出勤するために電車を使っている人はとても多くいますよね。

電車はとても便利な乗り物でもあるのですが、ほかの人も電車を多く利用しているため、どうしても満員電車を避けることはできません。

しかし、本当に満員電車だからといって我慢をしなければいけないのでしょうか?

そんな満員電車に困っている人のためにも、出勤が楽になる満員電車の攻略法を伝授します!

どこに乗れば良い?実は奥へ進むことで改善できる!?

電車に乗る際に、どこに乗れば安心して乗ることが出来るのかご存知ですか?

実際に、電車を乗る際にどこに乗れば楽になるのかを知っておくと、満員電車でも苦労をしてしまうなんてことが回避することができるのですが、

満員電車の一番危険な場所は実はドア付近です。

ドア付近は、停車時に人が出入りすることによって立ち位置が変わりやすく、人が入るたびに降りなければいけない、どかなければいけないといった面倒があります。

また、ドア付近はドアの開閉のたびに外の風が入るため、冬場の時は特につらいです。

そのため、奥へ進むことによって、あまり移動をしなくても良く、更に実は奥の方だと空いていることがあるので、満員電車の中に入ったらすぐに奥へ行くことが大切です。

ストレス軽減!?音楽を聴く

実はストレスに効果的で、満員電車でも嫌にならなくなるのが音楽を聴くという方法です。

満員電車だと人が多いため、どうしても話し声やうめき声が聞こえますよね。

それにストレスを感じてしまっている人がとても多くいるのですが、音楽を聴いて周りの雑音が入らないようにすることで、ストレスを軽減することができるのです。

意外な攻略!?学生の前で待つことで座れる

何やら信じがたい話なのですが、実際に学生の前で待つことで座ることが出来るのです。

それはどうしてなのでしょうか?

それは、ターミナル駅は座っていた人が降りる確率がとても高いのです。

そのため、学生の制服をチェックして、どこでその学生が降りるのかをしっかりと見ておくことによって座ることが出来る確率を上げることができるのです。

運転席近くの角で休める!

実は、鉄道の通勤型車両の多くには、運転席や車掌室のある最前部または最後部の運転室と隔てる壁に水平に手すりが付いています。

この運転席近くの角に立つことによって、寄りかかって眠ることが出来るのです。

どんなに疲れている時でも満員電車で体力を奪われてしまうということがなく、安心して運転席近くの角にいることができるのでとてもオススメの場所と言えるでしょう。

まとめ

満員電車の攻略法はいかがでしたか?

こんな方法があったなんて!と驚くべき点が多くあったかと思います。

とても簡単に満員電車を攻略することができて、難しいことではないため、ぜひ覚えて実践してみてください。