トランス脂肪酸についてご存知でしょうか。

トランス脂肪酸とは、体に様々な悪影響を与えてしまうと言われていて、世界中で規制をしようという動きが広まっているのです。

そんな、トランス脂肪酸ですが、実は日本では規制はなく、表示義務すらありません。

そのため、トランス脂肪酸を多く含む食品を避けようと思っていてもなかなか避けることができないのが現実です。

今回はトランス脂肪酸を多く含むのは食べ物を紹介します。

スポンサードリンク

トランス脂肪酸を多く含む食べ物

体に悪影響を与えるということで、出来るだけトランス脂肪酸を多く含む食べ物を避けるためにもしっかりとした知識を持っておく必要があります。

そこで、トランス脂肪酸を多く含む食品をリスト化してみました。

  • マーガリン
  • ピーナッツバター
  • マヨネーズ
  • ショートニング
  • コーヒークリーム
  • カップ麺
  • クッキー、ビスケット
  • ポテトチップス
  • 冷凍食品

です。

聞いたことがあるものから、初めて知って驚いてしまったという人も多いのではないでしょうか。

マーガリンは有名ですよね。

冷凍食品に関してはお弁当などでよく使うというご家庭も多いかと思います。

しかし、この電子レンジを使って解凍するタイプの冷凍食品に含まれている油が原因にあります。

冷凍食品にもトランス脂肪酸は多いため、できる限りトランス脂肪酸を避けるためにも使わない方が良いです。

こんなものも危ない!意外とやってしまう落とし穴

できる限りトランス脂肪酸を避ける為にも、リスト化した食べ物を避けることが大切なのですが、上記意外の物ならば大丈夫と思ってしまうのは間違いです。

実は、多くの人が行っている行為の中でも危険なものがあります。

それが「油の使い回し」です。

特に、古い使い回しの揚げ物用油は使い回せば使いまわす程、トランス脂肪酸が発生してしまいます。

そうすると当然体に及ぼす悪影響が多くなってきてしまうため、注意が必要です。

油の使い回しはとても便利で、揚げ物が大好きな人がご家庭にいる場合、何度も新しい油を使うと家計の圧迫にもなってしまいます。

そのため、油の使い回しを行いたいと思っている人も多いのですが、体の事を考えるとやはり油の使い回しは避けるべきです。

まとめ

トランス脂肪酸を摂取することで、血液中の中性脂肪が増え体脂肪がたまりやすくなり、結果として肥満になる可能性が高くなるという結果がでています。

できる限りトランス脂肪酸を摂取しないためにも、紹介した食べ物を避ける事が大切です。

また、適度な運動をすることも大切なので、正しい食事と運動を心がけましょう。


スポンサードリンク