コーヒーと口臭
コーヒーが好きな人はとても多く、日本人が一年あたりにコーヒーを飲む量は、なんと340杯と言われています。
ほぼ毎日コーヒーを飲んでいる、という訳ですね!

ですが、コーヒーが好きな人にとって困ってしまう問題として「口臭」が挙げられます。

コーヒーは好きだけれど、口臭が気になるから人と会っているときにはコーヒーを控えるという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、どうしてコーヒーを飲むと口臭がでるような気がするのか、口臭がしないようにするにはどうすれば良いのかご説明します。


スポンサードリンク

コーヒーを飲むとなぜ口臭が気になるの?

コーヒーを飲むと口臭がひどくなる…という方が多いと思いますが、これには何か原因があるのでしょうか。

そもそもコーヒーを飲むと本当に口臭がきつくなるの?
もしかしたら気のせいかも…?

といった感じで、曖昧ながらも口臭が気になってる、という方のほうが多いかも知れませんね。

実は、コーヒーと口臭の関係は、コーヒー豆に含まれている微粒子にあります

コーヒーは、豆を焙煎して細かく粉砕し、湯でドリップして作ります。
この時にコーヒー豆の粉末に混ざっている豆の微粒子が溶け出してしまうそうで、その微粒子がコーヒーを飲んだ後に舌の表面の突起物にくっついてとどまってしまうことが、口臭の原因になると言われています。

また、フリーズドライで乾燥させて作ったインスタントコーヒーでも、微粒子が混ざってしまうので口臭の原因になります。

コーヒーと口臭の関係

口臭がしないようにするにはどうすれば良いの?予防法は?

コーヒーが大好きな人にとって、口臭とコーヒーの関係は大問題です。

口臭が強くなる可能性があるからコーヒーを控えよう…というのは、悲しいですもんね。

また、無理して我慢をすることによってストレスにもなってしまいます。

そこで、コーヒーを飲んだ後の口臭予防法についてお伝えしたいと思います。

予防法はいくつかあり

  • 水を飲む
  • 舌の汚れを落とす
  • 喫煙を控える
  • ガムを噛む

といったものがあります。

その中でも特に注意をしなければいけないのが喫煙です。

コーヒーと一緒に喫煙をするという人もいるのですが、実はコーヒー臭と混じるとよけいに嫌な口臭となってしまうので、口臭が気になる方は絶対にやめたほうが良いのです。

また、喫煙は毛細血管を収縮させるため、歯肉炎・歯周病の原因になります。
そして歯が汚れるだけではなくボロボロになってしまうので、体の健康を考えた場合も、ぜひやめることをご検討ください。

舌の汚れを落とすという予防法は、口臭を落とすにはもってこいのやり方です。
ただ、注意をしなければいけない点として「強くしない」という事です。

ついつい、舌の汚れを落とそうとして力を入れてしまう人もいるのですが、力を入れすぎてしまうと、味覚障害を引き起こしてしまうので、軽い力で何度も行うことが大切です。

まとめ

コーヒーが好きな人はぜひ、コーヒーを飲んだ後に予防法を実践してみてください。

我慢してしまうのではなく、口臭予防法を行うことで、安心してコーヒーを飲み続けることが出来るようになります。


スポンサードリンク