お茶

お茶でうがいをすると口臭対策になる、という話を聞いたことがある方は多いかも知れませんね。

私自身、お茶でうがいはしていませんでしたが、口臭が気になるときに緑茶を飲むことが多いです。

お茶と口臭の関係が気になったので、調べてみました。

お茶でうがいの口臭対策について詳しく説明をします。


スポンサードリンク

どうしてお茶でうかいをするの?

そもそもどうしてお茶でうがいをすると口臭対策になるのでしょうか。

その理由について詳しくご説明します。

お茶には殺菌作用のあるカテキン抗酸化作用のあるポリフェノール、身体の動きを調整するビタミンやミネラルが含まれていて、これらは体を調整してくれる大事な役割があります。

そのため、お茶でうがいをすることによって口の中を洗浄、保護する効果が高まるというわけですね。

うがいには、口から吸い込んだ異物を外に向けて吐き出す「繊毛運動」を活性化させる効果があると言われています。

そのうがいを、口の中の洗浄・保護する力のあるお茶で行うことによって、より効果を期待することができます。

ちなみに、風邪を引いてしまった時にジンジャーティーが良いと言われたことがあるかと思いますが、このジンジャーティーもとても体に良いのです。
お茶でうがい

お茶でうがいをするとどんなメリットがあるの?

お茶でうがいをすることによって得られるメリットや、予防することのできる病気はどういったものがあるのでしょうか。

お茶でうがいをする事で、風邪やインフルエンザの予防になったり、喉の痛みの緩和・予防につながると言われています。

その他にも、虫歯や歯周病対策が期待できる、さらに口臭の予防にも繋がる、というように、メリットが多くあります。

お茶で口臭予防をするなんて考えられないという人もいるかと思いますが、実は茶葉の匂いが様々な悪臭を吸着することによる消臭効果があるため、お茶や紅茶には口臭予防になります。

まとめ

声優さんの多くも実際に実践しているお茶でのうがい。

通常でうがいをするよりもすぐに効果を感じるという意見が多いようです。

常日頃から通常の水でうがいをしている人は、一度お茶でうがいをするようにしてみてはいかがでしょうか。

お茶だけではなくても、紅茶でもよいそうですよ。

口臭が気になるあなたは、試してみてください。


スポンサードリンク