トレース ドラマ

錦戸亮(関ジャニ∞)主演のドラマ『トレース~科捜研の男~』がはじまりましたね。

1/7の初回視聴率は12.3%(関東地区調べ)と高く、好発進といえます。

ここでは、『トレース~科捜研の男~』のあらすじと見どころ、キャストについてご紹介していきます。

原作についても調べてみました!

トレース~科捜研の男~は
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

こちらで動画配信中です。

トレース~科捜研の男~あらすじ

真野礼二は科捜研のメンバーの中でも他と迎合しない「真実の欠片」のみを追い求める研究員です。

その姿勢は捜査1課の虎丸良平刑事らとの軋轢を呼び、新人研究員の沢木ノンナや法医科長の海塚律子も振り回されることが多々あります。

しかし礼二の働きのおかげで多くの難事件が解決していることも事実で、そのこだわりには一目置かれています。

先輩としてその能力を尊敬し、「正義を実現するヒーロー」と考えるノンナ。

実は礼二には過去に家族を惨殺され、しかも未解決とされてしまったトラウマがあり、その事件には虎丸や海塚も関係しているらしいのです。

「トレース~科捜研の男~」では1話完結の難事件への取り組みのほかに、徐々に礼二のトラウマと過去の事件についてのアプローチが語られることになりますね!

トレース~科捜研の男~の見どころは?

公式サイトでは「リアルな本格科捜研サスペンス!」と打ち上げて、次のようにあります。

・錦戸亮×新木優子×船越英一郎の異色トリオで魅せる老若男女が楽しめる科捜研サスペンス!
・元「科捜研」の原作者が描くリアルな現場が完全再現!
・フジテレビドラマ制作陣が総力を結集!1月期「月9」は、真実の欠片探しの旅へ…

フジテレビ系「月9」はこのところ甘い恋愛ドラマではなく、硬派なお仕事系ドラマが続いていますね。

今回はその流れを汲んでの渾身のサスペンス、という感じです。

第1話ではバラバラ死体やDV問題、第2話では容疑者とDNA鑑定の不一致と、科捜研が主体らしい、難事件が次々持ち上がってきます。

捜査1課と科捜研が競うように犯人に迫っていく様子がワクワクします。

トレース~科捜研の男~のキャスト

真野礼二(錦戸亮)

科捜研のベテラン研究員。独立独歩で反感をかうことも多い。

真実の追及には厳しいが、遺族や真剣な時のノンナには優しい。

沢口ノンナ(新木優子)

科捜研の新人、海塚法医科長にスカウトされた。

まだ現場のシリアスさについていけない時がある。礼二の仕事態度を尊敬している。

虎丸良平(船越英一郎)

昔気質の熱血ベテラン刑事。勘に頼る捜査方針は礼二にバッサリ切られ、対立することが多い。

とにかく仕事一筋。



こうして看板である3人の俳優さんを見ると、ターゲット層を広く取ったドラマだ、ということが分かりますね。

特に主演の錦戸亮がジャニーズファン層だけでなく、大河ドラマ「西郷どん」での西郷従道役での熱演からも演技力でファンを増やしているうえに、今回は普段とはちがったクールな様子を見せてくれるので、ワクワクします。

2時間ドラマの帝王・船越英一郎のいぶし銀の演技や、月9連投の新木優子が演じる沢木ノンナの成長も楽しみですね!

トレース~科捜研の男~の原作は?

「トレース~科捜研の男~」の原作は、古賀慶のマンガ「トレース 科捜研法医研究員の追想」です。

ということは、あえて題名を「科捜研の女」にぶつけてきたということですね(苦笑)。

古賀慶は実際に科捜研に勤めていたこともあるそうで、実体験に基づいた緻密な描写が評判です。

連載中のマンガなので、実は真野礼二の過去についてなどは、まだ明かされていない部分もあるんですよね。

その辺り、ドラマの方が先んじてしまうのか、オリジナルのストーリーとなるのか、興味津々です。

おおむね原作に準じた設定の「トレース~科捜研の男~」ですが、海塚法医科長が女性に変わっていたり、捜査1課の虎丸刑事と真野礼二との溝が深かったりと、変化もありますね。

虎丸は科捜研を道具のようにしか思っていなくて、逆に礼二のほうも虎丸刑事たちの憶測で捜査する態度を「気持ち悪い」と一刀両断してしまいます。

原作では、礼二と虎丸刑事は過去の事件で縁があるなど、かなり親密な関係です。

その辺が今後どう描かれるのか、気になるところです。

まとめ

ドラマ「トレース~科捜研の男~」について、ご紹介しました。

科捜研主体の刑事ドラマで、とてもサスペンス色の濃いハードな月9です。

毎回の難事件への取り組みはもちろん、主人公真野礼二の過去のトラウマ、またそれを錦戸亮がどう細やかに演じていくかなど、目が離せなくなりそうなドラマです!

トレース~科捜研の男~は
フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】

こちらで動画配信中です。