トランス脂肪酸
近年、トランス脂肪酸は危険だと話題になっているのですが、なぜトランス脂肪酸を摂取すると危険なのかご存知でしょうか。

知らずにトランス脂肪酸を摂取しているという人もいれば、トランス脂肪酸そのものを知らないという人も多くいます。

そこで、なぜトランス脂肪酸を摂取すると危険なのか、摂取する事で体にどんな悪影響を及ぼすのかをご説明します。


スポンサードリンク

知って納得!?トランス脂肪酸が危険な理由

トランス脂肪酸とは、油脂に含まれる栄養素の1つでもあり、大きく分けて…

  • 天然のトランス脂肪酸
  • 人口のトランス脂肪酸

この2種類になります。

天然のトランス脂肪酸の場合はそれほど危険なものではないのですが、問題なのは人口のトランス脂肪酸

この人工のトランス脂肪酸が、体に悪影響を及ぼす危険性があるということで、諸外国や日本の多くの企業などでも規制が進んできています。

人口のトランス脂肪酸は、植物油などから個体の油を製造したり不純物を取り除くなどの過程で化学反応が起きることで、体に有害なトランス脂肪酸が多く発生してしまうようです。

天然のトランス脂肪酸は、乳製品や牛、羊肉などに含まれているのですが、量がとても少ないため、体に悪影響を及ぼすことも少ないと言われています。

トランス脂肪酸を摂取するとどうなる?

人工のトランス脂肪酸を摂取すると危険だということは分かりましたが、そのトランス脂肪酸を摂取することによって体にどんな悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか。

  • 心臓疾患のリスクが高まる
  • 虚血性心疾患、認知機能の低下のリスクにつながる
  • アトピーなどアレルギー症のリスクが高まる
  • 不妊症のリスクが高まる
  • 血液中の中性脂肪が増え肥満のリスクが高まる

このような悪影響や、他にも様々なリスクがあると考えられています。

トランス脂肪酸の回避方法は?

そんな怖いトランス脂肪酸からの回避方法はどうすれば良いのでしょうか。

当たり前ともいえることですが、トランス脂肪酸が含まれる食べ物をたべない事で回避をすることができます。

トランス脂肪酸が含まれる食べ物はいくつかありますが、その中でもマーガリン、ショートニングはできる限り避けたいところです。

特にマーガリンは使用を控えるのは簡単ですので、毎日の食生活ですぐに対策できると思います。

また、トランス脂肪酸を摂取した場合は適度な運動を心がける事で、危険度を下げることができます。

まとめ

トランス脂肪酸はとても恐ろしいものだということをご説明しましたが、トランス脂肪酸を摂取したからといってすぐに危険だという訳ではありません。

ただ、できる限りトランス脂肪酸を摂取しないように、少しずつ日常生活を改善していきましょう。


スポンサードリンク