大橋悠依(おおはしゆい)選手は、いま大注目の競泳選手(種目:個人メドレー、背泳ぎ)で、これからの活躍がとても期待されています。

中学、高校生の頃から活躍する競泳選手が多い中、大橋選手は大学4年生になってはじめて世界レベルの大会代表の座を勝ち取りました。

北島康介さんや萩野公介選手のコーチである平井伯昌コーチに見出されて東洋大学で練習・体質改善に励み、着実に実力つけ実績を積み上げている現在。

競泳界期待の選手の一人です。

とってもかわいい顔立ちも大橋悠依選手の特徴ですね(^^)

ここでは、大橋悠依選手について、血液型や身長など基本的なプロフィールや成績・経歴を中心にお伝えしていきますね。


スポンサードリンク

大橋悠依選手のプロフィールと成績・経歴

大橋悠依選手の血液型はB型身長は173cmです。

以下より詳しいプロフィールをどうぞ。

プロフィール

名前:大橋悠依(おおはし ゆい)
愛称:ゆいぽん
生年月日:1995年10月18日
出身地:滋賀県彦根市
血液型:B型
身長:173cm
体重:54Kg
学歴:滋賀県立草津東高等学校→東洋大学
所属:東洋大学
種目:個人メドレー、背泳ぎ
好き:嵐

成績・経歴

6歳
水泳をはじめる
大橋選手は3姉妹の末っ子で、水泳をはじめたのはお姉さんの影響だそうです

彦根イトマンスイミングスクールに通っていました
(強化選手クラスに所属)

中学3年
全国JOCジュニアオリンピック夏季水泳競技会
女子200m個人メドレー 優勝
女子100m背泳ぎ 3位

2014年
東洋大学へ
平井伯昌コーチの指導を受ける

2017年4月
日本選手権

女子200m個人メドレー 優勝
2分09秒96

女子400m個人メドレー 優勝
4分31秒42(日本新記録)

400m個人メドレーの記録は、リオオリンピックでは銅メダルに値する記録です。

東京オリンピックが開催される2020年には、大橋選手も更に記録を伸ばしているでしょうから、金メダルも夢ではありません。
平井コーチも”良い色のメダルを狙える”と期待しています。
とても楽しみですね!

大橋悠依選手の性格は?

大橋選手は、とてもナイーブな性格で、以前は気分屋さんでもあり、それがレース結果にも影響していたそうです。

大学に入学したばかりのころは、周囲と自分を比べて殻に閉じこもってしまっていた時もあり、泳ぐことが楽しくなかったと発言しています。

大学2年までは、極度の貧血が原因でまともに泳げなくなった時期もありました。

食生活の改善などで貧血を克服し、練習の成果も伴い実力もつけた今は、挫折を完全に乗り越えて、メンタルも強くなり明るい性格になってきたそうです。

メンタルが強くなったことで、本来持つ力を十分に発揮できる状態になった大橋選手、今後はますます強い選手になっていくことでしょう。

平井コーチの素晴らしさ

大橋選手の性格をとても理解して、時には明るく声をかけ笑わせ、時にはお笑いのDVDを渡し、いつも寄り添って指導し続けた平井コーチって本当に素晴らしいコーチですね。

北島康介さん、萩野公介選手など超一流選手を育て上げたことで有名ですが、選手一人ひとりの特性を理解して、その選手に合った指導をしているんだなぁと、改めて関心しました。

最後に

大橋悠依選手は、大学4年生になって世界レベルで活躍しはじめるという、遅咲きかも知れない選手ですが、それでもまだまだ大学生。

大学生にして既に大きな挫折も経験していることで、他の選手とは一味も二味も違う成長をしてくれるのではないかと思います。

東京オリンピックの頃には国民的人気者になっていそう(^-^)


スポンサードリンク