろい!

これはもう胸キュン必至。初回からワクワクとニヤニヤが止まりません。

ということでさっそく第1話のネタバレあらすじ・感想をまとめてみました。

あらすじはネタバレありですので、ご注意くださいね。

初めて恋をした日に読む話(ドラマ)1話あらすじ

ある日、ひょんなことから知り合ったピンク髪のイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」と順子のいる山王ゼミナールにやって来て――!? 名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて…ましてや東大受験に失敗した私が人を東大に合格させるなんて、絶対に無理!と断る順子だったが…。

いちいち残念な32歳しくじり鈍感女子は、運命の恋に巡り会うことができるのか!?

初めて恋をした日に読む話(ドラマ)1話あらすじネタバレ

春見順子(深田恭子)32歳。

婚活で出会った男にフラれる残念シーンからのスタート。

女友達とのカラオケで一時ストレスを発散するも現実は――32歳で初恋すらまだ。

仕事も婚活も何もかもテキトー。

何にも夢中になれず、母親の顔色ばかりうかがって生きる順子に親友の美和(安達祐実)は「あんた、本当にヤバいよ」ときつい一言。

順子の挫折は東大受験に失敗したあの日から始まっていました。

青春時代のすべてを勉強に費やし母の希望通り東大を受験するも本番で失敗。

へらへら笑って帰宅すると母親のしのぶ(檀ふみ)から本気のビンタを食らってしまいます。

それ以来、母子の間には深い溝が。

しかし就職も婚活もうまくいかずいまだ実家暮らし。

しかたなく近所の学習塾で契約社員として働いています。

そんなある日、順子の前に現れたのは派手なピンク色に髪を染めた不良少年の由利匡平(横浜流星)。

順子は彼の中に失くしてしまった自分の青春時代を重ねてみるようになります。

一方、順子の従兄で東大卒のエリート八雲雅志(永山絢斗)は長い間、ひそかに順子に想いを寄せていました。

しかし雅志が不器用なせいか、それとも順子が鈍感なのか、2人の仲は全く進展せず今に至ります。

それでも雅志は遠回しな理由をつけて、順子を食事に誘うことに成功します。

そんな時、順子の働く学習塾にあのピンク頭の匡平くんが父親(鶴見辰吾)に連れられてやってきます。

順子の前で、バカだのクズだのさんざん息子をけなすエリートの父親。

順子の胸に我慢していた過去の自分がよみがえり、そしてついに順子は怒り心頭。

「逃げなさい!私みたいなつまらない大人になっちゃダメ!」と大暴れ。

結果――辞職を余儀なくされる事態に陥りますが、匡平はなぜか1人、再び塾に戻ってきます。

「俺を東大に入れてくんない?」

しかし聞けば匡平は、九九さえ言えれば入れると地元でも有名な底辺高校の生徒。

東大への入学希望は父親への反発心からだけだと感じた順子は二の足を踏みますが――。

しかし匡平くんは、『無敵ピンク』と命名されたピンク頭を順子にヨシヨシされちゃったせいか、完全にスイッチが入っちゃいます。

塾に辞表を提出し雅志との食事に向かおうとしていた順子の前に、中卒までの問題集をやり遂げて飛び込んでくる。

情熱にあふれた瞳。

彼の本気を目にした順子は雅志との約束をキャンセルすると、夜中まで匡平に勉強を教えることに。

これを機に匡平は東大受験を決意。

担任の山下一真(中村倫也)に東大1本に絞った進路希望調査表を提出。

順子もまた、心を入れ替えて働くと誓い辞表の取り下げます。

32年間探し続けていたワクワクしたときめきをピンク頭の匡平くんの中に見出した順子。

さてさて今後2人の運命は如何に?というところで第1話は終わりです。

初めて恋をした日に読む話(ドラマ)1話 感想

順子はすごく感情移入しやすいキャラクターですね。

何がしたいか分からない。

結婚にも仕事にもワクワクが見つからない。

今、こういう女性って多いと思います。

このドラマはそんなこじらせ女子の夢と恋が同時進行。

現役高校生匡平と過ごす中で、失われた青春さえ取り戻してしまいます。

私は初回ですっかり夢中になっちゃいました。

来週は匡平と順子が急接近の予感だし、匡平の担任、一真と順子の関係も気になるところ。第2話もとっても楽しみです!