2016年10月13日に発売され多くの人が注目し、爆発的な人気となったPSVRで、発売した当初は多くのゲームショップで売り切れが続出しました。

そんな大人気のPSVRですが、実際にPSVRで遊んでいた人の多くがあまりの革新的なアイテムで驚いてしまったと同時に「VR酔い」をしてしまった人がとても多く続出したことでも話題になりました。

そんな、大人気のPSVRですが、もっと遊びたいけれども酔いがひどくで思う存分に遊ぶことができないという人の為に、VR酔の理由と対策についてご説明します!


スポンサードリンク

どうしてPSVRで酔ってしまうのか?

普段、車に乗っていても全く酔わないという人もいれば、どんなに回転しても酔わないのにPSVRだけは酔ってしまうという人も多く、頭痛や眩暈、吐き気、その他の体調不良が生じる人もいます。

ですが、そもそもどうしてPSVRを装着していて酔ってしまうのでしょうか?

その理由は…

乗り物酔いと同じく、三半規管の混乱によるものです。
視覚からとらえる情報と、体の感覚との不一致、差によっておこる

という訳ですね。

つまり、目の前のHMDに出てくる景色が少し遅れるような時や、奥行きの認識で自分が移動している時に
こういう景色が見えるはず
という感覚と違った景色が目の前に見えた場合、脳が混乱してしまうということにあります。

乗り物酔いと同様、個人差があり三半規管が強い人はなりにくかったり、少しずつ慣れてくると酔いにくくなったりもします。

特に、12歳から15歳までは酔いやすいようですね。
その後、年齢が上がるにつれて酔いにくくなる傾向もあります。

どうすればPSVR酔いを回避することができるの?

PSVR酔いの対処法は

  • 長時間続けることを控え、酔いにくいコンテンツで遊ぶ
  • 正しく焦点を合わせる
  • 頭を激しく動かさない
  • 何度もPSVRを遊んで慣れる
  • 事前に酔い止めを飲むといった対策をすることが大切です。

それでもPSVR酔いになってしまった場合は?

対策をきちんと行っていてもPSVRで酔ってしまった場合、対処法はあるのでしょうか?

その場合は

  • 遠くを見る
  • 睡眠をしっかり取る
  • リラックスする

といった対処法を行うことが大切です。

まとめ

革新的なアイテムでもあるPSVR。
とても多くの人が楽しんでいるのですが、PSVRを装着していて酔ってしまうという人はこれらの対処法をしっかりと行って、楽しんで遊んでくださいね。

また、これからの技術改良によって、PSVR酔いをしなくなるのではないかと期待されているため、待ってみるのもおすすめです。


スポンサードリンク