シュノーケリング

マリンスポーツで人気のシュノーケリングは、泳ぐことができない人でも楽しむことが出来るようになっています。

そこでふとコンタクトをしている人はどうなの?

という疑問が浮かびます。

今回は、

  • 普段からコンタクトレンズを付けている人は、シュノーケリングを楽しむことが出来るのか。
  • コンタクトレンズを付けたままシュノーケリングを行うことの危険性や注意点などはあるのか。

など、気になる点について、お伝えしていきたいと思います。


スポンサードリンク

コンタクトレンズは付けたままでも大丈夫なの?

シュノーケリングを行う際に、視力が悪いからコンタクトレンズを付けたまま泳ぎたいという人もいるかと思います。

実際、コンタクトレンズを付けないと全く何も見えなくて苦戦をしてしまうという人もいるのですが、実はシュノーケリングを行う際にコンタクトレンズを付けていても問題はありません

しかし、注意をしなければいけない点として「使い捨て」のコンタクトレンズであることが好ましいということです。

コンタクトレンズは海の中ではとても外れやすく、その為高価なハードレンズだったり、普段使っているコンタクトレンズを付けたままシュノーケリングをしてしまうと、バクテリアを吸い込んでしまい、コンタクトレンズが汚れてしまう可能性も考えられます。

それに伴い、細菌が目に入ってしまう危険性もありますので、シュノーケリングでコンタクトレンズを使いたい場合は使い捨てのコンタクトレンズがオススメです。

ふと疑問に思ったことでしたが、普通にコンタクトを使用すれば大丈夫ということで、私も安心しました。

はじめてのシュノーケリング体験だと不安になるかも知れませんが、使い捨てコンタクトレンズの使用でOK!ということを覚えておいていただければと思います。

実は海の中ではコンタクトレンズいらずだった!?

ところで、海の中では視力が良くなるということをご存知ですか。

実は、シュノーケリングでは、視力が0.2以上の人の場合はコンタクトレンズいらずとも言われています。

海の中にいることによって、視界は地上の約1.25倍の大きさに映るため、視力が0.2以上の人は裸眼でも十分に海の中を見ることができるのです。

「海の中では水がレンズの役割をする」という訳ですね。

ですので、視力が悪すぎないという方は、コンタクトをせずにシュノーケリングをするのも、自由度が高くなり、良いかも知れません。

まとめ

シュノーケリングを楽しむためにコンタクトはどうすればいいの?

という点についてお伝えしました。

普段コンタクトをしている方も、もしかしたら必要ないかも知れませんので、微妙なラインの方は一度海の中に入ってみるのが良いかと思います。

海の中で予想以上に遠くの物体を見ることができたら、コンタクトなしで思いっきり楽しむのもおすすめです。

ですが、海の中が見えづらいと楽しみも半減しますし危険も伴いますので、無理のないよう行ってくださいね(^^)


スポンサードリンク