競泳選手として活躍する坂井聖人(さかいまさと)選手、リオオリンピックで銀メダル(バタフライ200m)を獲得したことで、一気に知名度がアップしました。

同世代に、萩野公介選手、瀬戸大也選手という超有名選手がいるため、銀メダルを獲得するまではあまり目立った存在ではありませんでしたが、実はかなり実力派選手です。

そしてイケメン!

今後の活躍がとても期待される水泳選手の一人です。

今回は、そんな坂井聖人選手について、出身中学高校や身長体重など基本的なプロフィールを中心にまとめました。

柔らかい不思議な肩についてもチェック!


スポンサードリンク

坂井聖人選手のプロフィールと成績・経歴

坂井聖人選手の出身地は福岡県柳川市
中学は柳川市立柳城中学校です。

身長は181cmと長身!
体重は72Kgです。

以下より、詳しいプロフィールをどうぞ(^^)

プロフィール

名前:坂井 聖人(さかい まさと)
生年月日:1995年6月6日
出身:福岡県柳川市
身長:181cm
体重:72kg
学歴:柳川市立城内小学校→柳川市立柳城中学校→柳川高等学校→早稲田大学スポーツ科学部
所属:早稲田大学スポーツ科学部

好き:E-girls

自己ベスト

男子200mバタフライ
1:53.40(2016年)

男子200mバタフライ
00:52.30(2014年)

経歴・成績

3歳
水泳をはじめる
お兄さんが水泳をやっていたことがきっかけ

小学6年
バタフライに転向
それまでは個人メドレー選手でしたが、平泳ぎのタイムが良くなかったため、コーチにバタフライに転向することを勧められた。

中学3年
全国中学校競技大会
男子100mバタフライ 優勝(00:55.32)

高校1年(2011年)
全国高等学校総合体育大会
男子100mバタフライ 優勝(00:54.15)

高校3年(2013年)
全国高等学校総合体育大会
男子200mバタフライ 優勝(01:56.80)

世界ジュニア選手権
男子200mバタフライ 2位

国体
男子200mバタフライ 優勝(01:56.90)

2014年
早稲田大学へ進学
早稲田を選んだ理由は、瀬戸大也選手、深谷皇選手がいたから。
深谷皇選手とは、2013年に早稲田を卒業しましたが、その時までバタフライのエースとして活躍した選手です。

大学1年(2014年)
日本学生選手権水泳競技大会
男子200mバタフライ 優勝(01:55.50)

大学2年(2015年)
世界選手権
男子200mバタフライ 4位(1:54.24)

大学3年(2016年)
日本選手権
男子200mバタフライ 2位(1:54.21)

リオデジャネイロオリンピック
男子200mバタフライ 2位(1:53.40)

彩の国スポーツ功労賞受賞

坂井選手の肩は柔らかい!

坂井聖人選手は肩がとても柔らかく、自分の意思で外すことができ、高校時代はなんと肩を外して泳いでいたこともあるそう!

肩を外すことで、大きく水をかくことができるためスピードもアップするという訳ですね。スゴイ。

しかし大学に入ってから、専門的なトレーニングで筋力と理想的なフォームを身に着けることで、更にスピードがアップしていきます。

筋力をつけたため肩を外すことはなくなりましたが、普通の人よりも柔らかい肩を持っていることは変わらないため、肩、肩甲骨の動き方は常識外れです。

その事実が、坂井選手の実力の理由の一つになっていることは間違いないですね(^-^)

最後に

坂井聖人選手は、素晴らしい実力を持ちながらも、萩野公介選手や瀬戸大也選手の陰に隠れていた印象が強いですが、リオでその実力は世界中に知られることになりました。

これからもっともっと活躍してくれるでしょう。

それにしても、水泳選手はイケメン&長身揃いで、ホント感心してしまいます。


スポンサードリンク