清水咲子選手は、競泳で活躍し、オリンピックへの出場も果たした、今後もとても期待される選手です。

専門種目は個人メドレーで、得意なのは平泳ぎとバタフライ。

元気でかわいい美人さんというイメージの、素敵な女性スイマーです(^^)

ここでは、清水咲子選手の出身中学や高校、経歴などのプロフィールを中心にまとめました。


スポンサードリンク

清水咲子選手のプロフィールと成績・経歴

清水咲子選手の出身中学は、大田原市立湯津上中学校、高校は作新学院高等学校(萩野公介選手と同じ)です。

詳しいプロフィールと経歴は…

プロフィール

名前:清水咲子(しみず さきこ)
愛称:サッコ
生年月日:1992年4月20日
出身地:栃木県那須町
身長:156cm
体重:50kg
血液型:A型
学歴:大田原市立湯津上中学校→作新学院高等学校→日本体育大学
所属:ミキハウス(2015年入社)
専門種目:
個人メドレー(バタフライ、平泳ぎが得意で、この2種目への出場も)

自己ベスト

長水路(50mプール)

200m個人メドレー
2分10秒51

400m個人メドレー
4分34秒66(当時日本記録)

100m平泳ぎ
1分09秒84

200m平泳ぎ
2分24秒39

100mバタフライ
1分00秒86

200mバタフライ
2分09秒19

短水路(25mプール)

200m個人メドレー
2分05秒97(日本記録)

400m個人メドレー
4分27秒51(日本記録)

200mバタフライ
2分05秒93

経歴・成績

4歳
3歳上のお兄さんの影響で、水泳をはじめる

中学
中学校へ入学すると、本格的に水泳を開始

自宅の那須町から、宇都宮市にある”みゆきがはらスイミングスクール”まで、車で1時間の道のりを週6日通っていました。
両親が送り迎えをしてくれたそうです。

高校
作新学院高等学校へ入学。
同じ競泳で活躍する、萩野公介選手と同じ高校です。

高校時代は友人との遊びを優先させるなど、練習をさぼりがちに…
記録が伸び悩んだ時期もありましたが、そんな時期を乗り越えた3年のインターハイでは見事優勝しました。

2013年
日本選手権
女子400m個メドレー 3位

国民体育大会
200m個メドレー 優勝

2014年
日本選手権
女子400m個人メドレー 優勝

2016年
コナミオープン
女子400m個人メドレー 優勝

日本選手権
女子400m個人メドレー 2位
※リオオリンピック代表に決定

リオデジャネイロオリンピック
女子400m個人メドレー
予選…4分34秒66(日本新記録)
決勝…4分38秒06 8位入賞

2017年
日本選手権
女子200m平泳ぎ 3位
女子200m個メドレー 4位
女子400m個メドレー 2位

平泳ぎ選手から個人メドレー選手へ

清水咲子選手は、はじめは平泳ぎの選手でした。

ですが、飽き性である清水選手、平泳ぎだけ練習するのは嫌だったそうで、コーチへ相談したところ「それなら個人メドレーをやればいい」となりました。

平泳ぎの他バタフライも得意で、それぞれの種目にも出場しているので、得意種目を十分に活かしながら性格にも合う個人メドレーは、清水選手にとって最適の種目ですね。

ちなみに、清水選手は水泳だけでなくピアノ、そろばん、英語なども習っていたようですが、一番続いたのが水泳だったとのこと。

飽き性の清水選手がずっと続けてきて、しかもオリンピックに出場するまでになるとは、本当に水泳との相性がバッチリだったんですね(^^)

高校時代には練習をさぼりがちになった時もありながら、そこから一念発起してインターハイで優勝してしまうなど、普通の選手では無理なんじゃないかなぁ。

清水選手の凄さがうかがえるエピソードですね。

今後の活躍も、とても楽しみです。


スポンサードリンク