よく料理などの付け合せについてくるパセリですが、見た目が美しく、洋食メニューや定食屋では料理と一緒に必ずと言って良いほどパセリが出てきます。

そんな当たり前のように出てくるパセリですが、このパセリどうしていますか?

実際に、パセリをどかして食べるという人もいれば、パセリを食べるという人もいます。

そんな料理に出てくるパセリですが、実際は食べても良いものなのか、なぜ付け合せに出てくるのか疑問に思ってしまいますよね。

そこで、料理に出てくるパセリをどうしたら良いのかご紹介します。

パセリを食べる人と食べない人ではどちらの方が多いのか?

まず、どうしても気になってしまう問題としては、付け合せのパセリを食べる人と食べない人ではどちらの方が多いのでしょうか。

そこで、パセリを食べる人と食べない人の意見を調査してみました。

食べる派の意見

食べる派の人の意見は「パセリが好きだから」、「出された食べ物は残さないから」、「パセリは栄養があるから」という意見があります。

食べない派の意見

そして、パセリを食べない派の意見は「パセリが嫌いだから」、「飾りだから」、「使い回されているかもしれないから」といった意見がありました。

確かに、どちらも正解の様な気がしますが、パセリを食べない人の方が多いということがわかりました。

そもそもどうしてパセリを付け合わせるの?

ここで、パセリを付け合せとして出す理由ですが、これには意味があるのでしょうか。

実際、洋食だけではなく、刺身にもパセリを添えているのを見たことがあるという人も多いかと思いますが、実はパセリを付け合わせるにはきちんと意味があったのです。

1つは彩りや飾りのためにパセリを乗せるため、そして、パセリは栄養豊富な野菜だから乗せるという意味があるのです。

パセリにはBカロチン、ビタミンB1、B2、ビタミンC、鉄、食物繊維、葉緑素、アピオール、カルシウム、マグネシウムといったとても多くの栄養素が含まれています。

また、パセリには食中毒予防の効果があるため、刺身の横についている理由でもあります。

まとめ

洋食や刺身についてくるパセリにはきちんと理由があるということがわかりました。

これはとても素晴らしいことですよね。

また、パセリには口臭予防の効果があるため、にんにくなどの口臭が気になるような食べ物でも安心して食べることができることができたり、

パセリを食べることによって食中毒予防にもなるため、パセリを食べることは、実はとても良いことでもあるのです。