温泉や銭湯は現代の日本人にとってはあまり好き好んで行くという人がとても少なくなってきました。

そのため、あまり行ったことがないという人もいれば、一度も行ったことがないという人も多くいます。

そのため、温泉や銭湯に行った際に、知らずにマナー違反をしてしまっていたという人もいます。

そんな温泉や銭湯に入る際の問題視されている事の一つに「タオル」があります。

タオルをどう扱えばよいのか分からずに困惑してしまう人も多いのですが、正しい使い方をして気持ちよく温泉や銭湯に入るためのマナーを伝授します。


スポンサードリンク

湯船に入る際、タオルはどこに置けばよいのか?

意外にも知らない人が多いのが、湯船に入る際、タオルはどこに置けばよいのかといった問題が出てくるのですが、

正しいタオルの置き場所は一体どこなのでしょうか。

それが人によって大きく異なるのですが、多くの人が「頭の上にタオルを置く」という方法です。

一度は見たことがあるという人も中にはいるかと思いますが、自分の体を拭いたタオルで湯船に入れてしまうとほかの人から見て気持ちの良いものではないですよね。

また、されたら気分を害する人もいるかと思います。

そのため、頭の上にタオルを置くことがマナーとされています。

また、頭の上に置きたくないという人は、湯船から離れた場所に置いておくというのも正しいマナーです。

なぜ、湯船にタオルを入れてはいけないのか?

そもそもなぜ、湯船にタオルを入れてはいけないのかご存知ですか?

意外と知っているようで知らない事なのですが、一つはやはり「マナー」です。

自分の体を拭いたタオルを湯船に入れるのは当然周りから見ていても気持ちの良いものではないからです。

また、「汚い」というイメージを持たれる方も多く、その湯船には入りたくないという思いがあります。

そのため、マナーとしてタオルを湯船に入れないこととされているのですが、その他にもきちんとした理由があるのです。

それが「伝染病を防ぐため」でもあるのです。

湯船に入れることで、垢や石鹸かすによって他者に伝染病を広めてしまう恐れがあるのです。

そして、一度広まってしまうと、温泉宿としては営業ができない状態になってしまいます。

それを避けるためにも、タオルを湯船には入れてはいけないのです。

また、地方に行くと、かなり温泉が熱いということがありますが、これは50°以上にすることによって殺菌効果があるからという理由です。

まとめ

しっかりと正しいマナーを身につけることがとても重要なのですが、マナーを履き違えてしまうと、ほかの人の迷惑になってしまいます。

今一度、タオルを湯船に入れてはいけない理由を再度確認し、正しいマナーで温泉や銭湯を楽しんでみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク