運動をしているときや姿勢を変えようとしたときに足がつってしまうなんて経験はありませんか?

そんな時はすぐにつってしまった事が分かりますが、寝ている時に突然足がつってしまったら大変ですよね。

気持ちよく寝ていたのに、突如として痛みが襲ってきて、飛び起きてしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな寝ている時に足がつってしまう原因はなんでしょうか?

分かりやすく説明します。

スポンサードリンク

なぜ足がつってしまうのか?

そもそもなぜ足がつってしまうのでしょうか。

できれば足がつってしまうという体験をしたくないと思いますよね。

足がつることを「こむらがえり」とも言われているのですが、足がつることは足の筋肉が縮んでしまいのびなくなった状態を言います。

足がつってしまった時は立つのも辛く、動くことができないなんていう人もいるのですが、多くの場合はすぐに痛みが治まります。

しかし、足がつってしまう原因として挙げられるのが「筋肉疲労」、「無理なダイエット」、「貧血」が挙げられます。

これらを寝ている時に挙げられるものはやはり「筋肉疲労」ではないでしょうか。

特に女性は筋肉量が少ないので、ちょっとの負荷で筋肉疲労が起こりやすいと言われているのですが、その他にも、運動不足も足がつってしまう原因にもなります。

足がつる対策はあるのか?

足がつってしまうと傷みだけではなく、気分も落ち込んでしまいますよね。

そんな足がつる対策は本当にあるのでしょうか?

実は意外にもとても簡単な方法で足がつることを防ぐことができます。

それは、

  • 食後すぐの運動は控える
  • 就寝前はコップ1杯のミネラルウォーターを飲む
  • カフェイン摂取を控える
  • 運動や就寝の前に筋肉の軽いストレッチを行う
  • お酒、たばこを控える

といった方法で足がつる対策をすることができます。

また、万が一足がつってしまった場合は、つってしまった足を伸ばすことで痛みが和らぐことができます。

また、手で足や足指を上方に引っ張るストレッチすることでも改善することができます。

まとめ

足がつってしまうのは本当に嫌なことですよね。

そのためには、常日頃から足がつってしまうことがないように、ストレッチを心がける必要があります。

また、できれば足がつってしまう体験をしたくないものですが、万が一つってしまった場合はすぐにでも対処法を行ってみてください。

また、対処法を行ってもなかなか改善する見込みがない場合は、一度病院に行くこともオススメします。

スポンサードリンク