かかとのガサガサに悩む女性は多いと思います。

かわいいサンダルやオシャレなフットネイルをしても、かかとがガサガサだと気になってしまい、なかなか足を出すのを躊躇ってしまうという人もいるのではないでしょうか。

冬になると乾燥のために、夏以上に酷くなる傾向もありますよね。

そんなかかとのガサガサやひび割れといった、足のトラブルですが、どうすれば改善することが出来るのでしょうか。

分かりやすくご説明します。

ガサガサの原因を解明しよう!

そもそも、かかとがガサガサになってしまう原因は何にあるのかご存知でしょうか。

何事も原因をしっかりと探らないと治るものもなかなか治らない?!

ということで、かかとがガサガサになってしまう原因についてまずは解明してみましょう。

かかとがガサガサになってしまう原因の多くが「かかとに角質がたまる」、「かかとの乾燥」、「水虫ができている」が挙げれます。

特に、多くの人がかかとに角質がたまってしまい、かかとがガサガサになってしまうと言われています。

女性の多くがヒールのある靴を履いていますが、このヒールによって余計に刺激が加わってしまい、ガサガサがひどくなってしまう事もあります。

かかとのガサガサはどうやって改善するの?

原因を探ることができたけれども、かかとのガサガサはどうやって改善して行けば良いのでしょうか。

また、ガサガサが治るまでどのぐらいの期間が必要になってくるのでしょうか。

そんな、かかとのガサガサの治し方ですが、「削る」、「フットスクラブでケア」、「かかとのパックでケア」、「保湿クリームを塗る」といった方法でかかとのガサガサを改善していくことができるでしょう。

治る期間は人によって異なりますが、早くて1~2週間で改善の兆しが見えるという人もいれば、長くて1年中かかとのガサガサが治らないという人もいます。

そのため、しっかりとケアを行うことが大切です。

また、かかとのガサガサですが、常日頃から角質ケアを行った後は保湿を行うことが大切です。

保湿を忘れてしまっては、かかとのガサガサが治りにくい傾向にあるので注意が必要です。

個人的には、尿素クリームがおすすめです。

尿素20%のクリームを選んでくださいね。

ポイントは、かかとのガサガサが改善してきたら、過度にクリームを塗りすぎないということです。

かかとのガサガサをケアする際の注意点は?

かかとのガサガサをケアする際の注意点として、角質ケアの後は必ず保湿を行うという事を挙げましたが、その他にも注意点はいくつかあります。

注意点として挙げられるのが角質を削る際に、削りすぎない様にすることが大切です。

角質を削り過ぎてしまうと、新しい皮膚まで傷つけてしまう事が考えられます。

そうなってしまうと、細菌が入ってしまったり、さらにガサガサになってしまったりとトラブルの元になってしまうので注意が必要です。

まとめ

できる限り早くかかとのガサガサを改善するためにもしっかりとした角質ケアを行うことが大切です。

また、古い角質を削る際は、急いでしまうのではなく、ゆっくりと削ることを忘れてはいけないです。

注意深く角質を削り、そのあとは保湿を忘れずに行うことで、早い段階でかかとのガサガサを改善していくことができます。