小麦粉は賞味期限がとても長いため、安心して放置してしまっているという人も多いのではないでしょうか。

実際に、小麦粉はとても便利で、重宝するだけあって長い間放置をしてしまっている人もいますが、それが原因でダニが発生してしまう事をご存知でしょうか。

実は気を付けないと命の危険性までもあるため、小麦粉とダニの関係性について詳しく説明します。


スポンサードリンク

小麦粉を放置してダニが発生するとどうなる?

まさか小麦粉を放置していたからといってダニが発生してしまうなんて事考えたこともないかと思います。

しかし、実際に小麦粉をきちんと保存しておかないとダニが発生してしまい、ダニが繁殖した小麦粉を使った料理を食べることで、最悪の場合命を落とす可能性も出てきます。

また、腹痛や下痢といった症状を引き起こすことも考えられるため、小麦粉はきちんと正しい保存方法で保存をすることが大切です。

小麦粉の正しい保存方法は?

知っているようで、意外と知らない人が多い小麦粉の保存方法ですが、小麦粉の保存方法として適切なのが冷蔵保存です。

近年、小麦粉は常温で保存をするよりも冷蔵保存をした方が、よりダニが発生しにくくなると言われていますが、冷蔵保存をする場合はいくつか注意点があります。

それは、冷蔵庫は結露が発生することがあり、水分によってカビが生えてしまうことがあるということです。

ダニは湿度50%〜60%以上、温度が25℃以上で発生してしまうのですが、これを防ぐためには密閉容器を二重にするといった結露対策をすることで、ダニの発生を防ぐことができます。

他の保存方法はどんなものがあるの?

冷蔵庫保存の他に、小麦粉を保存するにはどういった保存方法があるのでしょうか。

実際に小麦粉を保存する場合は常温保存も挙げられるのですが、常温保存の場合は温度や高い湿度にならなければ常温保存でも可能です。

また、環境に関して徹底的に見直す必要が出てくるため、あまり常温保存はオススメできません。

その他にも冷凍庫で保存をするというやり方もありますが、冷凍庫保存は一番小麦粉の質を落とさずに安全に保存をすることができます。

冷凍庫に保存をする際は結露を防ぐために二重にする必要が出てきます。

まとめ

小麦粉を安全に安心して使うためにもしっかりとした小麦粉の保存方法を見直す必要があります。

また、できる限り早い段階で小麦粉を使う事で、ダニの発生を防ぐことができ、安心して小麦粉を使うことができます。

今一度、小麦粉の保存方法をチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。


スポンサードリンク