メゾン・ド・ポリス

さてTBS金曜夜22時、面白そうなドラマが始まりましたよ!

その名も『メゾン・ド・ポリス』。

メゾン・ド・ポリスというのは警察OBたちの住むシェアハウスの名前です。

シェアハウスという設定がなんとも今時ぽく素敵ですが。

しかーし、実際住んでるのは定年を迎えたような曲者のおじさんばっかり!

そこに迷い込んでしまったのが主人公・新人刑事の牧野ひより。

さてさてどうなるやら。さっそく第1話ネタバレあらすじ・感想をまとめてみました。

メゾン・ド・ポリス第1話 ネタバレあらすじ

新米刑事の牧野ひより(高畑充希)が所属する柳町北署の管内で男性が頭からガソリンを浴びせられ、火をつけられて殺される残虐な事件が発生します。

犯人はその様子をスマホで撮影しネットで配信しており、その手口が5年前に発生した『デスダンス事件』とまったく同じことから、巷では第2のデスダンス事件と騒がれていました。

ひよりは上司の指示で5年前に犯人を逮捕した夏目(西島秀俊)の元に聞き込みに行くのですが、夏目はもう引退した身で今は自分が暮らす屋敷の、ただの使用人だと言い張り取り付く島もありません。

そこに屋敷のオーナーである白髪の老紳士が登場。

ひよりを屋敷の中に招き入れてくれます。

その屋敷こそ引退刑事たちのシェアハウス。

その名も『メゾン・ド・ポリス』。

オーナーの伊達(近藤正臣)はもと警察庁の幹部。

強面のジャージ姿のおじさんは元柳町北署の刑事・迫田(角野卓造)。

白衣姿のキザなおじさんは元科捜研の藤堂(野口五郎)。

家事全般を担うオネエ系の高平(小日向文世)も元警務課出身。

そしてメゾン・ド・ポリスの雑用係こそ元捜査一課のエース夏目。

おじさんたちは暇つぶしにひよりの捜査に協力してやると言い出し、伊達さんの「上には話を通しておきますから」という鶴の一声で、メゾン・ド・ポリスは事件の捜査本部へと一気に姿を変えます。

先輩風を吹かせるだけ吹かせ、非協力的だった夏目にも軽くパワハラ気味に捜査への協力を要請。

こうしてとうとう夏目はひよりのパートナーにされてしまうのです。

その後、ひよりは5年前のデスダンス事件の犯人である本間と面会。

本間は無実を主張しており、刑事だった夏目に強引に自白を強要されたのだとひよりに訴えます。

同じ頃、柳町北署に本間の母親である弘子(手塚理美)がやって来ます。

弘子は第2のデスダンス事件の発生が、息子が無実である証拠ではないかと警察に訴えに来ていたのです。

捜査会議では被害者園田が愛人サイトに登録し頻繁に女性と会っていたこと、多額の保険金の受取人が息子義政であり、その息子と不和であったことから義政に疑いの目が向けられていました。

本間は本当に無実なのではないか?

ひよりの心は揺らぎます。

答えが見つからぬまま、再び夏目と捜査に出たひより。

園田の経営していた天ぷら屋で妻と息子から話を聞いた帰り、ひよりは本間の母弘子と遭遇。

ひよりは弘子の話を聞くうち、すべての事件の真犯人は園田の息子である義政かもしれないという思いを強くします。

その夜、単独で義政の後を追っていたひよりはスタンガンで撃たれ捕らわれの身に。

ひよりから電話を受けた夏目とおじさんたち――ついに本気出して出動です!

ひよりを捕えていたのは義政ではありませんでした。

ひよりの目の前にいたのは本間の母・弘子。

弘子は自分が園田を殺害したこと、そして息子を逮捕した夏目に復讐する為、ひよりを殺し自分も息子の罪を被って自殺するつもりだと話します。

ガソリンが撒かれ、火が放たれる寸前。

ようやく夏目とおじさんたち、可愛いひよりちゃんを救う為、血相変えて飛び込んできます。

やはり夏目の言う通り5年前の犯人は本間であり、今回の事件もまた本間が自分を溺愛する母親を利用し、罪を被せる為の卑劣な計画だったのです。

自分の甘さを痛感し、落ち込むひよりの元にメゾン・ド・ポリスから迎えの車が――。

「おまえが火をつけたんだぞ」

迷惑そうな夏目をよそにおじさんたちは今後も捜査に協力すると大張り切り!

これで終わりじゃなかった。

これが始まり――。

唯一の現職刑事ひよりをリーダーとして、メゾン・ド・ポリス始動です!

メゾン・ド・ポリス第1話 感想

刑事ドラマなのに声に出して笑っちゃうシーン満載。

ベテラン俳優さんたちの掛け合い、さすがに上手ですごくいい雰囲気でした。

ひよりが刑事になった理由と夏目さんが刑事をやめた理由も気になるところです。

メゾン・ド・ポリス、第2話もめちゃくちゃ楽しみです!