2017年6月1日から切手・ハガキなどの郵便料金が値上げになります。

52円の郵便切手が62円へ、ハガキも同じく62円へ。

ではいつから新料金のハガキ・切手が発売開始になるの?と、気になるところですが、

6月1日の値上げに先駆けて、5月15日に、新料金の郵便切手・ハガキが販売開始になりました。

52円の切手・ハガキの販売は5月末日までで終了します。

なお、年賀はがきの料金は変わらず52円です。
これは有難いですね。

関連記事
郵便料金(ハガキ)2017年値上げはいつから?封書は?


スポンサードリンク

郵便料金(ハガキ・52円切手など)値上げの理由

  • 郵便物の減少
  • 人件費の高騰

といったことが理由で、消費税の引き上げ以外での郵便料金値上げは23年ぶりとなっています。

62円ハガキと切手の絵柄は?

62円切手の絵柄は、ソメイヨシノが描かれたものを主として、梅模様(慶事用)、花模様(弔事用)の合計3種類です。

ハガキの絵柄は合計8種類で、

通常ハガキ…ヤマユリ、胡蝶蘭
通常ハガキ(インクジェット)…山桜、胡蝶蘭
往復はがき…タンチョウ

などとなっています。

郵便料金値上げの歴史

ハガキ料金が62円かぁ…
私が子供の頃は封書の料金が60円だったのに、時代は変わったものですね。

ハガキは40円くらいだったかなぁ。

ということで、ハガキと封書の値上げの歴史が気になったので、まとめてみました。

昭和26年(1951年)
ハガキ:5円
封書:10円

昭和41年(1966年)
ハガキ:7円
封書:15円

昭和47年(1972年)
ハガキ:10円
封書:20円

昭和51年(1976年)
ハガキ:20円
封書:50円

昭和56年(1981年)
ハガキ:30円
封書:60円

平成元年(1989年)消費税3%による値上げ
ハガキ:41円
封書:62円

平成6年(1994年)
ハガキ:50円
封書:80円

平成26年(2014年)消費税8%による値上げ
ハガキ:52円
封書:82円

平成29年
ハガキ62円
封書:82円

最後に

ハガキ料金が62円というのは、安いのか高いのか…それは人によって感じ方が違うでしょうけれど、今までの52円から一気に10円アップということで、なんだかとっても高く感じるのは私だけでしょうか(^^;

ですが、封書と年賀状の料金が上がらないことは嬉しいです。

ただ、個人的に給料があまり上がらないのに、物価だけがどんどん上がっていくのが苦しいところです。

最低賃金は確実に上がっているのに、給料があんまり上がらないのって、やはり私の職業がイマイチだから?笑

物価が上がるのは理由があるので仕方ないので、それに伴って給料も上げて欲しいものです。

あまり考えると悲しくなるので、深く考えないことにしましょう(^^;


スポンサードリンク