回を追うごとに人気・知名度共に上昇中の『今日から俺は!!』

今回は、第7話のあらすじと感想、みどころをお伝えしていきましょう。

今日から俺は!!動画はHuluで!

全話・見逃し配信はHuluで。

放送後に配信開始され、全話視聴することができます。

第7話 あらすじ

三橋は理子宛の今井の手紙を盗み、「4時に」とある待ち合わせ場所にワナとも知らずにとんでいく。

しかし待ち合わせ場所ちかくのトイレに、血まみれの紅羽高の生徒を発見!

そこに伊藤と理子、今井も到着し、三橋は殺人犯扱いされてしまう。

警察にも追われ、川辺で空腹に泣きそうになる三橋。

そこに死んだ生徒の幽霊も現れる。

怯えた三橋の前で爆笑が炸裂!

今回の一件は、すべて今井達の仕掛けたドッキリ大作戦だったのだ。

情けない写真を撮られ、紅高生に笑われる三橋。

しばらく呆然とし続ける三橋。

ところが我に返ると一転、ちまちまと仕返しを繰り返す。

怒って追いかけてきた今井を、なんと廃ビルの最上階に閉じ込めてしまう!

さすがに焦る今井、鬼の形相で笑う三橋。

しかし、しまった自分も閉じ込められた!と呆然。

本当はウソの芝居だったのだが、今井は気づかずに大笑いする。

しかし今井も出られないことには変わらない。

サバ缶を自慢する三橋、対してガムを自慢する今井。

しかし、今井のガムは悲しい事態を引き起こす。口の水分が持ってかれて、ノドがカラカラになる今井。

その頃三橋は普通に帰宅し、おいしく夕飯を食しているのだった。

翌日。

ワクワクしながら廃ビルに戻る三橋。

気を失っていた、と嘘をついて、隣の部屋から今井をいじめる作戦だ。

まずは「ションベンは飲めるらしい」とささやき、紙コップを渡す。

なんと今井は誘いにのるが、幸か不幸か、出ない!と悲痛な叫び。

「夕暮れや~雷鳴響く~俺の腹」

辞世の句を詠まれ、抱腹絶倒の三橋。

復讐再開と、革靴、バナナの皮、ワラ、卵の殻、と、次々今井に差しいれる。

人の好い今井は次々口にし、三橋は笑いをこらえてその姿を写真に収めていく。

ついに夜。

三橋は「俺は力が残っていない」と、釣り針をぶら下げた重量級の鉄材を今井に渡し、これを使って落ちているロープをゲットしろと勧める。

最後の力を振り絞る今井。

ロープを拾えそうな、瞬間。

普通に下りた三橋は、釣り糸を切り落としてしまう。

ガクリと力尽きる今井。

もはや三橋に抵抗する気力が残っていない、今井だった。

ちなみにビルの裏側の部屋では、谷川が今井と同じ目に合っていたのだった…。

感想、見どころ

さすが、原作を知っている人たちの間で「神回」と評判のあった回らしく、とても凝った設定に大受けでした。

先手・今井、後手・三橋の低レベルなじゃれ合い、というような成り行きなのに、まるでちょうどその当時はやった「八時だよ、全員集合!」のドリフターズのように、パンチのきいたコントを見ているようでした。

それにしても、一応ライバル関係とは言え、ツッパリなのだからここは力で勝負だろうに、今井の復讐がドッキリの形をとるとは、意外性があって驚きでした。

こういう「ドッキリ」も、80年代くらいに流行った手法なのかもしれませんね。

あまりに手が込んでいて、ご遺体や警察官に、三橋と一緒にだまされてしまった自分自身が、少々悔しいです。

そう思わせてくれるということは、脚本や監督の手法が素晴らしい、ということですね!

そして、ドラマの中ではこんなに手の込んだことを今井が考えつくわけがない、ということで、今井よりは頭がいい設定の谷川も、三橋の復讐のターゲットになってしまったんだな、と合点がいきました。

2部屋並んだ廃ビルでの三橋と今井のやり取りは、まるで劇中劇のようで、ちょうどお芝居の舞台のようでした。

ドンドン弱ってきて、三橋にいじられる今井と、大爆笑をこらえて息が苦しくなっているような三橋の、部屋の温度差が伝わってくるような雰囲気は、TVドラマを超えた面白さがあったと思います!

また、今井がどんどん気前よく騙されていく演技も、馬鹿すぎる!というよりも、その純粋さに、実は育ちがいいのかな?と考えたくなるようなシーンでした。

辞世の句を詠んだのに三橋が大笑いをこらえていましたが、これも内容はともかくスッと句が出てくるのだから、馬鹿というよりむしろお坊ちゃまか、というツッコミを入れたくなりました。

あまりほかのメンバーの活躍や、ツッパリの抗争の進展などは見られない回でしたが、とにかく、全話通して一番笑える回だったと、自信をもって推薦したいです!

賀来賢人さんの引き出しの多さに脱帽

三橋貴志(俳優:賀来賢人)今回の冴えわたる復讐劇は、彼のコミカルな動きの賜物だと思います。

前半戦のやられっぱなしの内容がフェイクだったと気づいた時の涙目の表情といい、今井を誘うために「今井はウンコ」のダンスを披露していた笑えるシーンといい、こんなに引き出し多い役者さんであったことに、コチラが感謝したいくらいの気持ちです。

byねこねこGOGO

感想、見どころ NO.2

三橋が今井に見事やられてしまったときはとても驚きました。

今井が三橋を騙して見事落ち込ませることに成功したので今井はとてもすごいと感心してしまいました。

しかし、黙っていない三橋が今井にどんなことをして倒すのだろうと思うと、ビルに閉じ込めるというとても恐ろしいやり方だったのですごくびっくりしました。

今井と同じように閉じ込められたように見せかけて自分は家に帰ってご飯を食べて学校に行っている三橋の姿がとてもおかしかったです。

今井は話すことも難しくなった状況の中、やっと人がビルの前に来たのですごく嬉しそうだったのですが、京子と明美に助けを求めるために最後の声を振り絞るのですが、それを阻止するように三橋が大声で叫んだため何を言っているのか分からずに京子と明美が行ってしまったときがとてもおかしかったです。

今井は最後の声を振り絞ったのに助かることができなかったのがとても残念でした。

疲れ切った今井の耳に谷川の声が聞こえるため、幻聴が聞こえるようになったと思う今井の姿がとてもおかしかったです。

谷川も同じようにビルの反対側で三橋にやり返されていたため、仲良しの二人が仲良くやり返されているのがとても笑えました。

さらに、二人共幻聴だと思っていたお互いの声は同じビルの反対側から叫んでいた声だと思うととてもおかしかったです。

いつもなら谷川が必死になって今井のことを探すだろうと思いながら見ていたので、谷川も出られない状況だったと分かってとても理解してしまいました。

谷川は二度と三橋に手を出さないと思っていたのですが、今井はまたやり返す気持ちでいたため、谷川は一生今井についていくことを確信していたところがとてもおかしくて笑ってしまいました。

三橋に手を出したらまたやり返されてしまうと思うので、いつまでたっても終わらない戦いになってしまうのではと思うととてもおかしくなってしまいました。

三橋が今井を追い詰める姿がとても卑怯で見どころでした。

本当に、三橋が卑怯すぎておかしいです。

三橋が卑怯なことは分かっているのですが、思っているよりももっと卑怯すぎてすごくおもしろい回でした。

by nano